屋久島の海の写真

4月の屋久島遠征の写真は まだ全部整理できてません。。

写真の選別って、ほんと難しいですよね。


イソギンチャクモエビ
d0237353_2204428.jpg



同じ個体    周りも入れて
d0237353_2212731.jpg



狙いとしては、向こう側にもう一匹入ってる二枚目が 描きたかった絵かもと思いつつ、
一枚目の青っぽい色合いも悪くないかなー、なんて。


まー 結果どっちもイマイチなんですけどね。





シンデレラウミウシ 仲良し
d0237353_2252841.jpg


ISO上げて、ss遅めで 青をかぶせ気味にしてますね。

鰓がふわっと開いてると もっと良かったかな?



オトヒメウミウシ
d0237353_22201569.jpg


ウミウシを 視線?に合わせた角度から狙ってしまうことが多いのですが、
こういうきれいな子は、 それこそ背中から撮ってあげた方がいいのかなって、最近思います。



最後にきれいなところにいた イソハゼ(1種-4?)
d0237353_22234986.jpg




そうそう、本日 屋久島の隣の口永良部島が噴火しました。

自分たちが行ったときには、昨年からの小規模噴火を繰り返してまして、

「いつ大きな噴火をするか。。」と、早々に屋久島に避難してきてらっしゃる方もいれば 
「いつもあんな調子だから心配いらないよ」って おっしゃる方もいました。


いずれにしても、これ以上被害が拡大しないことを祈ります。



西部永田の いなか浜から口永良部島を望む
d0237353_22363817.jpg



山の上に 白い噴煙が見えます。


ところでyahooニュースの噴火の写真に、
この時一緒に潜った水中写真家 高久至さんの写真が使われてて びっくりした!
ニュース写真は こちら


(追記:高久さん、この時ダイビングガイドしてたみたいね。
    今朝、荒俣宏さんをガイドしてた時の動画と噴火の様子が、TVで流れてました)





屋久島にて photo by nobu & mami ( D90 D7100 )


にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-29 22:46 | エビ・カニ | Comments(2)

最近のペット事情

GW明けてから、仕事とその周辺が忙しいので、 ダイビングはもちろん、近所に撮影にも行ってないんですが、
写真を撮ってないわけではありません。


被写体はもっぱら この子
d0237353_712862.jpg



お迎えしてから2か月近くたちまして、彼も自由にやってくれてるみたいです。


ハムスターは夜行性ですので 昼間は寝ています
寝姿が、かわいいんだ、これがまた
d0237353_716504.jpg





我々が仕事から帰ってくるころには起きてて、ホイールを回してます。

で、寝るまでの間、散歩させたり食事させたりしてる時に バシバシ撮りまくるのが最近の日常



もやしも食べます   笛吹いてるみたい
d0237353_765872.jpg




だいぶ慣れてきたので 手からも食べてくれます
d0237353_774724.jpg




ハムスターって、噛むイメージがあるかもですが、個体差があるらしく、この子は噛みません。

種類は「キンクマハムスター」といって、普通のハムスターの2倍くらいの大きさがあります。
といっても 成体で 130~150gぐらいですから、両手に収まるサイズ。

性格はいたって穏やか。 のんびりしてるので、せかせか動きません。  比較的ゆっくりです。


散歩中は部屋の中を走り回りますけどね
d0237353_7151268.jpg


それでもボテボテした感じで、決して素早くないです。 かなりユーモラス




シュッとした顔ばかりでもナンですから、ブサ顔も

キャベツ詰め込み過ぎ
d0237353_7193125.jpg




リスもそうですが、ハムスターには 口の脇に 頬袋という食べ物を入れる場所があります。

エサをあげたとき、目の前で食べることもありますが、大抵は この頬袋に貯め込んで、
巣の中の貯蔵場所に運び、あとでゆっくり食べるみたいです。



ブロッコリーも目一杯 詰め込む     破裂しないか心配だよ
d0237353_723534.jpg




大好きなバナナチップなんかは、手から奪い取ります
d0237353_7243462.jpg



で、頬袋いっぱいにした 正面顔
d0237353_7251842.jpg




これらの写真見て 「かわいいな~」って思ったら 近所のペットショップに寄ってみてください。
実物はもっとかわいいよ。





自宅にて photo by nobu & mami ( D750 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-26 07:29 | 動物 | Comments(0)

