ニコン D500の 買う時期を迷う ~ 八丈島の生き物と共に~

ニコンのAPS-C の最高峰、 D500が発売されて 1ヶ月ほど経ちます。

バカ売れみたいですね。


これは その前の前のモデル、D7100で撮った フリソデエビ
d0237353_12011100.jpg


去年秋に 三浦で子どものフリソデエビ見てましたので(これとか これとか) やたらデカく感じました。




D300sが発売されたのが 2009年8月、 以降、ニコンは何種類もの APS-C機を発売してきましたが
「フラッグシップモデル」と呼ばれるものは ありませんでした。

「早く D300sの後継機を!」 という声が 根強くある中、 
今度は沢山の種類のフルサイズ機を発売したりして、 もう完全に迷走状態に陥っておりましたが

やっと、 待望の D500 発売!ということで、発売当初は品切れ続出で 凄い人気!


ちなみに 中古カメラ市場には いきなりD300 やD300sがあふれてるそうで、
たぶん、今まで D7×××番台を 頑なに拒否してきた方々が、一気に買い替えに走ったものと思われます。




ちなみにこれは 前の前の、その前の前のモデル D90で撮った 泳いでるムラサキウミコチョウ
d0237353_12121218.jpg


水中写真の機材の場合、カメラ本体より ハウジングとかポートの値段の方がバカ高いので
新しいカメラが発売されても そうそう買い換えられないのです。。。



さて D500、 発売から一ヶ月ほど経ちまして 品物の供給も落ち着いたようで、どんどん値下がりしております。 
ここ2週間で ¥3,000~¥5,000/週の勢い。 

こうなると貧乏性の自分は 迂闊にポチッと出来なくなっちゃうんですよね~(^^;;
しばらく ゆっくり撮影できる休日もなさそうだし・・



これは泳いでない ムラサキウミコチョウ
d0237353_12321957.jpg




そもそも 今 D7100 と D90 を水中で使って、 陸上用には フルサイズの D750 があるのに
なんで D500が必要なのよ? って 話しなんですけど、

「趣味」って 「必要」とか、そういう事じゃないじゃないですか (^^;;


D300sの頃には キャノンと大きな差がなかった APS-C の動体に対するAF精度と連写性能、
ニコンはこの7~8年 画質重視に走ったため この部分の性能で 大きく水を開けられてた訳です。

特に自分の持っている D7100 なんて、 RAW+JPG で連写したら 6~7枚で フリーズしますから。


そこら辺の性能を改善した D7200 ってのも リーズナブルな値段で売ってますが、
まーー ここは いろいろと グレードアップした D500 お迎えするのが、丸く収まるのかなと。



いやいや、 古いカメラでも 頑張れば 何とかなる?
d0237353_1454071.jpg



ほら、ウミウシって そんなに動かないからさ、 そんで、水中って そもそも連写しないし。


1月末には新宿ニコンプラザにデモ機があったので触ってみたり、2月の CP+で洗脳されて、
ここまでの期間で 現実的な嫁さんも 粘り強く説得し、原則OKをもらい、 引落口座にもお金を用意して、
ある意味、 もう準備万端なのですが

下がり続けるモノって、 買う時期に迷いますよ。



アマミスズメの 小学生高学年
d0237353_14583038.jpg



海カメラは 今のラインナップで充分だとは思ってるんで、
現時点で 海に持ち込むのは D750 同様、あんまり考えてないんだけど、

持ち込んだら 面白そうだなー、とも思ってます。  ま、資金面で現実的じゃないけどねー 

あとあんなデッカいハウジングが 家の中にいくつもあってもねぇ


水中ハウジング(カメラ付き)って 下取りとかしてないのかなー?



