小さなハゼ いろいろ

個人のスケジュール的に 前半は静かに始まった 1月でしたが
後半に入って 連日宴席が。。


ブログの方では 年末の座間味の写真が続きます。


ヒレシャコガイとセボシウミタケハゼ
d0237353_9531849.jpg


シャコガイのきれいな外套膜がバックの場合、 目線の高さより、真上から撮っちゃったほうがいいのかな?

とにかくよく動くので、思ったようなシチュエーションで撮るのが 難しかったです。




アカメハゼ  レントゲンバージョン
d0237353_9562236.jpg



いれば撮っちゃうアカメハゼ


サンゴの先に止まってるのは何枚も撮ってるので、 飛んでるところをつい狙っちゃいます。


そしたら こんな感じ

アカメハゼの子供  真正面は なかなか向いてくれない
d0237353_9593412.jpg




さて こんな小さい子も

ホシクズベニハゼ
d0237353_1004811.jpg


頭の上の模様が 「ホシクズ」の由来でしょうか?

ここのきれいな模様を際立たせるためには 真横からより、 ちょい斜め上から?
それとも真正面の ちょっと上からなのかな?

正面に回り込もうと思ったら 逃げられました・・・




最後は卵を守る ホソガラスハゼ
d0237353_1034375.jpg


優しいまなざしで 一生懸命 卵を守ってます

・・・・・・・

って見えるでしょ!?

でも 全然そんなことないの。 


なかなか卵のそばに行ってくれない。 つまり 全然守ってないおサカナでした。

なのでしばらく粘って やっと撮れた写真です。





座間味にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-01-21 10:09 | サカナ | Comments(10)

ハナゴンベの子供がかわいい

年明けから芸能ニュースはすごい事になってますが。。。


と、 そんな事はまったく関係なく、 壁ぎわを漂う ハナゴンベの子供
d0237353_1751246.jpg



ブリーフィングでは 「だいぶ育っちゃって、中学生ぐらい」ってことでしたが
大人の大きさに比べると まだまだ小さくて かわいい個体でした。


小学4~6年生ぐらい、ってイメージかな。   って、 あまり変わらんか(^^;;


子供のハナゴンベを見たのは初めてだったんで 夢中で撮っちゃいました。


105mmで引き付けて・・・
d0237353_2083056.jpg



この子達は 大人もそうですが、根の壁ぎわにお腹を向けて ふわりふわりと漂ってます。

なので、「あ、いた いた」って普通に撮ると、 ゴツゴツした岩の壁を背景に、背びれ方向からの写真になって
このサカナの綺麗さやかわいさが まったく表現できないわけです。

「少しでも身体の側面からきれいな模様を撮りたい!」 「背景をきれいに抜きたい!」って思ったら
岩壁に張り付いて狙うしかない。


それでもこれぐらいの子供になると ほんと壁にくっ付いてますから、なかなか難しいものがあります。。



少し開放にして 寄ってみた
d0237353_18124614.jpg



ハナゴンベ特有の鮮やかな色を出したければ 絞った方がいい。
でも、背景を明るい色で抜こうとすると 自然光を入れなきゃいけない、、ということは・・


岩壁にへばり付きながら 窒素でうまく働かない頭の中でいろいろ考えるのが また面白いんだな~~


ま、この楽しみは 水中写真やってる人しか分からないと思いますケド。。






座間味にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-01-15 18:52 | サカナ | Comments(4)

120分潜って ダルマハゼspを撮る

ダルマハゼsp 子供
d0237353_19513594.jpg



この黄色い色から、アカネダルマハゼなんじゃないの?と思うわけですが、

この子 住んでるのは ハナヤサイサンゴ属の枝の隙間。



アカネダルマハゼがいるのはトゲサンゴ属で、ハナヤサイサンゴ属には住まないんですって。

一見似てるように見えても、いる環境の違いですぐ分かるんだそうです。


顔のアップも~
d0237353_19534116.jpg



アカネちゃんより ヒゲが少なくてツルンとした感じ。 ちょっとメラメラも入ったりして。


真横から~
d0237353_20104275.jpg






そして大人になると、今度はヨゴレダルマハゼとの区別がややこしくなります。

ダルマハゼsp 大人
d0237353_209591.jpg



まず 普通のダルマハゼ、ヨゴレダルマハゼの区別ですが、

下半身が黒いツートンカラーなのは一緒で、違うのは 顔に生えてるヒゲ。

ヨゴレダルマハゼの方が ヒゲが少なくてツルンとしています。



でー、 ダルマハゼspはヨゴレダルマハゼと同じ、下半身黒でヒゲ少なめなのですが、

お顔が 子供の時みたいに ちょっと透明っぽい感じ?




ここら辺、大人は水中ではちょっと見分けがつきませんでした。

なので、「ダルマsp大人かな?」って撮って、後で見ると単なるヨゴレダルマハゼだったりします。



多分これは 普通のヨゴレダルマハゼですね
d0237353_2012428.jpg








実はこれ、前回のグリーンのシムランス撮った時と同じダイビングだったのね。

シムランスもかなり粘ったし、このダルマspもかなり粘って、

他にもいろいろ目白押しだったので、結局120分も潜ってました。


しかもこの日1本目のダイビングだったので、平井さんは「予定が狂った~!」って言ってましたよ。








座間味にて photo by nobu ( D90 ) by mami ( D7100 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-01-09 20:13 | サカナ | Comments(4)

シムランスの瞳で あけましておめでとうございます 

あけましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いします m(. .)m


ということで、 今年一発目の写真は グリーンのシムランス!
d0237353_1605528.jpg



年末 28日お昼まで仕事して、片付け、 その日20時羽田発で那覇に飛びまして、
翌29日~31日朝まで座間味、31日夜に実家に帰省と、 弾丸ツアーで潜ってきました。


座間味では 前日まで数日は修行のように寒かったということでしたが、 
われわれが潜った二日間は比較的暖かく、 気持ちのいい潜り納めができました。



今回もいろんなものをじっくり撮ったんですけど、 一番はこの子だったかなと。



グリーンは珍しいんですよ たぶん
d0237353_20371435.jpg



体長は 5mmはないかな、 3mmぐらい。 

ふわふわ泳ぐからこっちも気付くけど、 じっとしてたら 藻やらゴミなんかと見分けが付きません。


普段よく見るのは、茶色とかグレーとかが多いんですが、 この子はきれいなグリーンで、 
ライトやストロボが当たると キラキラ輝いてきれいでした。



普段はこんな感じね、 オスの個体
d0237353_16133271.jpg


これは ↑ なんだか貧相で寒々しいけど、 普段はもっと もけもけ いろんな物付けて擬態してます。

でも この姿は エビっぽいですね。



そうそう、エビの仲間を確認できる写真として、 こんなのはいかがですか??


シムランスを 正面から。。。
d0237353_16172038.jpg



105mmで撮って トリミングもしています。 白い点々が 目ですね。


この写真を もっとトリミングして、シャープネスかけると。。。
d0237353_16183130.jpg



シムランスの目って、こうなってるんですね~~

この赤い線、やっぱりエビの仲間なんだな~ って感じです (^^)





座間味にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2016-01-04 16:26 | エビ・カニ | Comments(10)