赤潮の海はニゴニゴ

去年ぐらいから 仕事量を減らそうといろいろやってるんだけど、
今年に入ってから、逆にめちゃめちゃ忙しくて、増えてるやん!。。。ゲンナリしております。。

景気に左右される職種ではないんですけど、 おかしいなぁ。。
ありがたいけど、うれしくない。    微妙なかんじ。



さて、GWの三浦半島は赤潮が発生してしまいました。 いつもよりちょっと早いみたい。
なので 透明度は ひどいと 1mとか。。  潮が満ちてくると少しマシになるって感じでした。


でもマクロ撮影には ほぼ影響なし、かな?

キイロなのに  コミドリリュウグウ  
d0237353_10111338.jpg


突然、ピーーン!ってなってました。 


前回は3月の連休で、ダンゴウオ・オンリーのダイビングでしたので、 今回はウミウシ中心に

いっつも間違えます   ドト・ラケモサ     ケラモサだっけ?みたいな
d0237353_10151143.jpg


奥にいる色違いの子もそうなのかな?  はじめて見ました、こんな色の子
手前が普通のグレープフルーツで、奥のがピンク・グレープフルーツですね。





オレンジ色なのに クロイバラウミウシ
d0237353_10173734.jpg


きれいなウミウシなので もう少しドラマチックに撮りたいんですけど、 
いつも奥まったところのいるんですよね~




すっかりこの季節の定番になりました  フジエラミノウミウシ
d0237353_10202162.jpg


数年前にはそんなに見かけなかったような・・
今回はあちこちで こんな風に固まりあってましたから、 また数が増えるのかな?




ミドリアマモウミウシの ミドリアマモウミウシ抜き
d0237353_1024173.jpg


なんか 変な遠近感の写真になっております。。





もちろん まだこの子達も 健在ですよ~    ちょっと冷めた目
d0237353_10251749.jpg


大小 さまざまな大きさの子がいました。
少し数は減ったみたいですけど。




今は赤潮の影響もないみたいだし、ウミウシもますます豊富みたいだから潜りに行きたいんだけど
日曜日もなんだかいろいろ予定が詰まってます。

そーゆーのもだんだん減らしてきたんだけど 、こっちを減らすとあっちが入るのね。





三浦・宮川湾にて photo by mami ( D90 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-20 11:41 | サカナ | Comments(4)

屋久島「若大将」で 人生初めて セミエビの刺身を食べる

屋久島 宮之浦に宿をとったら、 定番の食事処といえば 「潮騒」
d0237353_20251381.jpg



人気店ですので、予約が必須です。
ただし二人とかの場合、開店時間の17:00に行けば、カウンターに案内してもらえます。


今回も一度行きました。 安定感ありますね、どれも美味しい。


その中で今回初めて食べたのが 「ヤクシカのタタキ」
d0237353_20283213.jpg



山に登るとたくさんいるヤクシカ。 地元の人は食べてたみたいだけど、観光客の口に入ることはなかったのね。
でも最近解禁されたみたいで、お土産とかでも売ってます。

シカとかイノシシとかって、さばき方でクセが出たり出なかったりってあるみたいだけど、
さすが「潮騒」のは 大変美味しかったです。  脂の少ない馬刺しっぽい感じ?  また食べたい。




さてそして、今回 新たにお勧めのお店に出会いました! 

そのお店は  「若大将」!!



