いつもの大霧山で 花とか虫とか

何度か紹介してますが、東秩父の大霧山  過去記事  その1 その2

低山で道もしっかり整備されてて 適度に負荷のあるハイキングコースで、お気に入りです。
真夏は暑くてとんでもないですが、これぐらいの季節や秋ぐちは 爽やかで気持ちいいです。


カメラ片手にぶらぶらと

d0237353_23321875.jpg






これはブルーベリーの若い実
d0237353_2332561.jpg


マミさん、ここら辺の前ボケを使った写真は、すっかり定番になっております。
色合いとかほぼ撮って出し。 多少トリミングしてる程度






苦手な方はすみません・・  でもいい瞬間でしょ? 後ろに玉ボケも入って
d0237353_23355774.jpg


これもマミさんの写真なんですが、 自分で撮っておいて 「うわ~~、気持ち悪くて見れない」だって。






隣の秩父高原牧場では ポピーが満開 (5月で終了しました)
d0237353_2338422.jpg


この写真は A3でプリントアウトして事務所に飾るように 少し派手目にしました。
空の青も起こして 花の彩度も高めにしてあります。

このくらいの大きさで見ると 色合いがちょっとうるさい感じですが、
A3ぐらいに大きくプリントしてみると 丁度良いんですよね。


大きなサイズで映える写真と、ネットで見たり小さいサイズで良さがでる写真ってある気がします。

本当はあんまり関係ないのかな?




ポピー 前ボケ
d0237353_23464538.jpg


マミさん、最近前ボケ写真が多いんですよね。

本人は右側の花弁の落ちた茎が気に入らないんだそうですが、
なかなか良い写真だと思います。





大霧山・秩父高原牧場にて photo by mami ( D5300 ) by nobu ( D750 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-06-07 06:26 | 山登り | Comments(6)

秋晴れの一日

11月中旬ですから、もう半月前の写真です。


すすきと紅葉
d0237353_654455.jpg




まきばに行った日は、その午前中に すぐ近くの大霧山に登ってました。

まきばの看板と関八州の山々
d0237353_621719.jpg


まきばの写真のマミさんがリュックサックを背負ってるのはそういう訳です。



その数日前、江戸東京たてもの園に行った時には、まだ紅葉になりきってなかったので
「山なら真っ盛りでしょう」って行ってみたんだけど、この時は色づきはじめってぐらいでした。。
d0237353_5515212.jpg



ただこの日は 素晴らしい秋晴れ

ひらけたところに出ると、本当に遠くの方までよく見えました。

南東の方角を望む  大宮~東京方面です
d0237353_5541081.jpg



これ、300mmでアップにしてみると・・・

かすかに 東京スカイツリー
d0237353_5562334.jpg


直線距離で 約70kmぐらい。
近くの鐘撞堂山からも見えるって話しは聞いてたけど、本当に見えるんだなって。

こういう日はテレコン持っていかないとですねー


大宮のビル群と 浦和川口方面の高層マンション
d0237353_5591783.jpg


ここら辺になると ハッキリクッキリです。


午前山登り 午後まきばと充実してたのですが、紅葉はイマイチ、

結局翌週は海に行って、その次の週は月末の事務仕事してるうちに、
木々はすっかり葉が落ちて 冬の装いになりました。


紅葉狩りは来年のお楽しみですね。







東秩父・大霧山にて photo by mami ( D5300 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-03 06:14 | 山登り | Comments(2)

新しくお迎えした D5300 で 皆既月食を撮ってみた

御嶽山があんな事になってしまってますが、同じ週末、 実は自分達も山に出かけておりました。


行先は赤城山で、黒檜山~駒ケ岳をまわる全行程 約3時間半ほどの家族・一般向けのコースで、
半年ぶりのリハビリには丁度いいルートです。

d0237353_17551120.jpg




この日、二人でお互い一眼レフカメラを持ち (D7100とD5100)、
レンズを合計4本(Tokina124、Nikkor18-105、70-300、Tamuron90macro)を持って行ったんですが、
他の山用具を合わせると なかなかの重量で、結構バテてしまいました。。。


