今年もお世話になりました

ブログをはじめて、4度目の「今年もお世話になりました」 という表題の記事です。

4~5日に一回、月に6~7、一年で約80ぐらい更新してまして、これは4年間ほぼ変わらず。

アクセス数もいまだに徐々に増えてまして、いろいろなコメントもたくさんいただけて、
それが励みになって、ここまで続けられたと思ってます。

ほんと、感謝 感謝です。



キレイな背景の中を飛ぶ オキナワベニハゼ
d0237353_22223387.jpg


もうちょっと絞って 身体の方の模様やヒレにもピントを合わせたかったけど、
そうすると背景がリアルになっちゃう。

こういう状況は どっちがいいのか いつも迷います。





さて去年は4回も遠征して 潜りまくって 合計76ダイブだったのですが、
今年は少し落ち着いて 遠征は2回だけ、あとはホームの三浦で 合計54ダイブ。

今年のダイビングトピックスは、マミさんも一眼レフにグレードアップしたこと!
といっても 新しいカメラ(D7100)は私が使って、マミさんはお古(D90)なんですけどね。

秋ぐらいからは ワイドレンズも導入して、カメラも交換しながら使ってるので、
来年は いろいろバラエティに富んだ写真が撮れるのでは? と楽しみです。




ハタタテギンポの子供?  
d0237353_22374751.jpg

顔が怒ってます?  結構気が強くて 指示棒とかでツンツンしても 「ガオー」って向ってきます。




今年は陸上でも撮りまくりましたね、 陸上用のカメラも、D5100から D5300に替えたりしました。
レンズも3本、あらたに買いまして、陸撮りが一段と楽しくなった一年でもありました。

5月の座間味遠征の時の、平井さんの水中撮影講習での話がヒントになって、
陸上でのデフォルトの設定が決まってから、あんまり露出で迷わなくなったというか、

水中はもちろん、陸上でも ベースになる設定が ある程度固まってきたので、
情景を見ながら 絵コンテと設定がリンクしながら 頭に浮かぶようになってきました。

これは進歩と呼んでいいと思います。



ベニツケタテガミカエルウオでいいのかな?
d0237353_22573827.jpg

カエルウオの仲間は 顔に愛嬌があって撮ってて楽しい。
岩の上にじっとして あまり動かないしね(笑





カメラ関係の周辺では、 今年特に爆発的に枚数を撮ったのと、
D7100のRAWデータが、一気に大きくなったので、 PCの容量を増やしました。

つまりHDDの増設ね。 ついでにデバイスをDVDレコーダからBDレコーダにグレードアップして、
メモリも倍にしましたから、 安価な投資で、大変快適な環境になりました。

あとは前回も書きましたが、去年の年末に買ったプリンタと RAW現像ソフトのLightRoom がフル稼働し、
写真ライフの幅が広がりましたね。


これでこの秋発売された フルサイズ一眼レフ D750をお迎えする準備が整いました。
来年早々には ポチってしまうかもしれません(笑



キレイな背景の オオシライトゴカイ
d0237353_23213773.jpg


これはマミさんの写真なんですが、 たぶん、自分も案内されたと思うんですよ、
でもこういう風には撮ってないみたい。

つまり水中でパッと見た時には、こういう風には見えないのね。
でもある角度から 狙いを持ってみると、こういう絵コンテが描ける。

同じものを見ても、どう撮るかは 千差万別。

来年の課題は 場面場面での 一番ベストな絵コンテを見つけられるようになることーー
これは水中、陸上、両方ですね。



ハタタテシノビハゼ   かわいいおカオ
d0237353_23293473.jpg


折角立ててるハタにピントを合わせないで、顏のドアップです。
これじゃあサンカクハゼと変わりませんね。




そうだ、写真周辺で 一点、困ったことが。
 
写真の選別が追い付かないってこと・・  現時点でも今年の分が追いついてないです。
撮り過ぎなんだね、多分。  
加えて、昔は良いのと悪いのがハッキリしてたけど、最近はある程度のレベルでは撮れるので、
どれがいいのか 選別も難しくなってます。

あとで整理するのが大変だと、撮るのもおっくうになってきてしまいます。

この秋の紅葉や、この前のクリスマスも 今年は撮らなかったのは、忙しかったのとは別に、
まだ整理の出来てない写真がたくさんあるからーー、ってのは 少なからずあったと思います。

