大人の遠足

先週はちょっとした記念日だったので お出かけしました。


山本五十六元帥
d0237353_3543048.jpg






はい、どこでしょう?
そう、新潟県の長岡市ですね。


記念日になぜこんな渋いものを見に長岡まで行ったのか??


それは新幹線に乗りたかった&撮りたかったからーー


新幹線乗ると、お出かけしてる感じがするじゃないですか?
でも高崎とかじゃ、近すぎるし、新潟市までは遠いしね。

で、長岡。 不純ですか?



そして長岡といえば、山本五十六と河合継之助(自分的に)

15年ぐらい前には、彼らが主人公の小説読んで胸を熱くしていたこともあったなぁと。。




生家(戦後に復元)には 秀才だった少年期のころの勉強机 
d0237353_3582912.jpg


この机、子供の頃 父親の蔵書の阿川弘之氏著「山本五十六」の口絵の写真で見た気がするんです。
北向きの二畳の勉強部屋と小さな机で秀才が生まれたことに、子供ながら刺激を受けた記憶が・・
(勘違いかもしれません)





記念館もあります
d0237353_4101530.jpg







その通り沿いには 河合継之助の生誕の地に記念館
d0237353_4103767.jpg






お二方とも 地元の人たちに愛されてるなーって思いましたよ。

生前は とてつもないエネルギーを発揮して活躍なさった人たちですから、
どちらの施設も なんだか良質の「気(オーラ?)」的なものが漂ってた感じがしました。


平日で お客さんも数えるほどしかいなかったので
単に静かだった、ってだけかも知れないけどね(^^)






あっ、そうそう、間違ってもこの施設「だけ」を目的に長岡を訪れちゃ、駄目ですよ。

この二つの記念館、すっっごくゆっくりと、説明文を一字一句読んで回っても
移動時間(駅から徒歩)も入れて、1時間半ですべて終わります。

何かのついでか、他の目的地も用意してから訪れて下さいね。




さて 朝10時前に長岡着いて、11時半には この地での目的は完了


記念日だし、ちょっと美味しいものでも食べますか、ということで、
久々に 回らない&立ちっぱなしじゃない寿司屋へ
d0237353_4112596.jpg





新潟の郷土料理 のっぺ
d0237353_4114818.jpg




2~3杯ずつぐらい呑んで、「去年はミックに会いに行ったねー」
なんて話しながら 昼間なのに すっかり酔っ払い。


基本的には しめ鯖と鉄火巻きが美味しければ満足なので、安上がりです。
d0237353_4121850.jpg






昼過ぎには長岡を離れて、本日のメイン(?) 新幹線乗ったり、途中下車して撮ったり 様子は前回の記事
d0237353_4124377.jpg






さんざん新幹線を満喫した後 夕食は本格的な仙台牛タン  

学生時代の味です  近所で食べられるのは嬉しい。。
d0237353_413346.jpg

その頃牛タンは仙台名物でもなんでもなくて、地元の人しか食べないので、
昼のランチ ¥7~800とかで、貧乏学生でもたまーに贅沢して食べてたんだけどね。    

今じゃすっかり高級品になっちゃった。



小雨&場末のネオン街も アウトフォーカスで撮るとこんな感じ
d0237353_4135031.jpg




小旅行は楽しいね。





長岡他にて photo nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-03-06 05:51 | 陸上風景 | Comments(6)

作品にはなりきれてない写真の在庫供養

2月3日は節分で 4日が立春。  

でも寒さはここからが本番で、最近 あまりに寒すぎて潜ってないどころか、陸上でも写真を撮りに行ってません。

なので、これまでの写真の在庫供養です。




チャガラ  ヒレ満開 かな?
d0237353_023815.jpg




石垣島では   「ヒレの開いてないサカナの写真なんて、

クリープを入れないコーヒーみたいなもんだぜ」(注:かなり古い) 

って思想に洗脳されたので、 1月はじめの宮川湾では チャガラのヒレ全開ばかり狙ってました。


上の写真、ヒレはなかなかなんですが、 背景がごちゃごちゃしてるので・・




続いて、同じくチャガラ   
d0237353_074213.jpg



口も大きく明けて、ヒレも全開ですが、

この頃は もう産卵が終盤に差しかかってる時期で、かなりボロボロになってて 痛々しい・・





ところで 「節分は大晦日みたいなもの」って聞いたことがあったので、
「んじゃぁ、立春は元旦ってことかい?」って思ってたことがありました。 恥ずかしながら つい最近まで。。。



大間違いですね。


旧正月の元旦と立春は まったく別です。



旧暦は月の満ち欠けが基準で、二十四節気は太陽の黄道上の位置が基準ですから、
そもそもがベツモノで、 その昔は 暦と季節感の把握で お互いを補完しあってたのかな?