「ランニングとかして体力維持に努めても 山歩きは荷物が重いと やっぱいツラいのね」ということで、
体力増進はもちろん続けるとしても、荷物を減らす方向でも工夫をすることに。



先日フルサイズカメラのD750の導入をどうしましょ、って話しをしておりましたが、
D750を近い将来導入するときに D5100が余るのかなって思ってました。


でも今回、山歩きで、二人でそれぞれ一眼レフカメラ+レンズ計4本は、体力的に厳しいかもって思いました。
ちゃんとした山には おそらくD750は連れて行けません・・・ もしかしてD7100でも厳しい状況です・・

そんな中 D5100は旅カメラとして、山に連れて行く一眼レフとして、申しぶんない大きさです。

でもちょっと古いんですよね・・・




「山用、旅用としてのD5xxxクラスのコンパクトな一眼レフカメラはキープしておきたい」
「でも 発売から3年半経ってる・・」


こんな状況、皆さんどうしますか?


D5100 2011年4月発売 同年10月購入ですので、3年ほどお世話になっておりますが・・

d0237353_17563566.jpg





ハイ! そうですね、D5300です

d0237353_1757086.jpg





カタログスペックだけ見ると、画像的な数値としては、NikonのAPS-C機で一番の高画質って事になってます。
(画像処理エンジンがEXSPEED4なので、D7100よりも上?!)



こちらのD5100と 35mmDX単焦点レンズを下取りに出して、2万円ちょっとの差額で D5300新品と交換してきました

d0237353_17571957.jpg



なかなかいい買い物だったと思ってます。




ウチのNikon 一眼レフカメラの棲み分け・・

D90(ハウジング有)・・・・・・・60mmマクロ・ATX107ワイド装着で 水中専門
D7100(ハウジング有)・・105mmマクロ装着で水中用  APS-C陸上ノブ用
D5300・・・・・・・・山とか旅とか軽装備用    APS-C陸上マミ用

近い将来・・
D750・・フルサイズ  陸上ノブ・マミ用





で、8日は 3年ぶりの皆既月食  早速 D5300さんにご登場いただきました。

仕事から帰ってきて ベランダに出た時には ほとんど隠れてたので、
大急ぎで 三脚やら レリーズやら レンズ、テレコンを用意して・・・

D5300+ 300mm+×2テレコン     赤いです
d0237353_17574835.jpg




この系列のファインダーでは かなり改良されてるんでしょうか?
でもD7100  しかも 1.2倍のアイピースを付けてるファインダーに比べると
こういうMFが必要な暗いシチュエーションでは  ちょっと見えにくい・・
(両眼 1.0のマミさんは 「変わらない てか 見やすい」と言ってます)

でも ピントさえ合えば 解像度は かなり満足です。  ハッキリ クッキリ(^^)




しばらく赤い月だったのですが、明けはじめると 赤みは全くなくなりました
d0237353_17581473.jpg




でも雲に隠れた瞬間、スローシャッター+高感度で撮ってみたら、
地球の影が少し赤く撮れましたよ

d0237353_1805581.jpg





D5100は マミさんにとって 一番最初の一眼レフ、いろんな写真を撮ってきたので、
下取りで連れて行かれる瞬間は、頭の中に 「ドナドナ」 が流れてたそうです・・




でもね  

その30分後には 新宿・思い出横丁・岐阜屋の もやし炒めとビールで  随分と ご機嫌だったのさっ








自宅にて photo by nobu ( D7100 D5300 ) 


にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-10-10 06:53 | カメラ・レンズ・写真 | Comments(6)