八丈島にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-05-31 14:54 | サカナ | Comments(10)

八丈島のいろんな写真

「八丈島」 「ナズマド」 といえば ユウゼン。

しかも 玉のように群れてる 「ユウゼン玉」が有名ですが、 それは黒潮が当たった時に見られるんだそうで・・・


今回はソロ活動中 もしくはペアでのユウゼンしか見られませんでした

アップで撮ると 案外かわいい顔  「ちゅぴ ちゅぴ」
d0237353_725549.jpg



実はナズマドのユウゼン玉狙いで フィッシュアイレンズも持って行ったのですが、一度も使いませんでした。

次回、黒潮の季節に期待ですね。



さて この子は ツキチョウチョウウオ (だと思う)
d0237353_762086.jpg


黒い尾ビレが特徴ね。 

前回 「そんなに頻繁にみられるサカナではない」って案内されたけど、 今回何度か見たような。
同じポイント(ナズマド)だったので、 同じ子だったかもしれませんが・・・



オレンジのトラ柄でメカニカルなボディの ホムラスベヨコエビ
d0237353_7265935.jpg



大きさは 5mmぐらい。 ちっちゃいけど、なんだか カッコいい!

この子がいるという事は、 冷水塊が来てるという事でーー


この子も 寒い季節に見られる子ですね テントウウミウシ
d0237353_7294890.jpg



三浦では1~2月、冬真っ盛りによく見てた記憶があります。。

久々に見たら、ちっちゃくてかわいかったですね。



そんな 「冷たい水」の時に現れる子がいるかと思いきや、 

別のポイントでは 春真っ盛りでー   キツネベラyg
d0237353_7333444.jpg



人気の被写体です。

でも実は、 「キツネベラチビちゃんだぁ!♡」って 思うようになったのは ここ2年ぐらいで・・
それまでは 全然ピンときてなかったという・・・ 


今では 「いるなら是非撮りたい!」って思う被写体なんですが、
この心境の変化は いったい なんなんだろう??





八丈島にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-05-25 07:41 | サカナ | Comments(4)

八丈島の Hot ke Night

われわれ普段、 ナイトダイビングって ほとんどやらないんですよ。
「ほとんど」というか、 AOW講習でやって以来、一度もしてなかったみたい。

つまり 350回潜って、講習での一回ぽっきり!


だって、一日潜った後の静かな夕暮れに 海を眺めながら飲むビールって

「生まれてきて良かった」級に 美味しいじゃないですか!

夜の海よりビールの方が 常に勝ってたんですね~~  酒飲み夫婦のわれわれとしては。


でもですね、今回は周りのゲストのみなさんが 口をそろえて 「楽しい、楽しい!」と


という訳で、 ビールの誘惑を振り切って、1ダイブだけ、行ってきました。


ヒラメの赤ちゃん? 
d0237353_2023881.jpg




今回参加したのは ただのナイトダイビングではなく、 
近年各地で行われてる 「BlackWaterDiving」っていうのかな? 
ライトを多量に設置して、そこに集まる浮遊生物を楽しむというダイビングの 八丈島版

名付けて  「八丈島 Hot ke Night !」      「ほっとけないと」って読みます。




暗い海にエントリーして、遠くに浮かび上がるライトのあかりは まさに幻想的 

近づいていくと 多量のアミ類の中に 透明な浮遊生物がふわふわと・・


メガロパ?  カニ類の幼生です
d0237353_511522.jpg



これらは普段のダイビングじゃ 決して見れない生き物ですね~


でもね、 こんなに透明で小さい子たちにピントを合わせるのは 至難の業なのです。

とりあえずたくさんシャッター押したけど、 ほとんど撮れてなかったですね・・ ほぼ撃沈



そんなわけで マメマクラ (キタマクラの子供)
d0237353_5105384.jpg


直径3cm足らずのこの子が やたらデカく感じました。


潜る前に 「ホットケは 一日にしてならず」 と釘をさされておりました。
つまり、 「いきなり潜ったからって そうそう撮れませんよ」 という事です。


潜ってカメラ構えて 深く納得しましたよ。 だって まず見えない。
肉眼で見えないし、 ファインダー内に捉えるのが また難しい。

で、透明だからピントが合わない。  ふわふわ浮遊してるから、 すぐどこかにいっちゃう。


いろんなページに 透明な浮遊生物の見事な写真が載ってますが、 あれは かなりすごい事ですよ。

あれらの写真の裏には、撮った方の相当な努力と 実力、
そして 細かい水深変化と息止めによる頭痛が隠されているのです。



ヒレギレイカの子供が アミを食べてます
d0237353_5164745.jpg



自分は極度の近眼の上に 最近は老眼も入ってきてますから、 ま、何にも見えませんでした(^^;;

透明なのは一つも。   慣れると見えるのかなー?  まさに 「一日にしてならず」ですね


でも 何も見えなくても 写真まともに撮れなくても 久々のナイトは 楽しかったなー



灯りのそばを撮ると こんな感じ  多量のアミ類が ワッサーーっと
d0237353_5295048.jpg



この 「Hot ke Night」 いくつかのサービスが共同でやってるのですが、 
なんと希望者がいれば 一名からでも毎日開催!

