クマドリカエルアンコウのあくび 連続写真

今年の三浦半島の先端、宮川湾のクマドリさんは 3匹

まだちゃんと定着してくれてて、 今年は長いこと楽しめてます。


「忙しい、忙しい」と言いつつ、時間が出来れば会いに行ってるので、 いろんな写真が撮れて 楽しい(^^)



これは少し前の写真です・・


はい、 普通の顔ですね。
d0237353_11152770.jpg





お! 口開けた!!
d0237353_1116062.jpg



慌ててシャッターを切ります。


もう少し アーン
d0237353_1117144.jpg



撮りながら 「ピント、来てるよね、こんな瞬間、ピンボケだったら 泣くに泣けないぞ」と思いつつ・・



ガバーー!  MAXです
d0237353_11354413.jpg


口というか顎というか、身体から外れちゃってます。



そして面白いのが 次の写真


あむ?
d0237353_1140685.jpg



風船がつぶれた後みたい。  くしゃん!って感じです。


これぐらいの子供は よく動くし、口もパクパクすることが多くて、動きに愛嬌があります。

なので動画も面白いかなーと思って、一眼レフで動画撮ってみたけど、
明るさの調節が難しいですね。

あと、ちゃんと固定しないと、見られたもんじゃない。

陸上でもやってないことは 水中では当然出来ない、ってことで
少し調べてみようかと思います。




三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D90 ) 


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-11-25 11:48 | サカナ | Comments(6)

紅葉のマクロ写真

「夏のなごり」  (なんちゃって)
d0237353_11214023.jpg




前回の記事と同じ日です。 前回はいわゆる「風景写真」ですが、 今回は「マクロ写真」で。



風景写真は 風光明媚なところに行けば それなりの写真が撮れますが、
(細かく云えば、そうとも限らないけど)

マクロ写真は、場所関係なく、撮り手のセンス次第で 写真がガラリと変わります。


d0237353_11322728.jpg



こういう、被写体をアップにした「マクロ写真」に関しては、
完全に嫁さんの方が上手いということを 旦那である私は自覚しているので、

最近はこういうお出かけの前には、 「師匠、明日はどのカメラ、レンズをお使いで?」とお伺いを立てるのです。

すると 「うむ、 明日は焦点距離100mm以下では撮らないつもりじゃ」 とおっしゃるので、
「ははーーっ! では D750と 105mmマクロ、70-200をご用意させていただきます」 とひれ伏すのです。



師匠、 相変わらずの出来栄えで
d0237353_11424138.jpg



冗談はさておき、 フルサイズのボケ味は、本当に素晴らしい。

例えば105mmのマクロレンズをフルサイズ機につけた場合、
撮れる範囲としては APS-C に60mmマクロをつけたぐらいの範囲なんでしょうけど、
同じ範囲を撮っていても 当然ながら出てくる絵は まったく違います。

ボケ味が違うので、立体感が桁外れで、
もーね、 APS-C の時は 被写体ばかりやたらアップにしたがったけど、

フルサイズにしたら トリミング無しの撮って出しが美しいというか、全部を絵として味わいたい感じ。


そんな訳で、最近は外で撮る時、マミさんに D750 とマクロレンズや望遠レンズを持たせて
自分が D7100 と標準~広角サイドのレンズを持って 出かけています。

高麗川に 曼珠沙華を撮りに行った時なんかも そのラインナップでしたね。



d0237353_11581247.jpg



水中でも D7100+105mmマクロがマミさんで、 
D90+60mmマクロ または AT107fisheye が自分という構成で潜ってます。

もしかしてフルサイズを水中に持ち込むようになるとすると、
フルサイズ+105mmマクロがマミさん、 D7100+60mmマクロが共有、D90+AT107fisheyeが自分
という感じになるのかなー、なんて。


まあ、水中にフルサイズ持ち込んで、一眼レフ3台を持ち歩くようになると 荷物だけで恐ろしいことになるので
おそらく実現はしないと思いますが。。。

する可能性が 0ではないというところが ちょっと怖いのねー


d0237353_1255491.jpg



今回の紅葉マクロは マミさん的にイマイチ納得しなかったみたいで、
例によって 私が公務(という名の雑用)で出かけてる間に 近所の「ふかや緑の王国」に行ってたみたい。


