子ブタのレース

GW後半の マザー牧場でのひとこま


見どころ満載、魅力的な被写体だらけの牧場なんですが、

特に子ブタのレースには ハマりました。



コーナーを曲がって
d0237353_23564314.jpg



「おっとっと! ぶつかる!」
d0237353_23564352.jpg




ぶーー!
d0237353_06024571.jpg




うまくすり抜けてー
d0237353_06024110.jpg



「ぼくが トップだよ!」
d0237353_23564464.jpg



なかなかなスピード感  迫力あります。


AFモードは 追尾AF(AF-C)で、エリアモードを 3Dトラッキングかダイナミック25点、
AFロックオン、横切り設定を「鈍感」、被写体の動きを「ランダム」にして 高速連写。

動きが早くても エリア内に被写体を捉えられれば、かなり歩留まりよく捉えてくれます。



いろいろいじってカメラ設定で遊びながら、 子ブタちゃんの表情がかわいくて仕方ない。





「ぶひょーー! 走るの楽しぃーー!」
d0237353_23564524.jpg




一歩ずつ、大きな耳が 目をふさぎます。


「前が見えない」
d0237353_23564547.jpg




全力疾走するブタちゃんだけじゃなく、マイペースでとことこ歩く子も

何レースか見てたんですけど、走るのが大好きな子とマイペースな子は決まってましたね。



この子は いつも寄り道しながら ゆっくりゴールに向かいます。


「でも 楽しいよ」
d0237353_23564573.jpg


なんか 笑ってるみたい(^^)





千葉・マザー牧場にて photo by nobu ( D500 + 80-400mm )

写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!   
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2017-05-20 11:55 | 動物 | Comments(6)

珍しいカリヤウミウシと いつもの子たち

はじめて見ました、 カリヤウミウシ
d0237353_20364618.jpg


宮川湾では 2008年以来だそうで、 当時は 「ワギュウウミウシ」 という呼び名だったそうです。


2008年って、自分たちがCカード取った年じゃないですか!



すごく小さいウミウシ

今藤さんが一生懸命 指さしてくれたんだけど、 どこにいるのかさっぱり分からなくて。


ファインダーで覗いてみて 「?? この白いゴミ粒かな?」って写真を撮る感じ。

d0237353_20364652.jpg


見たことありそうで、なかったですね。

それにしても 水中でよく分かるよなー、さすが ウミウシLOVEのガイドさん。






今回 ダンゴをじっくり撮るダイビングだったので あまり動き回らなかったんですね。

なので 周りにいる いつもの子たちを たっぷり撮りました。


コケギンポ
d0237353_21562637.jpg


最近 野鳥を撮る機会が多かった影響で、ISOをいろいろ変えて撮ってみました。


野鳥撮る時って、SSをやたら速くするので、すぐ暗くなっちゃう。
なので、ISO感度を大胆に動かすんですよ。

水中でのISO感度の役割は 陸上のそれとはちょっと違うけど
上の写真のなんかは ISOを大幅にアップさせて撮ってますね。



ハナタツ
d0237353_21562501.jpg

こちらもサイドから強い光を当てて、ISO高めで。



ヒメオオメアミ
d0237353_21562515.jpg


この子たちは初夏に出てくるイメージがあったけど、結構いましたね。


AFじゃ無理なので、 置きピンで狙い撃ち。




三浦・宮川湾にて photo by mami ( D7100+105mm ) by nobu ( D90+60mm )

写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!   
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2017-05-17 00:41 | ウミウシ | Comments(2)

あくびダンゴだけじゃないよー、宮川湾の海

じっくりダンゴさんを撮るダイビングでしたけど、

ダンゴさんに向き合ってるのは、45分のダイビングタイムの中の 15~20分ぐらい。




それ以外の時間にも いろいろな魅力的な被写体を 紹介してもらいます。



サガミリュウグウウミウシ 緑抜き
d0237353_21563274.jpg


オーラありますよねーー  「レア」 とか 「かわいい」 って云うんじゃないんだけど

なぜかいつも 「どうにか『絵』にしたい!」って気持ちにさせられます。


鮮やかな色合い、アクティブな動き・・・ とても気になるウミウシです。





そして キヌバリの思春期


子どもの大きさじゃないんだけど、胴体が透き通ってるんです
d0237353_21562627.jpg

なので思春期  中学生ぐらいかな? 難しい年頃なので なかなか寄って来てくれませんでした。

でも ちょっと 笑ってるでしょ??





キヌバリくん、頭が黄色かったり、そうでもなかったり
d0237353_21562492.jpg


宮川湾では なぜかキヌバリの子供はなかなか見ません。

同じ三浦半島の葉山とかにはたくさんいるのに。



いつもいるのは この子です


チャガラ
d0237353_21562464.jpg


初夏に向かって、チャガラの子どもも 増えてくるかな?