物語山

もう一か月も前の話なんだけど・・群馬県の下仁田にある物語山に登ってきました。

山でもやっぱりマクロ
d0237353_103334.jpg


標高1020m、登山口から2時間弱で頂上へ。高低差600mほどで、
ハイキングに毛が生えたぐらいかな、ってナメてたら、結構バテた。

朝のうちは日の光が入らない 沢沿いの暗い道を40分ぐらい登り、登山道取付き口からは急斜面
途中でやっと日がさしてきた
d0237353_10334231.jpg


低い山だけど、山頂からの眺めはなかなか雄大
妙義山
d0237353_1034959.jpg


浅間山 
d0237353_10343949.jpg



もみじの配置に、ちょっと捏造のかおりが・・w
d0237353_10351072.jpg


ゆっくり下りてもお昼前には沢沿いの道へ
山に囲まれた沢道に、真上に来た日の光が差し込んで、幻想的な感じ
d0237353_10415473.jpg


まだ時間があったので、近くの荒船の湯へ。
この日は本当にいい天気でした
d0237353_10422037.jpg




高速入口までの道の駅で見かけたシュールなもの その1
猫ちゃんへのお土産 マタタビ
d0237353_10425531.jpg

「猫だって癒されたいニャ」ってwww


その2  群馬県ポスター  群馬出身の中山秀ちゃんと井森さん。
d0237353_10432553.jpg

この二人、同年代だけど、この歳になって、ふるさとに恩返ししたくなったのね、たぶん。
なんとなく分かるよ。

でもこのポスター、県内に貼るんじゃなくて、県外に貼った方がいいんじゃないかな?
東京駅とか渋谷駅とか。その方がインパクトあると思うよ。



物語山にて photo by mami (D5100)   by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2012-12-07 11:07 | 山登り | Comments(2)

谷川岳で一足早い紅葉を愛でる

子供の頃 父親に奥多摩の山に 何度か連れて行ってもらったり、
中学生の時の愛読書が、新田次郎だったり

高校一年の時は、学校で登山合宿という行事があったりしたので、
山登り自体はそんなに遠い存在ではなかったのね。


かといって、本格的に取り組んだ経験はないので、
いまだに日本アルプスの山々とかに登った事もなく、ごく近所の日帰りできる山ぐらい。



結婚してからは、マミさんが膝の靭帯の手術をしたことがあったりして
無理はできないので、海が中心、山は本当にハイキング程度でした。


でもマミさん、この前男体山という なかなかハードな山を登ってこれたのが自信になったのと
登山にともなう達成感と爽快感がクセになったのか、「山、いいね」と。


となると一度は連れて行きたかったのが、この谷川岳。

山頂付近から見られる万太郎山~千ノ倉山~平標山方面に続く尾根道が まさに絶景
d0237353_17174766.jpg



特にこの季節は空気も澄んで、紅葉もキレイです


反対側の西黒尾根を望む   尾根道も登山道なので、かすかにハイカーの姿が見えます
d0237353_17181464.jpg



山頂付近(1977m)は風も強くて気温も5℃ぐらい。もう初冬ですが、

200mぐらい下ると、紅葉真っ盛りです
d0237353_17184312.jpg


連休は雨で、その翌週の日曜日、天気予報も晴でしたから、沢山の人出がありました


ロープウエイで1300m付近まで運んでもらえるので、
年配の方のグループや小さい子供を連れた家族連れまで沢山の人が登ってきます。


自分達は朝7時のロープウエイ運転開始に合わせて行ったのですが、既に行列が・・(^^;

9時半には登頂して来た道を戻ったのですが、下から次々と行列で登ってくるので
下りにやたら時間がかかってしまいました。。


休憩中に登りの人に話しを聞くと、8時過ぎには麓の方から渋滞してたみたい・・

紅葉シーズンは朝早く家を出ないとですね。



下山途中のザンゲ岩から万太郎山
d0237353_17193682.jpg



今週末は久々に海かな~



谷川岳にて photo by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2012-10-18 10:37 | 山登り | Comments(4)

武甲山

休日何をするかを、決定するのは私なんですけど、
一応 「何かしたいこと、ある? 海とか 街とか 山とか」って お伺いをたてるわけです。

mamiさんは、自ら「○○したい!」と主張するタイプではないのですが、
選択肢を提示すると、その反応には如実な違いが出るんですね。

最近はそれが「山」らしいんですよ。

先週は谷川岳に行こうということにしてたのですが、朝から雨だったのでとりやめに。。せずに
近場の武甲山に行ってきました。
d0237353_2227279.jpg


登りはずっと雨でしたので写真なし。(雨の中 カメラぶら下げて歩けないからね)