今年の立春は満月ですから 旧暦元旦は 2月の新月の日、19日になります。





というわけで  ふわっと満月みたいな? カエルアンコウ
d0237353_0275060.jpg




ここ数年、旧暦というか、毎日の月齢に注目してるわけですが、
何でかというと、 まぁ  潮の満ち引きに関係しますので。。。 

海無し県の 埼玉に住んでるので、日常生活には 何の影響もないんですけど! 


毎日 月齢表と 潮見表を見て、 窓の外の秩父や群馬の山々を眺めながら 海を想像してるわけです。

なんとなくダイバーっぽい。




カイメンの中の エビ  名前は分からないっす  
【追記】クシノハカクレエビ 真介さんに教えていただきました。
d0237353_043583.jpg




三浦・宮川湾の水温、最近は11℃ですって! 冷たいでしょうね~~


もう少し上がらないかな~?  
もしくは、ダンゴウオが出てきてくれたら、ダッシュで駆けつけるんですけど。。


ん?? 野口さんや今藤さんと一緒に 捜索・・?? 

いやいや、そこまでの根性はないっす。。



名前も分からない、いわゆる 「アミ」と云われている イキモノ
d0237353_0545553.jpg



月の満ち欠けとか 潮の満ち引きとか、海の生き物とか 山の天気とか 夜空の星座とか。。

だんだん人間社会と 乖離してきてる気がするんだけど。。。


いや、逆だな。

今まで自分が自然の一部だってことを忘れてたのを補正してるんだな、きっと。





三浦・宮川湾にて photo by mami ( D90 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-02-05 06:42 | サカナ | Comments(6)

年末年始は 石垣島で写真合宿

正月の4日ですが、 あけましておめでとうございます


d0237353_154224.jpg



年末から年始3日まで、石垣島で年越し写真合宿をしてきました。
上の写真は 行きの飛行機から見えた 富士山です。


利用したサービスは 6月に1日2ダイブだけ利用した 「ネイチャー石垣島」です。

水中写真を載せてる皆さんのブログによく登場するので、「一度行ってみたいなー」って思ってました。
6月はダイビング旅行ではなかったので、器材レンタルして1日だけ。

今回はガッチリ3日間の写真合宿でした。


さて 今年一発目のおサカナ写真は ソラスズメダイsp   マミさん 快心の1枚です。
d0237353_15201633.jpg



写真の署名の違いに気付かれましたか?
「photographed by mami retouched by Tarao」

はい、写真の加工はネイチャー石垣島の 多羅尾さんによるものです。

このサービス、すべての写真のレタッチまでしてくれる、って訳ではないんですけど、
私が 「いいなあ!」って思ったのは、海から上がって片付けした後の写真反省会。


その日撮った写真を 事務所のPCの画面に映して みんなでワイワイガヤガヤ鑑賞するんですね。
もちろん強制参加ではなく、希望者だけです。

はじめ、「恥ずかしすぎる!」って思ったんですけど、勇気を出してカードを提出すると
たまーにあるジャスピン写真を 「お? これはいいですね。 これを こうしてこうして・・・」と
多羅尾さんが その場でちゃっちゃっと レタッチし始めるのです。

「ほら、こんな感じでどうですか?」と 立派な作品になったものを見て、「お~~!」


こちらもそんな写真の1枚です
d0237353_15331431.jpg



元データの写真を、どのように作品に仕上げるか、 自分は全くの自己流ですから、大変勉強になりました。




あと、他の方たちの写真を見れる、ってのも、大変興味深かったです。

水中写真の好きな人たちが集まりますから、みんなレベルが高い!
これは 大変刺激になりましたね。 

いろいろな素晴らしい作品を目にする機会は多いですが、
作品になる前の元データが見れる、ってのも、勉強になりました。




サービスの海ブログにも載せてもらった写真
d0237353_15425474.jpg


d0237353_1543153.jpg


かわいく撮れてますね。



あともう一つ面白かったのは、 この鑑賞会での 最上級の褒め言葉。

なんだと思います?








