ナカモトイロワケハゼ in 座間味

自分勝手な印象なんですけど、 座間味行くなら (インザストリーム行くなら)

ナカモトさんを撮らないと!


そんなわけで ナカモトさん 仲良しバージョン
d0237353_10175192.jpg



砂地のポイントのナカモトさんは、2年前に行った時より在庫も増えて より撮りやすくなってました。

そしてどの瓶?にも 仲良くペアで。

歳の差カップル? 随分大きさの違う二匹です。
d0237353_10222430.jpg



歳の差、っていっても、ナカモトイロワケハゼの寿命は1~1年半、
越冬は多くて2回がやっと。   なので、まぁ半年ぐらいの差かな?

でも寿命1年半の彼らからすると、半年差は人間換算で20歳差ぐらいか? 



ナカモトさんたち、ご存じのとおり、結構深いところにいまして・・(30mぐらい)
我々はその場に、まあ10分は 滞在できません。

充分な時間なんですけど、やっぱり深場はデコやらエアやら それなりに意識しちゃって
チャッチャと こなした感じになってしまいました。


でもマミさん、「深いところ コワイ」とか言うくせに、被写体に夢中になるとダイコン見ないよね。

「お先に~~」
d0237353_11171217.jpg




ガイドの平井さんは ご自身も素晴らしい水中写真を撮るので、 
「我々の撮影の様子や写真を見て、気づいた点をアドバイスを下さい」ってリクエストしてたんですね。


で、指摘されたポイントのひとつが 「匍匐(ほふく)前進」
ハゼ撮る時とか普通にやってるやつですけど、
単に地べたにペタンと寝て、ズリズリしているわけではなかったのですね。


ベタっと寝るだけだと、上の写真みたいに フィンが浮いちゃって、安定しないよと・・


では、何が違うのか・・



もし分からない方は、是非「インザストリーム」に行って、いろいろ教えて頂いてくださいね(^^)
船の上とか「まるみや」の畳の上で、 実演しながら教えてくれます。


お腹に卵が見えますね
d0237353_11422443.jpg



沖縄はもう初夏の海。

あちこちのポイントで 卵や幼魚がいっぱいでした。




座間味にて photo by mami (LumixTZ30) photo by nobu (CysW300 D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-06-21 11:50 | サカナ