トーハク(国立東京博物館) マミさんの写真

再度訪れた訳ではないです  前回載せた記事と同じ日の写真

d0237353_15445416.jpg
   


自分はシグマの 17-50mm、マミさんは最近マイブームの タムロン90mmマクロで。


はじめ大きな仏像に向かって 「どう撮ったらいいか分からん」 とか言ってたのですが、
そのうち 被写体を大胆に切り取った構図で撮りはじめました。

d0237353_15311287.jpg



d0237353_15314297.jpg


仏像の手だけ、って、なんか暗示的というか、教示的というか・・



個性的な 「顔」もいっぱい

土偶  下唇突き出して、何か不満なのかな?
d0237353_15403798.jpg



アイヌの古い民芸品   単純なつくりなんだけど、妙にリアル。    こういう人 いそうでしょ?
d0237353_15265069.jpg


 
埴輪も  生きてるみたい・・  決して写実的ではないんだけど・・
d0237353_15535358.jpg



小さなものも 90mmマクロならばっちり

1cmぐらいの鳥?  1000年前の物とは思えないですよね。
d0237353_15553679.jpg



これも数cmの 中世(日本)の装飾品  精緻なつくりです
d0237353_1559415.jpg




こういう物を見ると、あらためて 「人類は徐々に進化・進歩している」っていうのは 
本当は 勘違いじゃないかな、って思うんですよね。

確かに科学技術は著しく進歩してるけど、それ以外はどうなんだろ、って。
芸術や思想、政治なんかにしても、
実は昔からそんなに進歩してないんじゃないだろうか、
もしかしたら、同じところをグルグル回ってるだけなんじゃないだろうか、って感じたりして。


自分個人に投影してみると 明らかに退化してるな、数百年前の人間に比べて (^^;;;

d0237353_162517.jpg


それに気づいてビックリした心境を体現してくれた 東南アジアの数百年前の人形




上野・国立東京博物館にて photo by mami (D5100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-10-24 16:17 | 陸上風景