「イラッとくる写真ですね~~」


多羅尾さんの口からこの言葉が出たら、かなり良い写真という事です。


この写真反省会で、他の人の素晴らしい写真を見る時には  素直に 「すげーー!」って思うのと同時に

「自分も同じ被写体見てたじゃん! なんで!?」 という気持ちになったりするものです、 正直。


そんな心情を うまく表現した言葉だなぁと、 バカうけしてしまいました。



これはそこまでの言葉は頂けなかったかな?  でも自分では気に入ってます
d0237353_15532268.jpg




一方、「イラッてくる写真」になりそうなのに ちょっと惜しい写真を撮った時、 どん底に突き落とされます。

ヒレの開きがバッチリなのに ピントが少し甘いとか
ピントもヒレもバッチリなのに 魚の向きがちょっと悪いとか。


そんな時になんて言われるかは ここでは書きませんけどね(笑
多羅尾さんも 一年に一回 言うか言わないかだと思いますけど。

今回その言葉は出ませんでしたが、 「この前、つい商売忘れて 言うてもうた」って話しをきいて
みんなで大爆笑しておりました。



イチモンジコバンハゼ   この子も かなりかわいいカオしてます
d0237353_1623724.jpg




昨日帰ってきて 明日からの通常生活の準備したりして 写真の整理なんて 当然できてませんから、 
今回は反省会で多羅尾さんにレタッチしてもらったのを、最終日に頂いた写真でまとめてみました。


今回の石垣では マクロ写真以外に フィッシュアイレンズで珊瑚なんかも撮ったりしましたので
これから載せていこうと思います。



それでは今年もよろしくお願いいたします m(..)m





石垣島にて photo by nobu & mami ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-01-04 16:14 | サカナ | Comments(6)

今年もお世話になりました

ブログをはじめて、4度目の「今年もお世話になりました」 という表題の記事です。

4~5日に一回、月に6~7、一年で約80ぐらい更新してまして、これは4年間ほぼ変わらず。

アクセス数もいまだに徐々に増えてまして、いろいろなコメントもたくさんいただけて、
それが励みになって、ここまで続けられたと思ってます。

ほんと、感謝 感謝です。



キレイな背景の中を飛ぶ オキナワベニハゼ
d0237353_22223387.jpg


もうちょっと絞って 身体の方の模様やヒレにもピントを合わせたかったけど、
そうすると背景がリアルになっちゃう。

こういう状況は どっちがいいのか いつも迷います。





さて去年は4回も遠征して 潜りまくって 合計76ダイブだったのですが、
今年は少し落ち着いて 遠征は2回だけ、あとはホームの三浦で 合計54ダイブ。

今年のダイビングトピックスは、マミさんも一眼レフにグレードアップしたこと!
といっても 新しいカメラ(D7100)は私が使って、マミさんはお古(D90)なんですけどね。

秋ぐらいからは ワイドレンズも導入して、カメラも交換しながら使ってるので、
来年は いろいろバラエティに富んだ写真が撮れるのでは? と楽しみです。




ハタタテギンポの子供?  
d0237353_22374751.jpg

顔が怒ってます?  結構気が強くて 指示棒とかでツンツンしても 「ガオー」って向ってきます。




今年は陸上でも撮りまくりましたね、 陸上用のカメラも、D5100から D5300に替えたりしました。
レンズも3本、あらたに買いまして、陸撮りが一段と楽しくなった一年でもありました。

5月の座間味遠征の時の、平井さんの水中撮影講習での話がヒントになって、
陸上でのデフォルトの設定が決まってから、あんまり露出で迷わなくなったというか、

水中はもちろん、陸上でも ベースになる設定が ある程度固まってきたので、
情景を見ながら 絵コンテと設定がリンクしながら 頭に浮かぶようになってきました。

これは進歩と呼んでいいと思います。



ベニツケタテガミカエルウオでいいのかな?
d0237353_22573827.jpg

カエルウオの仲間は 顔に愛嬌があって撮ってて楽しい。
岩の上にじっとして あまり動かないしね(笑





カメラ関係の周辺では、 今年特に爆発的に枚数を撮ったのと、
D7100のRAWデータが、一気に大きくなったので、 PCの容量を増やしました。

つまりHDDの増設ね。 ついでにデバイスをDVDレコーダからBDレコーダにグレードアップして、
メモリも倍にしましたから、 安価な投資で、大変快適な環境になりました。