来年は ここら辺をなんとかしないとなー。




トゲチョウチョウウオの子供
d0237353_23584223.jpg

ちょっとレアらしいです。  
めちゃめちゃシャイだったので、撮るのに苦労しました。




写真やダイビング以外では、まぁ、今年も無事に過ごすことが出来まして、こちらも周りの方々に感謝です。
来年も引き続き禁煙、節酒、ランニングを継続して、 体調を整えながら生活できればいいかなと。


今年印象的だった言葉・・

「出来るからと云って 全部やろうとするのは、 
 食べられるからといって 全部食べるのと同じくらい だらしない」  



自分は今まで 自分の能力いっぱい 出来る限りの事は すべてやる ってのが正しいと思ってました。
スケジュールもなるべく一杯になるように詰め込んだり、 もう出来ないってところから もう少し頑張ったり。

それが 努力するってことでしょ、って。 


でもなんでしょ? そんな風に思ってたのにも関わらず、この言葉は スッと入ってきたんですよね。
まぁ、若い頃はいざ知らず、 そろそろそんな心構えで生活するのも必要かな、って思いました。

ちなみにこの言葉は 玄侑宗久さんという福島のお坊さんの言葉です。





一人暮らしのハマクマノミは ラインが二本
d0237353_2347595.jpg



片方のヒレ上げて、挨拶しているみたい。


そんなわけで、来年もよろしくお願いいたします m(..)m

皆さま 良いお年をお迎えください



座間味にて photo by mami ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-30 07:20 | サカナ | Comments(6)

自家プリントのランニングコスト

年の瀬も押し迫ってきまして、 「今年の写真は 今年のうちに」じゃないですけど
年末で忙しくなってきた仕事やら 大掃除やら 正月に向けた買出しやらの合間に

整理しきれてなかった今年の写真の 選別作業をする毎日です。


今年2回遠征した座間味の写真とか、全部で4000枚以上ありますので 見てるだけで ゲップが出ます。


そんな写真のひとつ・・  何ウミウシだっけ?
d0237353_10265299.jpg



遠征3日間、3ダイブ/日で、一人1000枚ちょっと 撮ります。
二人で2000枚、二回の遠征、  座間味だけで合計4000枚以上。  撮りすぎかな?


パッと見て、「これは良いじゃん」 てのは 帰宅後すぐに選別したのですが、それらは以前ご紹介しました

「悪くないんだけど、よくありがち・・・」 とか 「イマイチだけど 捨てるのはしのびない・・」とか

たとえば「岩の隙間のベニハゼの正面顔」みたいなシチュエーションで、 同じ構図を20枚以上撮ってて
「どれ選んだら良いのか 分からん!!」ってなった写真たちは そのまま放置してたんですね。。。。




そんな写真の一つ  ソフトコーラルとウミタケハゼ
d0237353_10321274.jpg


↑  もちろん悪くは無いですが、どこかで見たことあるような写真の代表ですね (苦笑



そうそう、表題の 自家プリントのランニングコストについてです。

昨年末、 Canon PRO100 という 染料インクのプリンタを買いました

で、一年間稼動した結果を 備忘録代わりに書きとめますね。

ちなみにこのプリンタは写真プリント専用にしてまして、
普通紙の印刷とかは、1万円台の汎用プリンタを使用してます。

なので データはすべて 写真プリントのみのものになります。


印刷枚数
A3   4枚      
A4   45枚      
2L版   48枚      
はがき  40枚      
L版   56枚

いろいろなサイズ合わせて 200枚ぐらいでしょうか?


インクカートリッジは 8色のうち 7色 交換しました。



実際かかった経費は・・

用紙は Canonの光沢ゴールドを使用してまして、 
A3 20枚で ¥2,000、 
A4 50枚で ¥2,000
2L、はがきは それぞれ 50枚で ¥750~¥950  
L版は 以前からあった試供品とかなので ¥0

A3は4枚しかプリントしてないけど、20枚入りの箱を買ったので 全部計上します。
すると用紙代は 合計¥6,000弱

カートリッジは 1色 ¥1,000 なので、合計¥7,000  

消耗品代で 合計 ¥13,000ぐらいですね。




後ろにあるウミウチワの赤が 背景いっぱいになるように狙ってたのですが 
上手くいかなかったので 最初の選別からもれた写真
d0237353_14201735.jpg