冬になっちゃう前に 載せようとは思ってますが、
写真整理の時間がないので どうなることやら。。。




長瀞・秩父にて photo by mami ( D750 ) 


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-11-21 12:13 | 陸上風景 | Comments(2)

秩父の紅葉

昨年は 「紅葉を撮りにいく!」って事は しなかったんですね。

なので、今年は何処かには行こうと思ってました。


相変わらずいろいろ用事は入ってくるのですが、 合間をぬって、 秩父の方へ。


長瀞の金石水管橋から
d0237353_1429854.jpg



秩父の長瀞は岩畳で有名ですが、 
荒川の河原に地殻変動で隆起したさまざまな奇岩が横たわって、独特の景観を作りだしていますので、  
「紅葉」-「岩肌」-「荒川」を入れて 撮ってみました。



こちらは 浦山渓谷の入り口   テーマは  あくまで 「紅葉-岩肌-荒川」です(笑
d0237353_15124932.jpg



秩父の奥の方、三峰とか中津峡とかは スケールの大きな風景が広がりますが すでに終わってまして、
秩父の街なかに近い浦山ダムの上の方が かろうじて残ってる程度でした。


浦山渓谷にて
d0237353_15163775.jpg



浦山ダムで堰き止められた さくら湖にも 荒々しい岩肌のむき出しになってるところがあります
d0237353_1518757.jpg



この日はあいにくの曇り空  なので、空をなるべくカットして 構図を作ります。


この橋も 「日差しがあると 何倍もきれい」 というのは、 駐車場にいたおじさんの言葉
d0237353_15201344.jpg



晴れてる日に来たかったな。



ダムのそばには 鹿?
d0237353_15222149.jpg


ちょっと物悲しい感じ    秋だねぇ。



夕方から打合せがあったので 駆け足で回りましたが、 「山と自然と紅葉」は味わえたので
 
今度は 「古い建物と 紅葉」がいいかな。

すると 京都は無理だから、 鎌倉あたり?


しかし そんな時間は取れるのか??




長瀞・秩父にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D750 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-11-17 15:52 | 陸上風景 | Comments(4)

忙しくて困る

この6月から業界団体の役職を うっかり引受けてしまってから、 妙に忙しくなりまして。

仕事以外の休日が結構つぶれて、留守にしてる間に マミさんのカメラの腕が上達してるって話しも書きましたが・・



フリソデエビ君  「へぇ~ それは大変だねぇ」
d0237353_0192694.jpg




休日は 木曜・日曜・祝日で、 まー 普通なんですが、
ここにきて、 休みのはずの木・日に連続して会議やら事業やら講習会やらが入ってきて、 
結果 休みないんですけど。



モンツキベラ幼魚君  「ほう ほう、 それはお気の毒に」
d0237353_0255683.jpg



10月に3週連続で三浦に行ったのは、 11~12月の日曜日は ほぼ全滅になるから、ってのもあったのです・・


かつていろんな団体で役職もさせてもらったけど、 休日をこれだけ侵食する団体も珍しいですよ。



ニセカンランハギ君   「ねー ほんとうにそうですよねーー」
d0237353_0324985.jpg



自分が出てる集まりは 地域の業界団体から 出向という形で 県単位で集まってるんですが、
周りのみなさんはどんな感じなのかといいますと、

今回初めて出てる方々は みなさん口をそろえて 「なんじゃこりゃ?」と。  
これだけ休日つぶされれば、そういう反応になりますわな。

県組織の中にも いろんな部署があるのですが、 自分の出向してるところは 極端に忙しいみたいです。



フリソデエビ君 再び   「そりゃー 大変ですなぁー」
d0237353_0385839.jpg




ところが 何年も前から出てるベテランのみなさんは、みんな喜んで出てきてるわけです。

これ、その昔所属してた 「J」 とか 「Y」 からはじまる某団体に似てるなと・・



なんだか嫌な予感がしたので、地元の方に 「こんな具合なんですけどー!」って訴えたのです。

そしたら 「まぁ、まぁ、まぁ、 無理せずに、全部に付き合わなくていいから」 となだめられました。



もしかして、 ハメられた・・?