でも頂上に着いたら雨もやんで、眼下には秩父の街並み
d0237353_22273779.jpg

雲の向こうに遠くの山々も・・
d0237353_2228053.jpg


天気予報通り、昼からは太陽も顔を出してくれました
d0237353_2228325.jpg


武甲山の登山口と山頂を往復して、午後は秩父の街で遊ぶ選択肢もあったのですが、
天気も良くなったし、体力も残ってたので、小持・大持山方面へ
d0237353_22285526.jpg


途中 屋久島みたいな風景もあったりして・・
d0237353_22291699.jpg


しかし、こちらのコースがなかなか骨がありまして、前回同様すっかりバテてしまいました(^^;
てなわけで、14時過ぎに下山したら そそくさと帰路についたのでした。

M田君、すぐそばまで来てたのに連絡しなくてごめんね


武甲山にて photo by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2012-10-13 21:23 | 山登り | Comments(2)

男体山に登ってきた

男体山9合目から見た中禅寺湖
d0237353_22361627.jpg


すっかり海の話題がないですねーーブログの趣旨ブレブレw

前回の靴底が剥れた山っていうのが、栃木日光の男体山
実は深谷からもその山影をうかがえるぐらい高い山です(2484m)

中禅寺湖の湖畔にある二荒山神社の奥に登山口があって、
そこから1200mの高度差の急坂を ただひたすら登り続ける、修行のような行程です。

6合目ぐらいでは既に紅葉してました
d0237353_22365420.jpg


朝7時くらいから登り始めて、はじめはすごくいい天気で
はるか彼方に富士山なんかも見えてまして、

「これはいい日に登ったな。山頂からの景色が楽しみだ!」
などと思ってたのですが、
9合目あたりで雲がすごい勢いで あたりを覆い始めた。

雲に覆われる直前の戦場ヶ原とその奥の湯の湖
d0237353_22372636.jpg



頂上にたどり着く頃には周りはすっかり霧の中
おまけに雨まで降ってきて、やたら寒くなってきました。
d0237353_22375351.jpg


帰りはずっと雨で、足元は滑りやすいわ、靴底は剥れるわ、大変だったけど
なんとか無事下りてきました。

戻ってみると 湖畔は晴れてたんだよな~~  山の天気は分からんね。



日光男体山にて photo by mami (D5100)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2012-09-29 22:11 | 山登り | Comments(2)

登山靴の修理

先日久々に山登ったら 登山靴のソール(底)が パッカリと剥がれちゃったのね。
d0237353_22444795.jpg


もー こんな感じ
d0237353_22451170.jpg



まあ、10年ぐらい履いてるし、買い換えようかなって思ったんだけど、
アッパーの部分はしっかりしてるし、ある程度ちゃんとしたのを買うと3~5万するし、
年に1~2回山行くぐらいだから、ちょっともったいないなと・・

それで調べてみたら、ソールを張替える靴の修理屋さんって、全国にいっぱいあるんですね(^^)

いくつかの修理屋さんにメール出して、一番早く返信くれた福島県南相馬の修理屋さんにお願いしました。

そしたらほら!
d0237353_22454672.jpg


靴底もこんなにきれいになって、まるで新品ですよ
d0237353_22461222.jpg


これで幾らだと思います?
なんと1万円ちょっと!(送料他込み 普通のハイキング仕様だと8千円ぐらい)
注意!) 靴底を変えると、当然履き心地は変わりますので、中敷き等の調整が必要になります。


たぶんまた10年ぐらい履けるのかなって思ったら、これまで以上に愛着がわいてきましたよ(^^)
d0237353_22464576.jpg


これに比べると、同じ命をあずけるものとはいえ、レギュのオーバーホール料って高いよねーー
いやいや、別に文句はないんだけどさw


自宅玄関にて photo by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2012-09-27 20:22 | その他 | Comments(0)