日の丸構図のウミウシたち

セトリュウグウウミウシ
d0237353_9233358.jpg

ド派手な模様ですが、きれいです。

海の中ではいろいろなものが青被りして見えるんですけど、
この子は水深15mでも この色彩。  目立ってました。



さて、このブログの、特に海の写真を ざぁーっと見直してみると
ほとんどが 「日の丸構図」なんですよね。

白米の弁当の真ん中に、ポツンと梅干しがあるかのような日の丸構図は
素人写真の代名詞のように言われているわけですが、


「日の丸構図から卒業しましょう」
「3分割法よりレイルマン比率の方が、よりプロっぽい」
「あえて斜めの構図をとることで、よりインパクトのある写真を」

なんて言葉に踊らされて いろいろ試してみても イマイチだったりします。


おなじみ サキシマミノウミウシ 
斜め、もしくは対角線な構図に見えますが
単に海綿に角度があるだけなんで、やっぱり日の丸でしょうか?
d0237353_929571.jpg

こういう動きのある場面、角度の時は、
もうちょっと工夫したいよねって思ってみたり。



いろいろ考えて、「そもそも構図ってなによ?」 って話になるわけです。



そこで セスジミノウミウシの写真をトリミングして いろいろ遊んでみましょう


オリジナル写真  ザ・日の丸弁当
d0237353_10475534.jpg

さすがにこれは「作品」にはなりませんねー
背景を涼しげな色で抜いてみた、って「だけ」の写真です。


次に いわゆる図鑑写真的にトリミング  これも日の丸ですね
d0237353_10502942.jpg



3分割構図でトリミングしてみると、ちょっと物語性が出てきたかな?
d0237353_10514582.jpg



ただひたすらアップ! 迫力がでます
d0237353_10522465.jpg



伝えたいものやこと(主題)を、
過不足なく (必要なものを落とさず、かつ不要なものを含まず) 表現できる構図を選ぶ
ってどっかに書いてあったけど、正論だよなーって思います。
難しいけど。



そもそも構図を決める時に
「どんな構図がプロっぽいかな?」 「どの角度から撮ったら素人っぽくならないかな?」
「他人から、ちょっと違うぞこの写真、って思われるには?」
なんてヤマシイことを考えてるから、いろいろ迷うんでしょうねぇ。



ところで、伝えたいものやこと(主題)なんて、そのたびごとにはっきり認識してないかも。

いやいや、さすがにそれはないか。

伝えたいものやことは、ある。 
自分の心に響いた目の前の生き物や風景だ。

でも、それをどういう風に伝えたいか、っていう戦略というか、具体的なプランみたいなものを
毎回しっかり 決めてはいないな・・・  


問題点は そこなのか??




三浦宮川湾にて photo by nobu (D90) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

by nobmami | 2013-08-20 12:00 | カメラ・レンズ・写真

金目鯛づくし

久々に 三浦宮川湾にダイビングに行ってきたんです。

水温は低め (15m付近で20℃) なんですけど、 素晴らしい透明度! 20m近くあったのでは?
しかも黒潮も入ってるようで、海の色がブルー!!


朝 ミウラダイブセンターに着いたら、伊東さんが
「今日ラッキーですよ!」 って。

うん、海況が良いのは聞いてたよ?



そういうことではなくて こちら

じゃ~ん!! 金目鯛 
d0237353_22291232.jpg

こっち見てる?


ミウラダイブセンターでは、時々漁師さんとか農家の方から いろいろ頂くようなんですね。
それをお客さんにもおすそ分け。

以前は サバを頂いたことがありました (こちら

今回は 高級魚 金目鯛


ありがたく頂いて帰りまして・・・

でもこんなに立派なお魚、調理できるの??


まず 鱗を落とします
d0237353_22382924.jpg

やっぱり こっち見てる?


内臓取って、胸鰭の後ろに包丁入れて 頭を落とします
d0237353_22401530.jpg

思わず 痛そ~ って思っちゃうのよね。


三枚に下ろし中
d0237353_22411552.jpg



マミさん お見事! 三枚+頭(かしら)になりました
d0237353_22435816.jpg


 


その脇で 食器洗いの図   
d0237353_22483127.jpg

脂がすごいので、こまめに洗い物しないと、いろんな物が 全部ギトギトになります
こういうことをさりげなくするのが、夫婦円満の秘訣なのだ (ニヤリ




さてかなり大きい身なので、まず半分に切って
d0237353_2250577.jpg


湯引きをします 
d0237353_22521347.jpg




お刺身で まず乾杯
d0237353_225439.jpg

写真で伝わるかな? 超美味!!


さーて、まだ 1/4 しか食べてないぞ、 次 どうする?