さて この¥13,000が高いのかどうか。


例えばキタムラで現像したとして 単純計算すると

L版とはがきは ¥31/1枚 なので
[56枚(L版)+40枚(はがき)]×¥31 = ¥2,976

2L版は ¥110/1枚で、 48枚×¥110 = ¥5,280

A4が ¥398/1枚(3枚以上注文時)で ¥398×45枚 = ¥17,910

A3は ¥1,530/1枚で、 ¥1,530×4枚 = ¥6,120

合計は ¥32,286 です。


L版やはがきサイズなら キタムラプリントの方が安い感じですが、
2LやA4、A3 サイズの場合は 自家プリントの方が かなりお手軽です。





さてこれも これといって決め手のない写真ですね、 悪くはないんだけどさ
d0237353_14494691.jpg



上の比較は 「あくまで 単純計算して」 比較したものですので、

例えば自家プリントしない人が キタムラに2L版やA4をそれぞれ50枚近くも注文しないでしょうから
L版や はがきサイズのプリントが中心になるんでしょう。


逆にいうと、自家プリントだからこそ  2L、A4を気軽にプリントできたってのも 大いにあると思います。
(A3は自家プリントでも 敷居が高かった・・)

あと、インクカートリッジも 思ったより消費しなかったですね。
2サイクルぐらいいくかと覚悟してたんですけど。

紙も光沢ゴールドぐらいだったら、たまにうんと安く売ってたりするし。

それぞれの消耗品の単価から想像するコストよりは 意外と安く済んだなー、って印象です。


もちろん 「L版かはがきサイズしかプリントしないぜ!」って場合は、
キタムラの方が断然お得だと思います。




つまじろうくん  小さい子ほど 顔がかわいい
d0237353_15839100.jpg



¥13,000ってのは、あくまでランニングコストですから、
プリンタ代金(¥45,000ぐらい)考えたら 元取るのには あと2年ぐらいかかると思いますが、


「元取る」とか 「高い」とか 「もったいない」 とか以前に、

写真を趣味にしてて、 「これは良いかも!」って写真が撮れたら 
モニタで見るだけじゃなくて プリントしてみたくなるじゃないですか?


A4ぐらいの大きさで きれいに印刷できると かなり嬉しいですよ。
ホームセンターで簡単なガラスフレーム買ってきて飾ると それなりに作品らしくなるし、嬉しさも倍増です。

好い気になって 職場の事務所にも 目立たないところにさりげなく飾ったりしてます(^^)


こんな楽しいことが 手間的にも 経費的にも 手軽に出来るなんて、



プライスレス?




壁ドンされて ビックリしてる カンザシヤドカリ
d0237353_15544487.jpg


カンザシヤドカリの目って、ビックリしてる目とそっくりなんじゃないかという発見。


壁ドンしてる手に見える(?)オレンジのモノは 復活中のヒトデ  

太い腕に見えるのが、ちぎれた腕?星?のひとつで、その切り口から 小さいのが生えてくるんです。
すごい生命力。


この写真は 一つの場面として面白いんだけど、ピントが合ってないのよね~~




こんなのは いかがでしょう?   メルヘン・キラキラ系で
d0237353_18453034.jpg


サンゴの赤ちゃん?  マミさん、何を撮ったんだか。

たぶん本人も 雰囲気だけで分かってないだろうから 訊かないけどね。



那覇の泊港そばのラーメン屋 「あか丸」 の おつまみセット ¥300
d0237353_18505511.jpg


この安さに びっくり。  これとオリオン生+泡盛1合でぐっすり寝られます。



あ、あと、1年かけてプリントアウトした写真の枚数をカウントしてた自分にも ちょっとビックリ。

基準データが取れたから、来年はもう数えないよ。






座間味にて photo by mami ( D90 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-26 16:43 | サカナ | Comments(6)