至さんに教えてもらったんですが、3日のうち2日開いてなかったんです。
「空いてなかった」んじゃなくて、「開いてなかった」  つまり営業してなかったのね。

3日目 とうとう赤提灯に灯が燈ってるのを見つけて、
すでに一軒目でかなりお腹一杯だったんだけど 思わず入ってしまいました。


カウンターに通されたら いきなり この子と目が合っちゃった
d0237353_20375617.jpg



置物ではないです、 生きてます、もうほとんど動かないですけど。。。

高級食材 「セミエビ」   ダイビングでもたまにお会いします。


愛嬌のある黒目で、 焼酎呑みながら 「かわいいね~~」と愛でてたんですが、注文が入ったみたい。


変わり果てた姿に
d0237353_6371895.jpg


さっきまで 「かわいい、かわいい」言ってた子が目の前で捌かれたたので 「うわ~~」って一瞬思いましたが


プリップリッで 美味しそ~~
d0237353_643116.jpg




めっちゃ写真撮ってたら 「はいどうぞ 美味しそうに撮ってね」 (注: うちが注文したのではありません)
d0237353_6441493.jpg



「美味しそうだね~~!」 って騒いでたら 「ちょっと食べるかい?」って 
カウンターのお客さんたちに 少しずつおすそ分け
d0237353_6475151.jpg



甘くて、プリプリで すごく美味しかったです。 さっきまで目の前で 生きてたからね。。。 美味しく頂いたよ。。



最初にも書きましたが、この日 一軒目である程度しっかり食べてたので 注文は軽いものを2品だけ
あとは島の芋焼酎を頂いてたんですが、 カウンターで飲んでると 大将や並びのお客さんといろいろお話します。

「一昨日も昨日も来たんですけど、やってなかったですね」
「それはごめんね、 海が時化てたでしょ、漁に出れなかったから。。」

「そうか、確かに昨日も一昨日も 首折れサバはどこの店にもなかったです」
「そうでしょ、 うちは自分で魚捕りに行くから、捕れない日は お休みなの。
 
 そーだ! 珍しいものがあるよ、 とびこ。 生のとびこは食べたことあるかい?」


「とびこ」  登録商標 とびっこ  飛び魚の卵です。 プチプチした食感が楽しいお馴染みの魚卵

「生は食べた事ないですね~」



すると目の前でこんな感じで・・
d0237353_724717.jpg



生とびこの軍艦   「はい お待ち!」
d0237353_733075.jpg



生なのでプチプチ感は少ないですが、 ほんのり甘くて わさび醤油と海苔によく合います。


大将は 屋久島の安房にある有名なお寿司屋さん 「いその香り」の社長の弟なんだそうです。
「いその香り」も美味しくて地元の人に人気なお店として 行ったことはなかったけど 名前は知ってました。

「安房の『いその香り』みたいに、宮之浦では『若大将』って云われる店にしたいんですよね~」って。

去年の11月オープンの新しいお店。  あっという間に人気店になりますよ~~ もうなってるのかな?


決して広くない店内ですが お客さんいっぱいで、働いてる人も活気があります。
忙しそうにどんどん魚を捌いていきますが、若大将のトークも炸裂、 美味しくて 楽しいお店です。




いろいろお話ししながら飲んでたら 刺身も出てきた
d0237353_719433.jpg



大将おまかせ、しかもどれも新鮮でおいしいものを 出してくれるまま食べて飲むスタイルは
ついつい箸が進みますね~~


で、お会計は?

ちょっと、最初に注文した2品+飲み物分しか入ってないじゃないですか!? ずいぶん安いよ?


「明日も漁に出るし 残してもしょうがないから食べてもらったの。 サービス」ですって!