しゃぶしゃぶ~
d0237353_22561047.jpg


こちらも おいしぃ~~
d0237353_22572112.jpg



頭と中骨、尻尾は 煮つけに
d0237353_2258173.jpg





マミさんが、握り寿司はどうかなと。

職人さんじゃないんだから、やめときなよ、という反対を押し切り、 
はい、こちら
d0237353_2313110.jpg

いやいや、上出来じゃないですかぁ?? 美味しい、美味しい。


しゃぶしゃぶしたお鍋の出汁で、卵雑炊も
d0237353_2341431.jpg

脂多めなのに、上品なお味。 やるね~



さすがに二人では食べきれんなー、 誰か呼べ良かったかね?なんて言いながら
煮つけや半分弱残った切り身は翌日へ・・



で、本日の夕食   普段では考えられないぐらい 豪勢なんですけど。
d0237353_2353462.jpg

左上に見切れているのは 座敷童 ではありません。


煮つけ
d0237353_2364099.jpg



塩焼き
d0237353_2372165.jpg



いや~~、金目鯛、満喫いたしました。

ミウラダイブセンターの野口さん、伊東さん、今藤さん、御馳走様でした。
一緒に潜った井形さんも、昨日は金目三昧だったみたい。
名取さんも来ればよかったのにねぇ


最後に この金目鯛をとってきてくれた 亀吉丸
d0237353_23102564.jpg


伊東さん曰く この船が イイ仕事するらしいのよね~




自宅にて photo by nobu & mami (LumixTZ30 D5100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

by nobmami | 2013-08-12 23:36 | その他

とうとう本格的な夏がやってきちゃった(夏っぽい写真)

今年は梅雨が早く明けたかな、って思ってたら もどり梅雨なんてグズついたり、
晴れて日中暑くても朝夕は涼しかったりして
比較的 過ごしやすかったんですよ。


でもね、とうとう やっぱり今年も 気温35℃オーバーな日々がやってきたみたいです。


d0237353_1364753.jpg



昨晩なんて、夜の11時過ぎても、外ではセミが大合唱。
まさに 熱帯夜


d0237353_1312876.jpg



今朝も 6時ごろから走ったんですけど、すでに30℃ぐらいあったんじゃないかな?
5kmでリタイアしましたよ・・


d0237353_13151425.jpg



自宅では基本的に扇風機だけで、エアコン(冷房)をつけないんです。

仕事中は ずっと冷房の効いた部屋に閉じこもってて不健康だし、
家はマンションですけど、角部屋なので、比較的風も通りやすいので・・


でもこの季節の何日かは エアコンの助けが必要になりそうです・・・


d0237353_13181237.jpg


 


でも逆に、これだけ気持ちよく晴れてくれたので、 
現在 梅 干し中

d0237353_13194359.jpg



義父の知り合いの農家の方から (ほぼ)毎年お声掛けいただいて、6月末に 梅狩りをするんですが、

今年は20kgほど、 
梅干し、梅酒、梅シロップ、らっきょう酢漬け、醤油漬け、しそ梅酢漬け等々を
仕込んでおいたんですね。


今まで グズついたり、ゲリラ豪雨なんかも来てたので 干せなかったんだけど
ここ数日は ギンギンに晴れるようなので、 今日は 朝から「梅仕事」してました。

「梅仕事」 って言葉の響き いいかも (^^)


d0237353_13313667.jpg


甘酢っぱ~~い香りが 漂ってますよ~


(海の写真は 夏っぽい感じで 涼しげなのを貼ってみました(^^)




座間味・自宅にて photo by nobu (D90 D5100)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

by nobmami | 2013-08-08 13:40 | 水中生物

沖縄 座間味島の風景

夕陽と サバニ
d0237353_2082647.jpg

座間味でのダイビング最終日、 最後の一本を終えて港に帰る途中 サバニとすれ違った。

平和な時間。。。。





シーサー
d0237353_664251.jpg

座間味の集落の中には いろいろな姿のシーサーがいます

それらを 一つ一つ愛でながら散歩するのも楽しい





阿嘉大橋を海から見上げて
d0237353_6181946.jpg

美しい自然の風景には不釣り合いに見える近代的で立派な橋

島の人たちの生活には 必要なんでしょうね





クイーン座間味(高速艇) 甲板と空
d0237353_6194994.jpg

この青空  島に向かう往路で見ると ワクワクが高まり
那覇に向かう復路では 寂しくなる





海と空
d0237353_7194151.jpg

とにかく 青い 碧い

意味の違いを調べてみました。
「青い」・・緑がかったあお、黒みがかったあおなど、けがれなくすみきった感じのするあお色
「碧い」・・石英のようなほの白さが奥にひそむあお色  サファイア色

ちなみに 「蒼い」・・干したあお草のような色。生気のないあお色 くすんだあお色
       「藍」・・・・あい インディゴ色 紺

夏の沖縄の海と空の色は 「碧い」 かな?



今頃は もっと濃い「碧」なんでしょうね~~





座間味にて photo by nobu& mami (D5100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

by nobmami | 2013-08-03 07:40 | 陸上風景