昼間通常の3ダイブやって、+ホットケなので、4ダイブ。
自分たちは ビールの誘惑と窒素の心配で 一日だけしかしなかったけど、

滞在4日間、毎日やってるゲストもいて、スゲーな、と。 さすがにすごい写真撮ってましたけどねー


スタッフは繁忙期には ほぼ毎日4ダイブで、 コウタローさん、オフには1か月半潜らなかったそうです。

いや~~、 くれぐれも身体には気を付けてくださいね・・・







八丈島にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-05-18 05:48 | サカナ | Comments(4)

八丈島「ナズマド」の ジャパピグ

八丈島といえば 「ナズマド」   ポイント名です。

ウミウシやエビカニ、幼魚系のマクロネタから、沖に行けばハンマーやニタリのような大物まで
まーー 「万能」と言っても 言い過ぎではないポイントです。

前回の記事のケヤリもナズマドに生えてますし、黒潮が当たれば、ユウゼンが玉のように群れる姿が見られます。


そして今回は このジャパピグ
d0237353_5451310.jpg



ほんと、大物から こんな小さい子まで、バラエティに富んだポイントです。

この子は10mm弱でした。





ジャパピグ 二匹並んで・・・
d0237353_5545045.jpg


いやー この状況は一期一会でした。

自分とマミさんで 一匹を挟み込むように撮ってたら、もう一匹が ピロピロピロ~~っと 合流。

上がってきて 「あそこのはそうそういなくならないでしょうから、もう一回行きましょう」って
次も連続で行ってみたら やっと一匹が見つかっただけ。。

「チャンスは何度もやってこない」、水中写真に限らず 教訓なわけですが。。




同じナズマドの 違うところ(ケヤリの近く)にいた 極小ジャパピグ
d0237353_615082.jpg


この子は 5mmあったかな? 数日前に産まれたてじゃないかって、コウタローさん。


この子もこの時出会って、 その後は見つからなかったんだよなー


同じ子を 遠くから60mmで    めちゃめちゃトリミングしてます。
d0237353_6142432.jpg




ちなみに オリジナル写真は こちら
d0237353_6154037.jpg


ローガンの自分には ファインダー内に捉えるだけでも 一苦労。。



ジャパピグが 飛んでます
d0237353_6373060.jpg


これは ペアになる前に漂ってるところ。


今回ナズマドには 2日間合計5本潜ったのですが、
ジャパピグは 同じナズマド内いろんな場所で 合計4~5匹見たのかな?


以前 座間味で見た子とは 違う種類みたい。

どちらも「小さいタツノオトシゴ」ですが、 模様とか 身体の厚さとかが 微妙に違いました。




小さくても お母さん?  いや、お父さんかな?
d0237353_6452025.jpg


いやね、この子、お腹が大きかったんですよ、 10mm無いのに。

タツノオトシゴの仲間の場合、 お腹で子供を育てるのは父親なので、この子もオスなんだと思います。






八丈島にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-05-12 06:53 | サカナ | Comments(8)

八丈島の ケヤリモ

お久しぶりです。。
PCやら iPhoneが次々とクラッシュして 頭の中もフリーズしてた一ヶ月でした。

まだ後遺症が残っておりますが、GWは 八丈島へ。


なぜこの季節に八丈島かといいますと、 これを撮りに・・
d0237353_6152839.jpg



ケヤリモ目ケヤリモ科ケヤリ属ケヤリ   蛍光色がきれいな 海藻の仲間です。


この植物の見ごろが春~初夏ということで 一度見てみたいな、と。


このケヤリモを背景にして、 セナキルリスズメダイと共に・・
d0237353_6373726.jpg



年によって ワッサーって群生したり、ポツンポツンと生えたりするそうですが
今年は群生とまではいかなかったみたい。。

これも 後ろの壁がちょっとウルサいかな?
d0237353_643213.jpg



イメージとしては もう少しサカナが小さく、バック全体が蛍光緑のケヤリモって感じだったのですが、
後ろが一株二株だと ちょっと寂しい感じですねー


というわけで、ここからは105mmでググッと寄った マミさんの写真

ちょっと大人の入り口の セナキルリスズメと共に
d0237353_642640.jpg



コールマンウミウシも 遊びに来てくれました
d0237353_6495389.jpg


ケヤリモが 左から右にたなびいてるのが分かりますでしょうか?

