口を尖らせた かわいい子たち

9月の連休、 一日は巾着田で曼珠沙華(まんじゅしゃげ)を撮りましたが、

次の日からいつもの三浦・宮川湾に泊りで。

天気が良くって、水温も高く、 台風のうねりがやや残っていたものの、
透明度も潜るたびに良くなってきて 快適なダイビングでした。


夏のなごり
d0237353_11341475.jpg


もうだいぶ大きくなっていて、ギリギリかわいいといってもらえる感じですね。



こちらはもう誰も見向きもしないステージの子  
d0237353_1136866.jpg


高校生? 大学生ぐらい?

まだ子供の頃の面影を残して、大人になりきってない段階。



この子は小さいよ~~ 
d0237353_11405773.jpg


あまりにかわいくて、しばらく突き刺さっちゃいました(^^)




この子もーー 尖ってるってちゃー 尖ってるかな?
d0237353_11434448.jpg



夜はいつもの面子で地場の寿司屋さんで飲み会。

美味しいお刺身やお寿司がたくさん出てきて、大満足だったんだけど
みんな酔っ払う前に お腹いっぱいになって 眠くなっちゃった。


もーー 年寄りですよ。






三浦・宮川湾にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-09-30 11:55 | サカナ | Comments(4)

高麗(こま)の里  巾着田に行ってきた

連休は天気に恵まれて みんな出かけたくなりますわな~ あちこちですごい渋滞でした。

そんな連休の一日は 曼珠沙華を撮りに 日高の巾着田に。



曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 別名 彼岸花ですね。
d0237353_1282641.jpg



近所の河原にも自生しておりますが、ここでは思いっきり群生しております。



「高麗の里に巾着みたいな形をした観光地がある」ってのは知ってましたが、
この時期にお祭り的なものをやるぐらい 曼珠沙華押しだってのは 知りませんでした。

d0237353_1295263.jpg



同じマンションのよく話しかけてくるおばさんが 「奥さん、巾着田、きれいよ~~」って教えてくれたんだって。


さ~~て、曼珠沙華、つまり彼岸花、 毎年河原で咲いてたのは知ってましたが
どうやって撮るのか、まったくイメージが浮かばなかったので、あえて 放置してました。


しかし折角群生地に行くんだったら、どうやって撮りましょう?? ってことで 
撮影前日恒例の 「どっちが どのレンズとカメラを使うか会議」 を開きまして、

「マミさん最近フルサイズのマクロ撮影が冴えてるから、アナタ、D750を持ちなさいよ」 と提案しました。

オレって 大人だなぁ~~


そしたら こんなマクロ写真

とろける トンボ
d0237353_12125589.jpg



マミさんは D750に 105mmマクロと タムキュー(Tamron90mmマクロ)と 70-200mm(A001)を選択


最近のわが家のブーム 水滴を タムキューで
d0237353_1216625.jpg



あえて 70-200mmを使って つぼみの彼岸花を マクロチックに
d0237353_1220689.jpg




さて旦那の私は マクロ写真で 嫁さんには到底敵わないという自覚がありますので
広めの画角で挑戦してみることにしました。



朝の光   D7100と Tamron17-50mm(A16N)にて
d0237353_1222459.jpg



横の構図は難しい
d0237353_12245320.jpg



だだっ広いところに ワサッと生えてるのではなく 木々の根元50cmの高さで生えてるので
広い画角では 木の幹や葉とのバランスで 構図の据わりのよさが決まってきます。