若大将、 やるねぇ
d0237353_7244476.jpg



観光地で 「ちょっと安くない?」って思うことってあまりないんだけど、
こりゃ、 あっという間に人気店ですね。 

(注: サービスの有無やその程度は その日の漁獲量によると思いますので 念のため・・)




屋久島にて photo by nobu & mami ( D750 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-16 07:38 | 陸上風景 | Comments(0)

屋久島 タンク下にて  ちょっと反省も

屋久島でのダイビングの入門編といいますか、まずはココ!ってポイントが 北部一奏の 「タンク下」
水深も比較的浅くて生物も豊富、初心者だけでなく、ベテランの方も幅広く楽しめるポイントです。


以前の記事の 「春」を撮る   春の息吹 も すべてタンク下での写真


屋久島来ると 必ず何本かは潜るんですけど、潜るたびに新しい感じがします。



さてそんな 「屋久島 タンク下」で (自分的に)象徴的なものと云えば これ

シャコ貝とセボシウミタケハゼ
d0237353_6594119.jpg



以前も見せてもらったけど、同じ貝なのかな?
さすがにハゼは違うと思うけど(^^;;





あと、この子はホント たくさんいますので、 至さんがきれいな背景なところを選んで紹介してくれました

カンザシヤドカリ
d0237353_739100.jpg



本当はもう少し違った絵を想像してたんだけど、 
サンゴの紫をもっとボカそうとすると 目にピントが来なくなって 攻めきれなかった・・・

右上のぼんやりした紫が全体を覆ってくれると もっと良かったんだけど、
左斜め下から撮ったほうがよかったのかなー、なんて。




仲良し
d0237353_76377.jpg


こんなに近くにいるのは 珍しいのでは??






こっちは お互いそっぽ向いて ケンカ中?   クビアカハゼに春を添えて
d0237353_773466.jpg



この子も たくさんいましたねー

他のところでも何度かお会いしてたと思ったけど、
帰って過去写真見てみたら ほとんど撮れてなかった。

あんなにいろんなシチュエーションでいたんだから、一つぐらいじっくり撮ればよかったと。






屋久島にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-12 07:21 | サカナ | Comments(4)

屋久島 西部のギンポたち

屋久島 西部の 「オツせ」というポイントは 深めのところは前回紹介したようなマクロネタ満載ですが

浅場に行くと ギンポ天国になります。


ヒナギンポ   青抜き
d0237353_5473747.jpg



ヒナギンポは ご存じのように 浅場の岩の穴の中にいますので
青抜き写真は なかなか撮りづらいんですね。


なので 普通に撮ると こんな感じになります
d0237353_60261.jpg



でも よ~~く探すと、横から抜けるところにいる子もいますので そんな子を狙います


最初は至さんが 「このヒナギンポは 青抜きできるよ」って教えてくれました

d0237353_611349.jpg



水深は 3~5m  うねりも残ってましたので、じっくり撮るのは難しいんですけど
窒素抜きを兼ねて 20分ぐらい粘ってました。







こちらは ヒトスジギンポ     もうちょっと深いところにいます。
d0237353_642945.jpg



この子は体色の変化、特に 顔が黒くなったり白くなったり


遠くから撮ってるので 警戒してない時は 白い顔
d0237353_672148.jpg



寄っていくと 穴に隠れますので 警戒中?  顔が黒くなります
d0237353_684858.jpg



海の生き物は 状況に応じて体色を変化させるものが 案外多いみたいですね。




ギンポやジョーフィッシュなど、 「穴から顔出してる系」もたくさん載ってます

屋久島 豊饒の海  高久至

水中写真家 峯水亮氏も大絶賛

こちらから購入できます    アマゾン  楽天




屋久島にて photo by mami ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-09 06:14 | サカナ | Comments(4)

ピグミーシーホース  屋久島・西部の 初見の子と再会した子と

屋久島へのダイビング旅行は 今回で3回目。

一奏の各ポイントもそれぞれ特徴があって魅力的ですが、
前回行けなかった 西部(永田方面)の海にも潜りたかったのです。


まずは初見の子

ピグミーシーホース  青抜き
d0237353_815734.jpg



普段水深の深いところにいるんですって?  