このケヤリモのあるポイントは ナズマドという めっちゃ流れのあるポイントでした。
比較的穏やかな時を狙って潜ったのですが、 それでも流れるときは流れてましたねー


ワレカラが むしゃむしゃ
d0237353_6542752.jpg



この写真でもそうですが、 このケヤリモ、きれいな色を出すために絞り気味、アンダー気味にした方がいいのか
背景としてボカすために 開き気味に撮った方がいいのか、 最後まで分かりませんでした。。


また挑戦したいですねー



八丈島にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-05-09 06:58 | 水中風景 | Comments(8)

八丈島 マクロ写真と イトヒキアジの捕食

ボートを待ってるとき 湾内でなかなかすごいシーンを見ることが出来ました。

イトヒキアジの子供が、キビナゴの群れを攻撃しております


BGMは キビナゴ目線で選択してみました(^^)


そしてマクロ写真
一日目の比較的底揺れの少ない時に撮ったものですね。

ミヤケテグリの咆哮
d0237353_7141680.jpg



コガネキュウセン
d0237353_718620.jpg




イソバナガニのカップル? 
d0237353_718559.jpg



セボシウミタケハゼ
d0237353_7221325.jpg


イソバナのポリプが全部閉じてるわけですが、
あまり刺激を与えないように撮れると、ポリプも開いてきれいになるんだそうです。。

そんなことまで考えたことなかった。。


今回お世話になったコンカラーは 初めてだったんですけど
水中写真の大好きなゲストばかり集まるので 独特の雰囲気があります。

でもそれが刺激的(^^)


オーナー&ガイドの幸太郎さんも 質問すればいろいろ答えてくれて勉強になります。
特にマミさんは コンデジをより一層極めるためのヒントをたくさんもらったみたい。


台風で潜れない時間が多かったから 事務所でいろいろ遊んでもらったんですけど
面白い話が たくさん聞けました。



ゴマちゃん(ゴマハギ幼魚)
d0237353_7263968.jpg



今度は台風のない季節にもう一回行きたいな~
案外近いし、美味しいお店もいっぱいあるしね。



八丈島にて photo by mami (LumixTZ30)  by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-10-04 16:19 | サカナ | Comments(6)

普通種と希少種

結局 翌日朝の判断で 何とかもう2本潜れたんですよ。
でもビーチはさすがにバシャバシャだったので、ボートから。

一日で終わりだと諦めてたので嬉しい誤算だったのですが、
よく考えてみたら 台風が迫ってる中 船で沖に出るって、
結構なアドベンチャーですよね。
d0237353_855156.jpg