ここでは三脚立てたカメラマンが たくさん群生してました。
d0237353_12285184.jpg



現地に向かう道は大変混み合うってことで 朝7時過ぎには着くように行ったのですが、
道路こそ渋滞してなかったものの、すでに ものすごい人出でした。


木の幹にも 生えてます
d0237353_12343939.jpg





目線を下げすぎるのも 良くないのかな? なんて思ってみたり・・・
d0237353_12293538.jpg


そんな試行錯誤しながら散歩してるうちに 太陽も高くなってきて、日差しも強くなってきました。

すると 日なたの花の色は淡くなるし、葉っぱは白っぽくなるし、日陰は暗くなるしと、
条件がどんどん厳しくなってきます。


なので 70-200mmを借りて 川面の玉ボケと 彼岸花
d0237353_12373429.jpg


う~~ん、 これぐらいの画角の方が イメージしやすいんだよなーー




というわけで 最後はお口直しに マミさんのマクロ写真を 


水滴と 反射した玉ボケ
d0237353_12471424.jpg



ちなみにこの水滴は 朝つゆ・・・ではなくて 霧吹きシュパシュパです
旦那が 霧吹く係りで、 人が行き来する中、座り込んで撮っておりました。

水中写真でもそうですが、 撮影現場の様子は 画面の華やかさ、静けさとは真逆の場合が多いですね。


白い曼珠沙華も 美しい
d0237353_12513152.jpg


背景の微妙な色加減は、 実は見物客の洋服の色なのです。




時間が経つにつれ どんどん人も増えてきたので この日は午前中で撤収、 

昼過ぎにはお家に帰って シャワー浴びて 窓全開で ビールを 「プハー!」


休日を満喫しましたよ。




日高市・巾着田にて photo by mami ( D750 ) by nobu ( D7100 )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-09-25 12:57 | 陸上風景 | Comments(7)

旦那が留守の間に 嫁の腕がメキメキ上がっていく件

個人的な近年の目標として 仕事やら周りの事をどんどん減らしていくつもりだったのですが、
業界団体の役職を つい引き受けてしまったら、 それが エライ忙しくて、ちょっと予定が狂っております。

仕事以外の休日は ほとんどそっちの用事で引っ張り出されてるので、 結果 家にあまりいません。


すると嫁は グレるわけですね。



グレて何をするかというと、 マクロレンズ付けたカメラを持って そこら辺を徘徊するようになります。


グレた結果
d0237353_5322854.jpg




ボディは D750   フルサイズのボケ味に ハマったみたいです。


とろけるトカゲ
d0237353_5355911.jpg



トカゲとか 気持ち悪くないの? って訊いたら、 海の中のヘビギンポに見えたんだって。



セミも苦手なくせに
d0237353_538146.jpg


マミさん曰く 「これは背景がイカン」と




トンボにも 寄れてますね~~
d0237353_539673.jpg


トンボは 蝶よりも一か所にとどまる時間が長いんだって。  ベニハゼみたいに戻ってくるそうです。


なんだか 生態も把握しながら 撮ってるのね。。。



生き物以外でも こんな感じ。。。

d0237353_5405950.jpg



写真雑誌も いろんな種類の買ってきては 研究に余念がないみたい。


水滴にもハマってます
d0237353_5413110.jpg



蜘蛛の巣は いろんな想像力を広げてくれる被写体なんだって
d0237353_5422387.jpg




「亭主が元気で留守がいい」って 変なことされても嫌ですが、

こんなにメキメキ腕をあげられても ちょっと 焦るんですけどね。




そこら辺にて photo by mami ( D750 ) 


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-09-21 05:44 | 陸上風景 | Comments(4)

夏の石垣島といえば ナカモトイロワケハゼ?

夏の石垣島といえば 自分の勝手な印象ですが、 ナカモトさん。

夏にはネイチャー石垣島のログに連日のように掲載されますし、

おそらくここで撮影されたであろう ナカモトさんのいろいろな写真が、
各種ネイチャー系フォトコンで入賞したり、写真展で展示されたりしてるのを目にしますので。。


米原ビーチ沖のポイントの中に 「ナカモト団地」ってのがあって、 
水深37mの砂地に ナカモトさんがお住まいになってる瓶が、 
ほんと、 団地のように たくさん並んでるんです。



