花を撮る季節です

日中の気温が10℃を超えるようになりますと
春が近くなってきたのを感じますね。

ついこの間 大雪で大変だったのに、もう梅が咲く季節になりました。


という訳で、天気のいい休日にカメラを持って出かけます。

キラキラした感じ~ (^^)
d0237353_1723507.jpg



梅って、桜と違って花の密度が薄いのかな?

下の写真の梅なんて、存在感もあって見事な大木なんだけど、
引いて全体を撮ると、なんかさみしい感じ。

d0237353_17243088.jpg




かといって、花やつぼみだけをクローズアップするマクロ撮影も 「ありがち」な写真の代表格です。

d0237353_17244256.jpg


左側の梅の花びらをボケさせて、ま、これはこれできれいなんですけどね。

あと梅の花の場合、咲きすぎだとアップにした時キタナイのが多くて 頃合いが難しいので、
上の写真のように 可愛いつぼみに狙いを絞るのも アリかなと。



花やつぼみのマクロ撮影で ひと通りいろんな背景作って遊んだら、
今度は 花主役以外でどんな絵を作ろうかな、と考えながら散歩します。

例えば休日の公園で 家族連れがおのおの楽しんでる様子なんてどうでしょうか。

手前の枝だけにピント合わせて 全体をぼかしてみます。
d0237353_7161713.jpg


う~ん、右手前の枝が地味すぎたか? テーマがぼやけますね。
円形フィルターを使って 背景のコントラスト、彩度を落としてみたんだけど 
かえってゴチャゴチャしちゃったみたい。


それなら望遠レンズで思いっきり寄ってみましょうか?

d0237353_17271286.jpg



同じご夫婦  背景に梅の花
d0237353_1727265.jpg


これは雰囲気が出ます。 マミさんの得意なシチュエーションですが、

欲を言えば、二つが組み合わさった絵が理想でしょうか。
1枚目のような前ボケと二人の雰囲気+2枚目の梅背景、みたいな。

そういう場面に出会うのは、なかなか難しいですね。



やっぱりマクロや望遠に頼らず、
標準~広角の画角でなんとか絵にならないかな~、って試行錯誤。


梅なら、花も良いけど、やっぱり枝ぶりも大事でしょ、ということで   逆光で 花と枝  
アンダー気味に撮ったのを 後からLRで空の色を立ち上げて、花の彩度を上げてみました。

d0237353_17372199.jpg


迷走してますな(苦笑


これは少しマシ?

d0237353_17375515.jpg


でも これ 105mmマクロレンズで 少し離れて撮ったもの。


こちらはマミさんの 花と枝
d0237353_21301389.jpg


女性らしい一枚ですが、これも焦点距離は300mm

結局そこら辺の画角になっちゃうんですよね~~





さて最近 「ブログ見てるよ、きれいな写真だね」 と言ってもらえることが多くて 嬉しいんですが、
3人に1人ぐらい 「やっぱり良い(高い)カメラ使ってるんでしょ?」 って付け加えるんです。

まー 確かに安くはないけどさ (^^;;


「カメラとかレンズだけではないんですよ~!」 

って スゴク言いたい!!


でもそれ言ったところで、

「へ~~そ~な~~ん? すごいじゃん」 

って ニヤニヤしながら言われるがオチなんだけどね。




武蔵丘陵森林公園にて photo by mami ( D5100 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-03-18 19:55 | 陸上風景