まさにドンブラコッコでしたが、
潜ってしまえば 海の中は比較的穏やか。


でもやっぱりうねりが出てますから
海底に身体固定してマクロっていうのは なかなか難しい。

なので泳いでるサカナ



レンテンヤッコって、相当きれいだと思うんですけど
d0237353_855408.jpg


何で誰も見向きもしないのかな?普通種だから?って思ってたら
幼魚は人気の被写体なんだそうで。

その理由が「超臆病でなかなか撮らしてくれないから」

要は、成魚は普通で幼魚はレア(希少種)なのね。



一方、ガイドのコウタローさんが盛んに指差したこのサカナ
ツキチョウチョウウオ
d0237353_856561.jpg


日本の(温帯の)海では稀なんだって。

海の中では「普通のチョウチョウウオじゃないの?」って思ってました。
無知って やーねーー





そしてこの子
d0237353_8563395.jpg


チョウチョウウオの子供にしては顔が黒いな~~って撮ったら シラコダイだって。
あまりに普通過ぎて、フォト派ダイバーにはあまり見向きもされないらしい。

こーゆー普通種を、案外知らないんですよ、素人なので。


でもいいんだ、かわいく撮れたから。




ロケーションごとに普通種とか希少種は違うわけですが、
個人の感覚の中にも 普通種と希少種があると思うんですよね。

誰も見向きもしない生物でも 会えば常に撮ってしまうとか。
逆にみんなが大騒ぎしてるのに、あんまり興味ないとか。



この子も普通種ですね でもキレイでしょ?  キンギョハナダイ 雄
d0237353_857024.jpg


今回一番追いかけたかもしれない。
キンギョハナダイの雌(子供)はよく見るんですよ、オレンジの身体に紫のアイシャドウ。
これはこれできれいなんですけど、雄はあんまり見たことなかったのね。

正確に言うとおそらく目にはしてたんでしょう。でも気にならなかった。

でも近頃 図鑑見てて「キンギョハナダイの雄って、キレイじゃね?」って
突然思ったのね。

八丈島に行ってみたら ザクザクいるじゃないですか!

ならば やっぱり撮るでしょ。
他のゲストは 誰一人追いかけてませんでしたけどね・・

いっぱい撮ったけど、結構シャイで逃げられちゃった。
一番まともなのが上の写真。

もうちょっと背景処理して鰭も開いてる写真が撮りたいので
そのうちリベンジですね。







そして八丈島といえばカメさんです  まだ若い個体ですね
d0237353_8574597.jpg


カメって 「あ! カメだぁ! うれしぃ~~!」 とはなりません。
まー どこの海でも比較的よく会いますしね。

いや、会えればとりあえず撮るんですよ。
でも「ダイビングしない人にとっては分かりやすい生き物だからネタとして撮っとくか」みたいな。

ちょっと不純な動機でカメラを向けちゃう被写体ですね。



逆についつい気持ちの入ってしまう ハタタテハゼ
d0237353_8583475.jpg


この子も、沖縄とか南の海ではたくさんいますね、普通種です。
八丈島でも 決して珍しくありません。

でも個人的にはテンション上がるんですよ~~
初めて見たときの 「なんてきれいなサカナなんだろーー」 っていう感動が いまだ残ってるというか・・

もしかしてレアといわれる他の種類のハゼより ドキドキしながら撮ってるかも・・


というわけでもう1枚  ペア
d0237353_8592277.jpg


この子も今回構図が苦しかったので、またリベンジしたいと思います。


まー結局 好き嫌いの世界なんですよねー(^^;;







八丈島にて photo by nobu (D90) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-29 09:05 | サカナ | Comments(2)

台風 直撃

出発前には
「冷水塊が来てるので、水温14℃~19℃です」 とか
「台風が発生しちゃって、直撃しそうです」 とか。


極め付きは、現地に着いて挨拶した直後に
「ダイビングは今日一日で終わりです。
 あとはどうやって島から脱出するか考えましょう」 って。

d0237353_7332840.jpg

連休はユウゼンで有名な八丈島に遠征したんですけどね。



こんな平常心で潜るのが難しい状況でも
マミさんには 大きな収穫があったみたい。


コンデジにクローズアップレンズを付けると
小さいものがより大きく撮れるわけですが、

被写界深度が 極端に狭くなるので、
ちょこまか動く被写体を押さえるのは 非常に困難です。


「ジャンプ!」  イロブダイ 幼魚
d0237353_7343828.jpg


INONのクローズアップレンズ UCL-330 と UCL-165 の二枚重ねで撮ってます。
お見事 ジャスピン。


こちらも同じ二枚重ねで
「産まれる~」  コガネキュウセン 幼魚
d0237353_7351587.jpg

いやいや、産まれてるんじゃなくて、おトイレ中。
恥ずかしいところを撮られて、目が少し怒ってるように見えるのは 気のせい?


マミさん カメラを地面に固定して、その場からピクリとも動きません。
その粘りが いい方向に導くんだね~

イロブダイの幼魚 アゲイン
d0237353_739169.jpg

でもサカナにとっては 迷惑だったかも。。。
「いつまで撮ってるんだよ」って感じの目で こちら見てますね。


陸に上がってみると 南国の太陽。
d0237353_7392860.jpg


風が強くて 海は白波立ってましたけどね





八丈島にて photo by mami (LumixTZ30) photo by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-26 07:43 | サカナ | Comments(6)