この季節は 卵と一緒に撮れます
d0237353_14493853.jpg


なんだか どこかで見たことあるような写真ですが。。。。





水深が深いので、その場に居れるのが 10分ぐらい。
いろいろなナカモトさんを じっくり撮るわけにはいきませんので、3人ぐらいずつ現場に行きます。

で、潜る前に 「卵と撮りたい人は?」とか 「青い瓶のは 1匹だけいます」とか
あらかじめリクエストを聞いておいて、 ガイドさんが 現場で采配してくれるのね。


青い瓶! ってリクエストしたけど、 行ってみたら妙にシャイで、
これぐらいしか撮れずに 撃沈した子
d0237353_1583872.jpg


これについては 「どこかで見たことある写真 以下」 ですね。。
バックライトとか いろいろ試す時間もなかったです。。。残念



マミさんはこの時 60mmレンズで。
別の個体でしたが、 卵に寄り添ってくれなかったみたい。

よそよそしい 親子
d0237353_15423937.jpg



母親は すでに卵を持ってるみたいですね。

瓶に付いてる卵も まだ産みたてっぽいですし、
もしかしたら他人の子なのかな?


卵と 真正面顔
d0237353_15442929.jpg



深いところは いまだにキンチョーするし、 たぶん撮ってるときも 平常心ではないんだろうな。。

あとで見返すと 打率が著しく悪かったり、 あーすれば良かった的な反省点が たくさん出てきます。




石垣島にて photo by nobu ( D7100 + 105mm ) by mami ( D90 + 60mm )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-09-17 06:38 | サカナ | Comments(2)

撮るのがムズカしい サカナたち

マンタスクランブルで マミさんがマンタそっちのけで粘ってたのは この子

ツバメタナバタウオ
d0237353_2304890.jpg



この子は暗い岩の隙間で ふわ~~っと漂っていて、

暗いからピントも合わせにくいし、 かといってライトを当てると奥に逃げるしで、
撮影が難しいサカナとして有名です。


ほぼ1ダイブ この子で粘ってたので、 1枚だけじゃもったいないので 何枚か(^^;;

d0237353_23453380.jpg



まーまー ピントが合ってるのは何枚かあったけど、身体の向きがね~~
なんか そっぽ向いてる感じなんだよね~~


これなんか マシな方かな??
d0237353_23455540.jpg




「いつまでも おいらばっかり撮ってないで マンタでも見なさい!!」
d0237353_23104198.jpg



あーあ、怒られちゃった。



さて、この子も 難しいサカナですね、 ルリホシスズメダイの幼魚
d0237353_23125045.jpg



ルリホシの幼稚園児サイズは 飛び切りカワイイけど、ものすごく怖がり。 
すぐ岩陰にかくれて、撮るのが至難の業です。


この子は 小学生ぐらい? 粘れば何とかなるかも、って感じでしょうか?
d0237353_23151585.jpg



背景やポーズ、表情もハマると、嬉しいでしょうね~~



今回一眼レフ持った女性ゲストが マミさん含めて 3人いたんだけど、
女性陣は みんな すごい集中力でした。

ほんと、モノにするまで ず~~っと粘ってるの。


それに比べて、オトコはダメだね~~、すーぐ飽きちゃって、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。


「チュピチュピ  そんなんじゃ わたしは仕留められませんよー  チュピチュピ」
d0237353_23194982.jpg

お口がね、 チュピチュピ言ってるように見えたので。



まー 最近は もしかしたら写真を撮るのが好きなんじゃなくて
カメラやレンズをいじってるのが 好きなんじゃないか? って自覚が ないこともないんだよねー




石垣島にて photo by mami ( D7100 ) + 105mm


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-09-13 06:25 | サカナ | Comments(4)

季節来遊魚の季節

お盆の石垣島での写真が整理できてないうちに いつの間にか 9月に入りまして、

あの猛暑はどこへやら。     すっかり涼しくなっております。


秋の気配が近づいてくると、陸はどことなく寂しくなりますが、 海の中は 逆にちょっと華やぎます。


ソメワケヤッコの子供
d0237353_7372620.jpg


非常にシャイで、やっとこ証拠写真ですが、宮川湾で初めて、ということでした(^^)