三浦・宮川湾にて photo by mami ( D7100+105mm ) by nobu ( D90+60mm )

写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!   
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2017-05-12 07:44 | サカナ | Comments(2)

ダンゴウオの あくび写真ばっかり

GW前半は 三浦・宮川湾でダイビング

外は快晴で気温も25℃以上ですが、水温は14℃で まだ冷たい。。


今回はビデオの方が一緒だったので、「ひとつの被写体をじっくり撮りましょう」というダイビング。

まだ頑張ってくれてるダンゴウオと たっぷり向き合ってきました。




真正面から 「あーーん!」
d0237353_08120124.jpg


「じっくり粘れる」 ということは 「おもしろいシーンに出会えるかも」 ということで

今回は あくびするまで 待つことにしました。



一回の撮影で 5分~10分、これを 3人で回してたので

あいだに何回かあくびをしてくれました。



背景飛ばし気味で 「あーーん!」
d0237353_08120106.jpg



今回のダンゴウオさんたち、 岩の壁ではなく、小さな根の上のエツキイワノカワの上に乗ってくれてたので

比較的 背景が抜きやすかったです。


すると 気になるのが 「マリンスノー」と 「背景の明るさ」



特にマリンスノーについては 今更!?って話なんですが、

じっくり向き合う時間があったので、ストロボの向きとか ライトの当て方とか いろいろ工夫して撮ってみました。




ミウラ・グリーンで 「あーん!」
d0237353_08120159.jpg



上の写真見ると分かるとおり、カエルアンコウのあくびもそうでしたが、 

一部のサカナたち、大口開けると 口の一部が飛び出します。  これはイワシとかもそうですね。



口の一部が 「あーーん!」
d0237353_08120066.jpg


そしてダンゴウオの場合、 このあくびは 本当に一瞬です。

カエルアンコウも一瞬ですけど 連続写真的に撮れたのですが、 ダンゴウオはそれよりも短い。


次の瞬間には もう閉じかけ
d0237353_08120193.jpg

この表情も 充分かわいいけどね。





三浦・宮川湾にて photo by mami ( D7100+105mm ) by nobu ( D90+60mm )

写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!   
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2017-05-09 11:46 | 水中風景 | Comments(8)

GWは好きな被写体を撮りまくり

夫婦二人とも 写真・カメラが趣味なんですけど、入り口は水中写真です。


「写真・カメラが趣味」と一口で云っても、好みの被写体によってまったく別の趣味になっちゃうのが面白いところで、
分野が違うと、プロの写真家でも 「そっちはよく分からない」ってことがよくあります。

そりゃ そうでしょう、被写体によって撮り方が全然別ですからね。
場合によっては、「道具」が違う事もありがちです。


「プロで飯食うぜ!」となったら 一つの道にのめり込まなきゃなんでしょうけど、
アマチュアの場合はそんなの関係ないと思います。

好きなもの、撮りたいものを撮ればいいと思ってます。



というわけで、撮ってて面白い被写体は われわれ夫婦の場合、
「かわいい水中生物(特にマクロ)」
「動きのある鳥や動物」
「飛行機、鉄道などかっこいい乗り物」。

そしてこのGWは これら二人の好みの被写体を求めてさまよう旅行に行ってまいりました。



まずGW前半は 三浦で水中写真。


1月以来、3か月ぶりのダイビング。
まだダンゴウオがいてくれてて よかった(^^)
d0237353_21315550.jpg


キヌバリの中学生が まだスケルトン・ボディでいてくれました
d0237353_21315631.jpg



あいだの 二週目あたまの平日には仕事をして、後半は 千葉のマザー牧場まで遠征。
牧場(まきば)の動物たちのかわいい姿を撮ってきました。



この子に会いたかった、コリデール(たぶん)
d0237353_21315615.jpg




子豚のレースも 動体連写好きの我々の心をくすぐる被写体でした
d0237353_21315656.jpg




その日は君津で泊まって、翌朝アクアライン経由で移動して羽田空港で 飛行機写真



この季節には珍しいと思います。 富士山が見えてました。
d0237353_21315666.jpg



第2ターミナルに移動すると、

スカイツリーと ベトナム航空の飛行機
d0237353_21315696.jpg



2日目は大井町に泊まって、翌朝は城南島公園へ

迫力ある飛行機が撮れます
d0237353_21315733.jpg



そして昼過ぎからは すぐ近くにある東京港野鳥公園へ


最近のトピックスは この子たち

コチドリくんと・・・
d0237353_21315718.jpg





コアジサシくん
d0237353_21315747.jpg



日々毎日、いろんな好きな被写体を撮りまくる、って企画は 大変面白かったです。

結局 後半の2泊3日だけで、二人で3,000枚近く撮りました(連写が多いので)
選別やら整理が大変なのかなと。



そんな訳で、しばらくこれらの写真を整理しながら アップしていきます~~。





三浦・宮川湾、マザー牧場、羽田空港、城南島公園、東京港野鳥公園にて 
photo by mami&nobu ( いろんなカメラ、レンズ)

写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!   
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2017-05-05 22:57 | 水中生物 | Comments(4)