あとは前回も書きましたが、去年の年末に買ったプリンタと RAW現像ソフトのLightRoom がフル稼働し、
写真ライフの幅が広がりましたね。


これでこの秋発売された フルサイズ一眼レフ D750をお迎えする準備が整いました。
来年早々には ポチってしまうかもしれません(笑



キレイな背景の オオシライトゴカイ
d0237353_23213773.jpg


これはマミさんの写真なんですが、 たぶん、自分も案内されたと思うんですよ、
でもこういう風には撮ってないみたい。

つまり水中でパッと見た時には、こういう風には見えないのね。
でもある角度から 狙いを持ってみると、こういう絵コンテが描ける。

同じものを見ても、どう撮るかは 千差万別。

来年の課題は 場面場面での 一番ベストな絵コンテを見つけられるようになることーー
これは水中、陸上、両方ですね。



ハタタテシノビハゼ   かわいいおカオ
d0237353_23293473.jpg


折角立ててるハタにピントを合わせないで、顏のドアップです。
これじゃあサンカクハゼと変わりませんね。




そうだ、写真周辺で 一点、困ったことが。
 
写真の選別が追い付かないってこと・・  現時点でも今年の分が追いついてないです。
撮り過ぎなんだね、多分。  
加えて、昔は良いのと悪いのがハッキリしてたけど、最近はある程度のレベルでは撮れるので、
どれがいいのか 選別も難しくなってます。

あとで整理するのが大変だと、撮るのもおっくうになってきてしまいます。

この秋の紅葉や、この前のクリスマスも 今年は撮らなかったのは、忙しかったのとは別に、
まだ整理の出来てない写真がたくさんあるからーー、ってのは 少なからずあったと思います。

来年は ここら辺をなんとかしないとなー。




トゲチョウチョウウオの子供
d0237353_23584223.jpg

ちょっとレアらしいです。  
めちゃめちゃシャイだったので、撮るのに苦労しました。




写真やダイビング以外では、まぁ、今年も無事に過ごすことが出来まして、こちらも周りの方々に感謝です。
来年も引き続き禁煙、節酒、ランニングを継続して、 体調を整えながら生活できればいいかなと。


今年印象的だった言葉・・

「出来るからと云って 全部やろうとするのは、 
 食べられるからといって 全部食べるのと同じくらい だらしない」  



自分は今まで 自分の能力いっぱい 出来る限りの事は すべてやる ってのが正しいと思ってました。
スケジュールもなるべく一杯になるように詰め込んだり、 もう出来ないってところから もう少し頑張ったり。

それが 努力するってことでしょ、って。 


でもなんでしょ? そんな風に思ってたのにも関わらず、この言葉は スッと入ってきたんですよね。
まぁ、若い頃はいざ知らず、 そろそろそんな心構えで生活するのも必要かな、って思いました。

ちなみにこの言葉は 玄侑宗久さんという福島のお坊さんの言葉です。





一人暮らしのハマクマノミは ラインが二本
d0237353_2347595.jpg



片方のヒレ上げて、挨拶しているみたい。


そんなわけで、来年もよろしくお願いいたします m(..)m

皆さま 良いお年をお迎えください



座間味にて photo by mami ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-30 07:20 | サカナ | Comments(6)

長い距離をランニングして 膝が痛くなったけど、案外すぐ治った

そんなに熱心には 走ってないです、 今年は 平均すると月に7~8日ぐらい。

雪の多かった2月や脚を痛めた7月なんて 5日/月だけ、
暑かった8月なんかは たった1日だけしか走らなかった。

なので 今年1年で トータル100日ぐらいですかね。 体重も全然変わらないです。


でも最近は寒くて 走りやすいので 距離も長めで走ってます。


先日の休みには、午後から用事があったのですが、午前中に LSDでもしてみようかと。
ゆっくりとしたペースで、長い距離を走る、っていうメニューです。

d0237353_16924.jpg


駅前の自宅から 遊歩道を北上して レンガ工場(たつみ印刷)超えて 豊里小学校の方まで
折り返して 県道45号線を ひたすら西へ   大塚の交差点超えて 血洗島交差点を南へ
バイパス矢島交差点で 東に曲がり、 福川沿いの道を南東へ 
最後は 唐沢川沿いを南に進んで 自宅マンションまで

全部で約17kmのコースでした。  

これで1時間45分なら、フルマラソンなら5時間は切れそうですね、 甘いかな?