こちらは毎年会ってますね、 というか 石垣島でもお会いしました、 シコクスズメダイyg
d0237353_7402665.jpg





この子が温帯の海で見られるのも この季節だけです  フタスジタマガシラyg
d0237353_741546.jpg



海の中にも四季があって、季節によって特徴的な生き物や景色が見られるのですが、
自分的には この秋の入り口、 季節来遊魚で賑わう この時期が 楽しくて好きです。

水温は 黒潮も入ってきて温かくなりますし、 陸上でも暑過ぎず 良い気候になってきますし。

例年、去年も 一昨年も その前も、 この季節だけ見られるサカナで 楽しませてもらいました。




今年は 絵作りとか抜きにして、 こんな子たちが来てましたよ、ってのを ただひたすら記録しようかなと。

その旨 今藤さんに申告したら、 まー いろんな子たちを紹介してくれました。


この子は なにチョウチョウウオの子供かな? 
d0237353_817465.jpg
 


ムムムッ!?(川平風) マミさん、背景も選んで、ちゃんと作品ちっくに 仕上げてきましたね?

本人は 絞ってヒレまで写した後に、開いて作品にしていこうと思ってたみたいだけど、
シャイな幼魚は そこまで待ってくれなかったんだって。



三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D90 + 60mm )  by mami ( D7100 + 105mm )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-09-10 08:22 | サカナ | Comments(4)

気泡を撮るというダイビング

マンタを満喫して お昼ご飯、 3本目のダイビングは 浅場でまったり

被写体は・・・・  「泡」!!


大潮の時だけ現れるリーフに生えてる海藻から出てくる泡を 
いろんな絵コンテで撮りましょうというダイビング。


干潮時を狙って 水深1m未満のリーフで こんな感じでいかがでしょうか??
d0237353_865839.jpg


気泡の中に写ってるのは、周りの風景。 
 
気泡にピントを合わせる、というより、この中の風景にピントを合わせるのですが、
泡の大きさは 2~3mmですので、 水中ではピントの山なんて見えないのです・・


以前マミさんが、雨滴の中の蓮を撮ってましたが、 しずくの方が 大きくて撮りやすいですね。


なので、良さげな気泡があったら、 とにかく何枚も撮りまくります。

幻想的??  いやいや、「泡がたくさん付いてるし、どれかにはピント合うだろー」的な写真
d0237353_802922.jpg



気泡の中の風景に 海や空も写し込もうとしたら、とにかく水面ギリギリで。

するとうねりの影響を受けたりして、 写真の静かな印象とは裏腹に、 
撮影現場では岩場にしがみついたり、 なかなか大変なのです。。

良い感じの泡があっても、 うねりでどっかに飛んで行っちゃうし・・・



気泡の中の風景、手前の海藻やサンゴの前ボケ、奥の泡の玉ボケが 
バランスよく配置されると良い写真になるんだと思いますが、

泡の大きさが 2~3mm、大きくても5mmですから、イメージ作りが難しいですねー


WB変えて、青い感じでいかがでしょうか?
d0237353_837461.jpg


とてもウネウネしてる現場とは思えない 静寂感があります。


被写体の気泡がそんな大きさですので、トリミング&レタッチ前提の写真になります。
それも頭に入れつつ、撮影。。

お家に帰ってから PC目の前にいろんな構図で切り取ったり、色を変えてみたり、 それはそれで 面白いです。


青いのをもう一枚
d0237353_8411752.jpg


後ろに連なっている玉ボケも 気泡。 サンゴから出てる?粘液に数珠のように連なって付いてる泡です。



粘液が糸のようになって その先に気泡が付いてると、 うまく写すと 浮き上がって見えます。
d0237353_23295589.jpg



この写真、別のレタッチだと、 この記事 の、一番最後の写真みたいになります。


気泡の中の風景は 一種の小宇宙。 その風景を地球になぞらえて絵作りをすると
また違った味わいになるみたいですね。


「たかが 気泡」  なのに 奥が深いです。




石垣島にて photo by mami ( D7100+105mm ) by nobu ( D90+60mm )


写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-09-03 08:54 | 水中風景 | Comments(10)