マミさんの 蓮の切り取り方

似たようなカメラとレンズを持って 蓮の前に立って パシャパシャ撮るだけなんですよ。

同じ日、同じ場所で、同じ蓮撮って、 こんなに違う写真が出てくるんですね。


水滴の中の蓮
d0237353_9462157.jpg



この日は朝方まで雨が降ってたので、花や葉には沢山の水滴が付いてました。

なので ずっと水滴ばかり見てたそうです。

d0237353_1021540.jpg




持って行ったレンズは Nikkor 60mmMacro、 105mmMacro
Tamron 28-75 f2.8 (A09)、 70-200 f2.8 (A001) の4本です。

私(ノブ)が ほとんどの写真 A09 と A001 で撮ったのに対して、(前回の記事
マミさんは 60mmマクロか105mmマクロ


見えてる風景が 根本的に違うんでしょうね。



まだまだ水滴写真 あります

蜘蛛の巣に付いた水滴がネックレスみたい
d0237353_9495734.jpg


「宙玉レンズ」ってのがはやってますけど、そんな雰囲気を天然で。



花弁の散った花柱も 水滴があると生き返ります
d0237353_1022757.jpg




散りかけの花弁の滴(しずく)
d0237353_10223176.jpg


晴天では出会えない、雨上がりの早朝だからこそ出会えた情景を ピックアップして切り取る。
その着眼点が素晴らしいなと。




マミさん、普段は虫を嫌がります。 まー、女性としては ごく普通の反応だとは思います。
なんですがね、 マクロレンズ越しには めちゃめちゃ寄っていくんですよ。

今回も 蜘蛛とか ドアップで撮ってましたからね。 カメラ構えてないと 「気持ち悪い~」とか言うくせに。



ミツバチ  花粉の中で 幸せそう(^^)
d0237353_11211638.jpg



あとね、集中力がすごいです。

「これぞ!」というのを見つけたら、しばらーく その場から動かないもんね。 最低10分は動かない。
その場でイメージ通りの絵になるまで、ずっと粘るのです。

この難しいシチュエーション、風とかもあって揺れたりしてる中で、手持ちで撮ってるってのもありますが
その集中力には 感心しました。


この姿勢のまま しばらくジッとしてます。
d0237353_11403749.jpg



で、あとで  「腰が痛い」とか言ってるわけです。

そんなになるまで集中できる、ってのも 一つの才能なんですよね。




深谷・岡部にて photo by mami ( D5300 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-07-11 11:45 | 陸上風景 | Comments(6)

蓮の花を撮ってみた

梅雨はジメジメしてますが、暑すぎないので 自分的には過ごしやすいです。

親孝行旅行から帰ってきた翌週末は 朝から蓮の花を撮りに行ってきました。


岡部・仲宿歴史公園の原始蓮
d0237353_9192742.jpg


「行ってきました」って言っても、車で15分ほど、市内ですけどね。

こじんまりした敷地に、「原始蓮」と呼ばれる種類のものが栽培されてて、今が見ごろです(やや終わりかけ?)


同じ埼玉・行田の「古代蓮」とは ちょっと違う種類みたい、ってことで いろいろ調べてたら
蓮って、めちゃめちゃバリエーションがあるんですね!




蓮はご存知のように 夜明けと共に咲いて、午前中で閉じちゃうということで
前夜からの雨も残ってたので 6時ごろに行ってみますと、 開きかけの蕾も。。

d0237353_9452872.jpg



開いて閉じてを何日か繰り返すのかなと思ってたんですが、そう単純じゃないみたいですね。



もしかしたら種類によって違いがあるかもですが、 1日目はちょっと開いて、朝のうちに閉じる (ちょうど上の写真ぐらい?)

2日目は早朝から開きはじめて、7~9時に満開、昼ごろには閉じる (一枚目の写真かな?)



3日目は8~10時に最大に開いて、昼ごろから閉じ始めて 閉じきらないうちに夜を迎える

ちょうどこんな感じでしょうか?
d0237353_9505937.jpg



4日目には早朝から満開、昼には花弁が落ちて命を終える
(ニワカに調べたので、違ってたらご指摘ください)


写真には撮りませんでしたが、散りかけの花も多かったようです。



行田のように広くないので、広角で撮ると余計なものがいろいろ入っちゃう、ってことで
どうしても花のアップに 背景をボカす感じの写真が多くなります。


たぶん1日目かな?  
d0237353_10511759.jpg


「ためらい咲き」になる ちょっと前でしょうか。



前ボケと玉ボケ
d0237353_10544342.jpg



しばらく撮ってたら、徐々に開いていくのも分かって、大変興味深かったです。




さてこの公園、以前紹介した とうもろこしの「未来」を売ってる 岡部道の駅の隣にあるのね。

道の駅だから食堂もあって、美味しい朝定食もあります。

なので6時過ぎから蓮撮って、朝ごはん食べて、野菜買って、また蓮撮って、家帰って 午前11時前ごろ。


一日が 長~~く使えますね
d0237353_1135216.jpg




さてさて、今回は説明口調の 私(nobu)が写したフツーの蓮の写真でしたが、
次回は とても同じ場所で撮ったとは思えないマミさんの写真の予定です (^^)