9時半過ぎから走りはじめたので、赤城おろしが強くなってきて、県道45号線を西に進むときは もろ ど逆風。 
しかも かなりの強風でしたので、北関東の「からっ風」の威力を 満喫させていただきました。


朝の赤城山   
d0237353_1221751.jpg



この ゆっくり長距離を走るっていうトレーニングは、心肺の負担はそんなにないのですが、
12~3km過ぎたあたりから 足腰中心に 身体全体がずっしりと重くなってきます。

急におもりを背負ったように 脚が重くなるのです。

で、2日ぐらい膝とか足の裏とかが痛みますが、じき治ります。 
ランニング入門の本によると、「長距離走る体力がつくトレーニング」って事らしいです。


正式なLSDは なんかいろいろな条件があるみたいなので、
自分のやってるのは 「なんちゃって」 なんですけど 
一度長い距離走ると 普段の10kmぐらいが 楽に感じるんですよね。

単純に筋力がついてるのかな?




冬の朝は 景色もきれいです。

男体山
d0237353_1385190.jpg


遠くの山もすぐ近くにあるみたい。
今はもっと雪化粧して もう真っ白ですけどね。

北~西~南は、こんな感じで山がきれいですから、走ってても気持ちいいですよ、 風さえなければ・・


赤城山の地蔵岳の上にある 電波塔も こんなにハッキリ
d0237353_1453119.jpg


ま、さすがにこれは 肉眼では見えませんけどね。




自宅から photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-21 06:30 | 陸上風景 | Comments(6)

来年の手帳選びで悩む

今年もあと半月ないですね、すっかり年末です。

年賀状印刷を依頼したり 普段掃除しないところも少しずつ掃除したりして、
新しい年を迎える準備は 徐々にしていますが、

さて来年の手帳をどうしようかなと。


これまで10年近く、「超・整理手帳」っていうのを使ってました。 
なかなか使い勝手が良くて気に入ってたのですが、ここ何年か、どんどん取扱店が減ってるみたいで、
本屋さんでは見かけなくなりました。

ネットでは売ってるんだけど、2015年版なんかは、中身のシートだけしか売ってないみたい。。
HPも更新してないし、たぶん、来年か再来年には絶版になりそうな雰囲気。。。
  



そこで10年ぶりに 手帳を取り替えようと。

10月ごろからいろいろ探してたんですが、TVでも年末に近づくと 「手帳特集」みたいなのをやりますね。

マツコの知らない世界」で取り上げられてた 「モーメントダイアリー

TVで見て、この手帳が良いかも!って。  リンク先の動画を是非見てみてください。 すごく 画期的。

でもね、 放送日の数日後には売切れてました。
12月10日に再度発売になったけど、即完売。

多分年内には手に入らないみたい。

TVの影響ってすごいですねー




続きまして、毎度おなじみ流浪の番組 「タモリ倶楽部」で取り上げられてたのは、
趣味の世界のマニア向けの変わった手帳ばっかり。

でも一つだけ、私の琴線に触れる手帳が・・


こちらです    「天文手帳」
d0237353_22293960.jpg


中身を紹介しましょう。


まず表紙をめくると 早速 「星座早見表」  ここで 「なんでやねん!」と まず突っ込みます
d0237353_22372913.jpg



毎月の星空の図入りの解説に続いて ウイークリーダイアリー
d0237353_224179.jpg


そこには月の満ち欠けから、惑星の軌道など、天文イベントが細かく載っています。
中でも写真右上の惑星軌道図、 手帳をめくると、パラパラマンガみたいに星が動くのです。 面白い(^^)