ヒメオオメアミ君   「あーー それは やられたかもしれないねーー」
d0237353_0521252.jpg



こういう場合、 後ろ向きになってると どんどん負担になっていって 嫌になっちゃうので
逆に積極的に出ていった方がいい、ってのが 経験から得た教訓なんですが、

そうすると、気が付いたときにはどっぷりハマって、 毎回喜んで出てきてる先輩方みたいになってしまう、ってのも

これまた 教訓なのです。。


後ろ向きでつらいのも嫌だけど 、飛び込んでハマるのも 面倒なんだよなーー


アー悩ましい



さて、 三浦の海で初めて見ました  オシャレカクレエビ
d0237353_144168.jpg



南の海の 白いサンゴの砂の上では 透明な身体がきれいなんですが、

温帯の岩場とか 黄土色の砂の上では なんだか 違和感がありました。。




三浦・宮川湾にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-11-08 06:50 | エビ・カニ | Comments(6)

三浦に行ったら 生シラス

生シラス、 昔 海の家的なところで食べたことありましたが、 その時は そんなに美味しいもんじゃないなと。
釜揚げとか天日干しにしたシラスのほうが、 味わい深くて美味しい気がしておりました。


まぁ、それには訳がありまして、 生シラスが美味しく食べられるのは 水揚げしてから12時間以内。
朝上がってきたら、夜までに食べた方が 美味しく食べられます。


その鮮度の生シラスは なかなかお目にかかれませんね
d0237353_1220693.jpg



これね、 めちゃくちゃ美味いです。
生姜醤油でそのまま食べてもいいし、 海苔と酢飯で 生シラス丼とか。  もーたまらんですよ。


いくら産地とはいえ、行けば必ずあるわけではなくて、 どっちかというと 無い方が多い気がする。
野口さんの知り合いの漁師さんに 朝 電話かけてもらいます。

「今日 シラスは? 海が時化てて 漁に出てない?  nobmamiさん、無いってー」 とか
「今日はあるの? 漁には出たけど 全然獲れなかった? あ、そ」 みたいな。


三崎の市場にも並んでるのかな? 市場のは 朝獲れだと思うけど、スーパーのは ちょっと怪しかったかな。。
まー漁師さんダイレクトの方が 確実です。


3週連続で行った時は、 2勝1敗で、 生シラス、 満喫させていただきました。

もー クマドリ目当てだか、 生シラス目当てだか分からない状態だったりして。


というわけで、 クマドリでも生シラスでもないおサカナの写真を 少々。

やっつけで撮られて 少しスネてる オオスジイシモチ
d0237353_12343073.jpg



出始めは喜んで撮ってたけど、 だいぶ大きくなってきちゃった コガネスズメダイ
d0237353_12385470.jpg



これも普段だったら 喜んで撮りまくるんだけどね~  ヤマドリ
d0237353_12424851.jpg


ヒレ開いて 良い色してるんだけどね。
もっとちゃんと撮ればよかった。。


これはトオシマコケギンポではないのかな?  歯が随分立派な気がするんですけど。
d0237353_1245351.jpg




三浦に行く時は 朝5時ごろ出発するんですが、 炊飯器のタイマーをセットしていくのです。

何故かというと、 これ   生シラス軍艦
d0237353_12511356.jpg



シラス丼もいいけど、 軍艦は楽しみが持続するのよ、 「あ、まだある!」みたいな。


もちろん生シラスが無い時の方が多いので、
その時は 三崎のマグロの切り落としを 安く買ってきて、鉄火巻き作ります。

鉄火巻きなら 安いマグロでも充分美味しいからね。


生シラスが無いときの保険でマグロとかって、 本末転倒かな?(笑



三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D750 D90 ) by mami ( D7100 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-11-04 12:59 | サカナ | Comments(2)