この子は25mぐらいのところにいてくれたので、比較的ゆっくり撮れました。
水中も明るかったので、背景の海の青もきれいに出たしね。



そして ホシベニサンゴガニ   シャキーーン!
d0237353_819541.jpg



この子も温帯では深場にいるそうですが、このポイントでは20mぐらい。

良い子です(^^)


でもね、このカニは甲羅の模様がきれいで特徴的なので、背中側から撮った方が良かったみたい。
目線合せて正面から撮っちゃったので、 面白い姿なんだけど  この子の写真としてはイマイチか?


もう一枚、 これは少し甲羅の模様が入ってますね。

土俵入り
d0237353_8232341.jpg







続きまして、 2010年に訪れた時に 初めて見て感動した子たちとの再会を。


ピンクスクワットロブスター
d0237353_8245794.jpg



たぶん その時以来じゃないかな? この子見るの。  他のロケーションでは見なかったかも。

前回訪問時の写真は コンデジで撮った これ


もう一枚  目の周りに おしゃれな毛を付けてます
d0237353_826481.jpg



昔見た時はすごく小っちゃいイメージだったんだけど、この個体は結構大きくて、もじゃもじゃしてました。
その頃は水中写真はじめたばかりで、そんなに小さい生き物も見てなかったし、そう感じたのかもしれません。







もう一つ再会した子   ウミウシカクレエビ  ペア
d0237353_8362744.jpg



この子は あちこちで見てますね。
ただ、よく見るのは バイカナマコの上だけ・・・ 一度ウミウシの上で見てみたいです。。


もう一枚
d0237353_832205.jpg




初見の頃の写真は こちら

相変わらず動き回って撮りにくかったです。






屋久島にて photo by nobu ( D90 ) by mami ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-06 09:17 | エビ・カニ | Comments(4)

「春」を撮る

至さんがガイドしながら さかんに 「春を撮りましょーー」って 言ってました。

「春を撮る??」


ご存じのように陸上では四季によって 風景から生き物から、さまざまな表情が見られるわけですが、
それは海の中でも同じ。


屋久島の海で 「春らしい」表情とは・・・ 小さくて若い海藻たち

3月末から6月初めまでの期間限定で 特に水深の浅いところに わさっと生えてきます。


キツネベラに 春をそえて・・
d0237353_68729.jpg



温帯と亜熱帯、両方の表情を持つ屋久島の海ならではの風景です。

たぶん、沖縄とかだともう少し水温が高いので こういう海藻は生えないのかな?


シマキンチャクフグも 春と共に
d0237353_615120.jpg



6月に入ると水温が上がってきて、この海藻たちはいなくなってしまうのです。

それまでの間、自身の繁殖活動をしたり、カメをはじめ、いろいろな生物の食料となったり。

なので こういう写真を撮れるのは この季節だけなんですね。




ジョーフィッシュが緑と一緒に写真に納まるのも珍しいんですよ
d0237353_6272431.jpg



海藻の緑を春らしく撮るためには 自然光も入れた設定がいいみたい。

絞って同調限界、ストロボバシッって感じだと、緑がどぎつくなっちゃうというか、よりビビットになるのね。

それはそれで好み次第だけど、「春らしい」感じではないかも。



このヤドカリは お家に海藻を付けてました  まさに「春を背負って」る状態ね
d0237353_638630.jpg





いろんな生き物を 「春」を背景に撮ってて すごく面白かったんだけど

ちょっと勢い余って こんなの撮っちゃった

シンデレラウミウシ   模様のドアップ
d0237353_6431958.jpg


一応 後ろの緑は海藻なんですけどね。



屋久島の海の四季が味わえる写真集が こちら ↓

屋久島 豊饒の海  高久至

水中写真家 峯水亮氏も大絶賛

こちらから購入できます    アマゾン  楽天




屋久島にて photo by mami ( D90 D7100 )   by nob ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2015-05-01 06:49 | サカナ | Comments(4)