メモ帳に続いて 赤道星図
d0237353_22454333.jpg

赤道星図って、見方がイマイチ分からないんですよねー


あと、写真が趣味な方々には、興味深いページが
d0237353_232729100.jpg


読んでみたら大したこと書いてなかったけどね(^^;


このように、見事に星の事ばっかり!  完全に浮世離れした一冊です。

でも写真があるってことは、買っちゃったのね。  ¥930+税



来年はこれで行こうかなと。

さまざまな予定を管理しやすい手帳では 決してないわけですが、
逆にこれで 近年推し進めている隠遁生活が 完成に向かう予感がします。




座間味の星空見てから あらためて買った  星座の解説書
d0237353_23263780.jpg


小学生向けの図鑑です。。。  結局 これが一番分かりやすい。



一応 理系の大学院とか卒業して 肩書き上は○○博士ってことになってるんですけど・・・・

情けないねぇ。。。。




自宅にて photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-17 05:30 | その他 | Comments(10)

ロクハンカブリは あったかい

以前、ロクハンカブリのウエットスーツを注文して、とっくの昔に出来てるんだけど、
いまだに受け取りに行けてないって話しを書きましたが、


先日 やっと海に行けたのですよ  

新品のロクハンカブリの ロングジョン姿で 海を見つめる・・
d0237353_011426.jpg



我ながら 腕、白い&タプついてるわ~。 結構 お天道様に 肌さらしてる&運動してるんだけどな~~
そして 脳天 薄くなってる??    ま、いいか


10月末の三浦半島、 水温は20度ぐらい、陸に上がって 22~3度。 
そろそろみなさん ドライスーツに切り替え時期ですね。 


いや~でもこのロクハン、 こんな海況でも 温かいですね~~
手首をドライ仕様にしてるからか、海水の浸入もほとんどなく、快適です。


ちなみに・・・  ロクハンとは 6.5mmの生地のウエットスーツの事。

そして ロクハンカブリとは、上の写真みたいな6.5mmのロングジョン(胴体+下半身の部分)と、
フードと股掛け付のアッパーの ツーピースのウエットスーツです。

重なり合ってるところは 13mmあるわけですから、
ヘタった5mmのウエット+3.5mmのフードベストよりは温かくてて当然ですね。




久々にベンケイさんが撮れました。 しばらく粘ってても逃げなくて、とっても良い子です
d0237353_0281086.jpg



表ジャージで 裏はリペルスキン    想像してたより脱着もしやすくて、あたたかいし 作って良かった。

なにしろ自分のドライスーツは ほとんど毎回浸水するので (多分首を動かし過ぎ)
今年は 外気温が10℃以下、水温17℃以下になるまでは ロクハンでいこうかなと。


おそらく 冬の沖縄は、ドライではなく、ロクハンカブリ+バブで大丈夫な気がします。


前ボケ イロカエル
d0237353_0333182.jpg



カエルアンコウとかハナタツって、温帯の海では必ず案内されますが、
彼らを絵になるように撮るのって 案外難しいと思います。

それは 彼らが悪いんじゃなくて、
「絵コンテ」を描けない自分が悪いんですけど。。  

もう少し 違う撮り方したいんですよね~~


マクロじゃなくて、むしろワイドマクロちっくに撮った方が 絵にしやすいのかな~~?



アオサハギ 高校生  
d0237353_0483013.jpg


この前中学生だったけど、もう少し大きくなった気がしたので・・・



キャラメルウミウシ   まさに 「キャラメル」っぽい
d0237353_0491824.jpg



この写真は 正面からではなく、お尻から撮るってところにポイントがあります。

撮った本人曰く、狙った訳ではなく、むこう向いてただけって事らしいですが、
こんな場面に出会って、ちゃんと押さえる事が 大事なんですよ。


だって、私はこの頃、ベンケイハゼに夢中で キャラメルウミウシ自体を見てないんですからね!






「ロクハンカブリ」の 股掛けの部分の 特徴的なおカオ
d0237353_0572532.jpg



シュレックに出てくる クッキーマンに似てるでしょ?