深谷・岡部にて photo by nobu ( D750 ) 


にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-07-08 11:44 | 陸上風景 | Comments(0)

親孝行してみたかったから 両親に付き合ってもらった

両親が高齢になるまで 二人そろって元気でいてくれるのはありがたいことでしてね。

おまけに 今年金婚式となれば、そりゃー「お祝いさせていただきましょう」となるわけです。

d0237353_19495787.jpg

                     ザ・ブセナテラス 「真南風」にて



本人達は 「面倒くさい」とか 「別にいいよ」って言って遠慮してましたが (たぶん本当に面倒くさがってる)
年当初から 「二人で旅行でも行っておいで」と ハワイとかクルーズとか いろいろ企画してました。

そんな中で 父親が 「沖縄って、行った事ないんだよね」ってポツリ。


沖縄なら 無理すれば我々も一緒に行けなくもないぞ、と急遽4人で沖縄旅行に行くことに。


行ってみたい場所をリサーチして、地元の仲間のトラベルユニットの大塚君にプランを立ててもらいました。

d0237353_19515887.jpg





宿泊は、2000年沖縄サミット会場 「ザ・ブセナテラス」  
d0237353_19522410.jpg




ちょっと贅沢して 倶楽部フロアへ
d0237353_19524325.jpg



戦前生まれ、日本の高度成長のエンジンとして 昭和を駆け抜けた企業戦士と その妻は
「豪華」とか 「ラグジュアリー」って言葉とは 無縁の人生を歩んできたので
悠々自適な現在でも いまだに 質素でシンプルな生活をしております。



たまにはこういうのも良いでしょ?



父親は 倶楽部ラウンジで出てくるアルコールやつまみ類に
「これはサインしなくてもいいのか?」って 不安になってましたけど。

すべて料金に含まれてますよ。  そーゆーのに 慣れてないあなたを尊敬してます(^^)


大塚君が言っておいてくれたのか、倶楽部フロアでは 記念品をくれたり
スタッフみなさんは 祝福ムード&素晴らしいホスピタリティで接してくれました。





名護近くでは 定番の 「美ら海水族館」
d0237353_1953559.jpg




「小宇利島」では 天気に恵まれて 素晴らしい眺め
d0237353_19532172.jpg





ホテルの広い庭から見る夕日もきれいでした  (注:ちょっと赤を強調しております)
d0237353_19534359.jpg






食事も 高級なブセナの中の 和食レストラン 「真南風(まはえ)」や、
ホテルそばの リーズナブルな沖縄居酒屋 「どなんち食堂」などいろんなパターンで。 



国際通りの鉄板焼き 「キャプテンズ」は 見た目にも楽しめますね。
d0237353_1954976.jpg


二人とも 80近いのに 歯が25本以上そろってて、おかげさまで 何でも食べられるんです。




昼ごはんは 毎日沖縄そば 初めてのわりに気に入ってくれたみたい。
d0237353_19542790.jpg





定番コースなら 首里城や 識名園は外せません。
d0237353_19544560.jpg




沖縄ワールド内の ガラス工房の ガーデンイール
d0237353_1955887.jpg





牧志の公設市場。  両親は当然初めて。  われわれも久々に行きました。
d0237353_19552676.jpg


あの雰囲気はやっぱり楽しいね。
つい財布の紐が緩みます(^^;;




南部戦跡や斎場御嶽は ガイド付きタクシーで周りました。

知念岬の絶景    (注:ちょっと青を強調しております)
d0237353_19554918.jpg





自分達は毎年沖縄行ってるけど、ダイビングスポット直行だから
こうやってゆっくり本島の観光をしたことなかったのね。

だから楽しかったです。


天気に恵まれて、暑すぎたけど、きれいな海を見てもらえて良かった。


一緒に旅行するなんて何十年ぶりだったし、マミさんと行くのは初めてだし、それも良かった。




でもまぁ、親孝行したというより、孝行したい気持ちに 付き合ってもらった感じかな(^^;;;

8月は 妹家族も交えた食事会もありますからね、 しばらく付き合ってもらいますよ。




d0237353_19562916.jpg


二人そろって いつまでも元気でいてください







沖縄本島にて photo by nobu & mami ( D750 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-07-03 20:10 | 陸上風景 | Comments(4)