人気ブログランキング |

八丈島「ナズマド」の ジャパピグ

八丈島といえば 「ナズマド」   ポイント名です。

ウミウシやエビカニ、幼魚系のマクロネタから、沖に行けばハンマーやニタリのような大物まで
まーー 「万能」と言っても 言い過ぎではないポイントです。

前回の記事のケヤリもナズマドに生えてますし、黒潮が当たれば、ユウゼンが玉のように群れる姿が見られます。


そして今回は このジャパピグ
d0237353_5451310.jpg



ほんと、大物から こんな小さい子まで、バラエティに富んだポイントです。

この子は10mm弱でした。





ジャパピグ 二匹並んで・・・
d0237353_5545045.jpg


いやー この状況は一期一会でした。

自分とマミさんで 一匹を挟み込むように撮ってたら、もう一匹が ピロピロピロ~~っと 合流。

上がってきて 「あそこのはそうそういなくならないでしょうから、もう一回行きましょう」って
次も連続で行ってみたら やっと一匹が見つかっただけ。。

「チャンスは何度もやってこない」、水中写真に限らず 教訓なわけですが。。




同じナズマドの 違うところ(ケヤリの近く)にいた 極小ジャパピグ
d0237353_615082.jpg


この子は 5mmあったかな? 数日前に産まれたてじゃないかって、コウタローさん。


この子もこの時出会って、 その後は見つからなかったんだよなー


同じ子を 遠くから60mmで    めちゃめちゃトリミングしてます。
d0237353_6142432.jpg




ちなみに オリジナル写真は こちら
d0237353_6154037.jpg


ローガンの自分には ファインダー内に捉えるだけでも 一苦労。。



ジャパピグが 飛んでます
d0237353_6373060.jpg


これは ペアになる前に漂ってるところ。


今回ナズマドには 2日間合計5本潜ったのですが、
ジャパピグは 同じナズマド内いろんな場所で 合計4~5匹見たのかな?


以前 座間味で見た子とは 違う種類みたい。

どちらも「小さいタツノオトシゴ」ですが、 模様とか 身体の厚さとかが 微妙に違いました。




小さくても お母さん?  いや、お父さんかな?
d0237353_6452025.jpg


いやね、この子、お腹が大きかったんですよ、 10mm無いのに。

タツノオトシゴの仲間の場合、 お腹で子供を育てるのは父親なので、この子もオスなんだと思います。






八丈島にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

by nobmami | 2016-05-12 06:53 | サカナ