三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-10-27 06:18 | サカナ | Comments(6)

3年経って思ったこと (忘備録代わりに)

ここ2~3年で自分の日常生活が劇的に変化してるんです。
それまでの15年ぐらいの生活と比べると特に。

何でかなって思ったんですけど、やっぱり震災の影響なのかなと。

d0237353_87331.jpg



自分は埼玉にいたので、直接的な被害は特になく、
震災後仙台を訪れたのは一年後なので、震災直後の現地の様子も知りません。


でも自分にとって大きな出来事だったってことが、3年経ってやっと分かりました。

d0237353_88882.jpg



あの時何を考えてたのか、感じてたのかを克明に思い出すことは困難ですが、
恐怖と絶望感に包まれてたのを漠然と覚えてます。

その後 半年から一年ぐらいは、所在のない虚しさとやり切れなさが、心を支配してたように思います。
楽しい事や嬉しい事で、素直に笑えない。


被災者でもない自分がおかしな話なんですけど、
だからたぶん、単なる中年性のウツかな?ということで片づけてました。


でも おそらく震災後に感じたことの影響は大きかったと、最近思い始めました。

d0237353_883550.jpg



で、その正体は何かって事が やっと整理されてきたので忘備録的に書きますが、
自分の場合は 一言でいえば 無常観なのかなと。


せっかく頑張って積み上げてきたものも、一瞬で消えてなくなるんです。
どんなに正直に生きてきたって、ある日突然 理不尽に命を奪われるんです。

「努力は嘘をつかない」 「思えば叶う」 「命を守る」
それらのスローガンを全く信じられない精神状態。


この状態は、実は今でも続いてるんですよね、自分の中で。

多分もう震災前みたいな能天気?というか、
何かに希望を持って生きていくって生活には戻れないと思います。

d0237353_89090.jpg



でもまー、こんな事ばっかり考えてると生きていけないんですけどね、
ありがたいことに、自分には寿命が残ってるみたいなんです。

すると、大事に生きなきゃ申し訳ないのかなって。


d0237353_893185.jpg




なので、禁煙して酒の量減らして、食事に気を付けて運動を始めました。

それ見た周りの人が 「長生きしてどーすんだ」 みたいな事言ってますが
長生きが目的じゃないんですよ。

人間には 命のコントロールは出来ないってことを 
あの日 目の前に突き付けられましたよね。


でも、確かに命はコントロールできないけど、命の質はある程度コントロールできるのかなって。

癌とかは仕方ないですけど、生活習慣病的なモノって、
もちろん体質もありますが、ある程度なんとかできるでしょ?


d0237353_895636.jpg



命を大事にする、っていうのは、命を長引かせるって事ではないと思います。
限りある生きている時間を充実して過ごす、ってことではないかと。

その為に 健康は大事ですね。


自分がいつ死ぬんだか分かりませんが、最後の瞬間までしっかりと健康に過ごさないと、
あの日、突然命を無くした人達に申し訳ないですよ。


ランニングする時は、たまにそんなこと考えながら走ってます。
そして遠くの山を見て きれいだなって。
支援とか援助とか、大それたことは出来ませんけど、
震災が風化するってことは、自分には無いんですよね。


d0237353_810198.jpg



という訳で、ここまでの写真は「エノキ氷」を作ってるところ。
効果は分からないけど、結構おいしいよ。





自宅にて photo by nobu ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-03-12 08:17 | その他 | Comments(1)

写真と文章が連動してない どうでもいい話

海とかカメラとか 全然関係ない話なんですけど、
最近 日本TVの「笑点」が面白くて。

ちょっと感性が劣化してしまったのかなと心配なんですけど・・

d0237353_84119.jpg


というのも 昔からお笑いは どちらかというと「攻めてる」ものの方が好きで、
いわゆる「ベタ」なお笑いには あまり魅力を感じてなかったんです。


そもそもは小学生の頃のタモリさんがきっかけかな。

今でこそ好々爺ですが、「笑っていいとも!」始める前のタモリって、
相当 尖がった笑いをやってたんです。

d0237353_874321.jpg



当時人気のドリフのカトちゃんの 「ちょっとだけよ~」という 分かりやすい笑いとは
明らかに一線を画した アダルトで知的な魅力。

多分、小学生にはあまり意味は分かってなかったと思うんだけど
どことなくアングラな香りの漂う芸の数々。


その後すぐ出てくるビートたけしと共に、自分にとっては
7~80年代のお笑いの2大アイドルでした。

d0237353_8111479.jpg



90~2000年代はダウンタウン松本のストイックな笑いが好きでしたが、
彼も結婚して家族持つと、先人たちのように穏やかな笑いに移行していって、

最近では 有吉とか雨上がりとかロンドンブーツとかなんでしょうか?

確かに面白いけど ここら辺はお笑いというより、司会ですけどね。


若手芸人が 「破天荒」とか言われても、攻めてる感じは あまりしないかなー。

d0237353_8121699.jpg



そんな中 いまさら「笑点」に目覚めるって・・

単に感性が歳取ったってことなのか??



でもね、林家木久蔵(現 木久扇)なんて、
76歳の大御所になっても 相変わらず 大バカなんですよ。

もうシワシワ ヨボヨボのお爺ちゃんなんですよ?
それでも昔と同じ、与太郎キャラでバカやってんの。

いやいや、むしろ本当にボケちゃったんじゃないかって心配するようなギリギリ感。


なんか逆にシュールだなって。

もう お笑いというより 哀愁の世界ですね。

d0237353_8133219.jpg


ま、老けたんだろうな、
タモさんも「いいとも!」辞めるみたいだし、
月日は流れるってことで。


でも音楽は 「演歌」に移行しないな~




三浦・宮川湾 他にて photo by nobu & mami (LumixTZ30 & D90) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-01-18 08:20 | 水中生物 | Comments(0)

仙台に行って思った事

この週末は、自分の学位論文の指導教官として大変お世話になった
小松教授の退官パーティーということで、仙台に行ってきた。
d0237353_1961996.jpg



埼玉の地元の仲間たちがボランティアとして被災地に何度も訪れているのにも関わらず、
まことに恥ずかしい限りなのだが、実は震災後はじめての仙台入りだった。
そういう訳で土曜日の夜から前乗りして、高校の同級生達にも会ってきた。


東松島市や石巻市で(自分の)オフィスが浸水した、
仙台市でショッピングモール内のオフィスが全壊した、
またそこまで酷くはなくても自分がかつて親しくしてた友人たちは
みな何かしらの被害にあったのだが、
彼らとも今回あれからはじめてゆっくり話をしてきた。


なぜ自分は、高校大学と多感な時期を過ごした第二の故郷 仙台を
今まで訪れる事が「出来なかった」のか?


おそらく怖かったのである。
情けない事だが、愛着ある街や友人たちが、
全部まとめて尋常ではない苦境に陥ってる事実を直視するのが
怖かったんだと思う。


自分の同級生の母親、仙台で生まれ育ち、
今は東京で暮らしてる75歳過ぎの老女だが、
震災から一ヶ月くらい経った頃「気仙沼の友達が心配だ」と話していた。
だが彼女は連絡を取るどころか、安否確認さえしようとしていなかった。
仙台に住む他の友人たちも同様だという。

もし無事なら、向こうから何かしらの連絡があるはずなのだ。
一ヶ月経って音信不通という事は、おそらくかなりの確率でそういうことだろう。
年老いた彼女らにとってそれ以上の事実を知る必要があるのだろうか?
そんな彼女達を、「冷たい」と責める事なんて、出来ない。

自分はさすがに連絡は取ってきたし、
必要だと言う物を送ったりはしてきたが、
仙台に足を踏み入れる事が出来なかった。
おそらく彼女たちと同じ感情だろうと思う。


今回会った友人達は、多く口には出さなかったけど、
やっぱり大変な一年間を過ごしてきたんだと思う。
大きな余震があるたびにヘコんで連絡をよこす奴もいた。
みんなギリギリな精神状態の中で必死にあがいてきた、
いや、今でもあがいてるんだと思う。
苦労話をしないのは、いまだ「思い出」にはなっていないから。。。


でも今回会った友人たちのほとんどは「まずはやっと落ち着いてきたよ」と口を揃えた。
その言葉に救われた。

そしてみんな、今さらノコノコやってきた私を歓迎してくれた。
本当にありがたいと思う。

震災後の一年、自分の弱さと無力さを、嫌というほど実感させられた。
自分が被災地に行ったって、何ひとつ役に立てる事なんか、ない。
でもこれからは、頻繁に彼らに会いに行こうと思う。



仙台にて photo by nobu (CysW300)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2012-04-16 08:29 | その他 | Comments(6)