長い距離をランニングして 膝が痛くなったけど、案外すぐ治った

そんなに熱心には 走ってないです、 今年は 平均すると月に7~8日ぐらい。

雪の多かった2月や脚を痛めた7月なんて 5日/月だけ、
暑かった8月なんかは たった1日だけしか走らなかった。

なので 今年1年で トータル100日ぐらいですかね。 体重も全然変わらないです。


でも最近は寒くて 走りやすいので 距離も長めで走ってます。


先日の休みには、午後から用事があったのですが、午前中に LSDでもしてみようかと。
ゆっくりとしたペースで、長い距離を走る、っていうメニューです。

d0237353_16924.jpg


駅前の自宅から 遊歩道を北上して レンガ工場(たつみ印刷)超えて 豊里小学校の方まで
折り返して 県道45号線を ひたすら西へ   大塚の交差点超えて 血洗島交差点を南へ
バイパス矢島交差点で 東に曲がり、 福川沿いの道を南東へ 
最後は 唐沢川沿いを南に進んで 自宅マンションまで

全部で約17kmのコースでした。  

これで1時間45分なら、フルマラソンなら5時間は切れそうですね、 甘いかな?



9時半過ぎから走りはじめたので、赤城おろしが強くなってきて、県道45号線を西に進むときは もろ ど逆風。 
しかも かなりの強風でしたので、北関東の「からっ風」の威力を 満喫させていただきました。


朝の赤城山   
d0237353_1221751.jpg



この ゆっくり長距離を走るっていうトレーニングは、心肺の負担はそんなにないのですが、
12~3km過ぎたあたりから 足腰中心に 身体全体がずっしりと重くなってきます。

急におもりを背負ったように 脚が重くなるのです。

で、2日ぐらい膝とか足の裏とかが痛みますが、じき治ります。 
ランニング入門の本によると、「長距離走る体力がつくトレーニング」って事らしいです。


正式なLSDは なんかいろいろな条件があるみたいなので、
自分のやってるのは 「なんちゃって」 なんですけど 
一度長い距離走ると 普段の10kmぐらいが 楽に感じるんですよね。

単純に筋力がついてるのかな?




冬の朝は 景色もきれいです。

男体山
d0237353_1385190.jpg


遠くの山もすぐ近くにあるみたい。
今はもっと雪化粧して もう真っ白ですけどね。

北~西~南は、こんな感じで山がきれいですから、走ってても気持ちいいですよ、 風さえなければ・・


赤城山の地蔵岳の上にある 電波塔も こんなにハッキリ
d0237353_1453119.jpg


ま、さすがにこれは 肉眼では見えませんけどね。




自宅から photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-21 06:30 | 陸上風景 | Comments(6)

来年の手帳選びで悩む

今年もあと半月ないですね、すっかり年末です。

年賀状印刷を依頼したり 普段掃除しないところも少しずつ掃除したりして、
新しい年を迎える準備は 徐々にしていますが、

さて来年の手帳をどうしようかなと。


これまで10年近く、「超・整理手帳」っていうのを使ってました。 
なかなか使い勝手が良くて気に入ってたのですが、ここ何年か、どんどん取扱店が減ってるみたいで、
本屋さんでは見かけなくなりました。

ネットでは売ってるんだけど、2015年版なんかは、中身のシートだけしか売ってないみたい。。
HPも更新してないし、たぶん、来年か再来年には絶版になりそうな雰囲気。。。
  



そこで10年ぶりに 手帳を取り替えようと。

10月ごろからいろいろ探してたんですが、TVでも年末に近づくと 「手帳特集」みたいなのをやりますね。

マツコの知らない世界」で取り上げられてた 「モーメントダイアリー

TVで見て、この手帳が良いかも!って。  リンク先の動画を是非見てみてください。 すごく 画期的。

でもね、 放送日の数日後には売切れてました。
12月10日に再度発売になったけど、即完売。

多分年内には手に入らないみたい。

TVの影響ってすごいですねー




続きまして、毎度おなじみ流浪の番組 「タモリ倶楽部」で取り上げられてたのは、
趣味の世界のマニア向けの変わった手帳ばっかり。

でも一つだけ、私の琴線に触れる手帳が・・


こちらです    「天文手帳」
d0237353_22293960.jpg


中身を紹介しましょう。


まず表紙をめくると 早速 「星座早見表」  ここで 「なんでやねん!」と まず突っ込みます
d0237353_22372913.jpg



毎月の星空の図入りの解説に続いて ウイークリーダイアリー
d0237353_224179.jpg


そこには月の満ち欠けから、惑星の軌道など、天文イベントが細かく載っています。
中でも写真右上の惑星軌道図、 手帳をめくると、パラパラマンガみたいに星が動くのです。 面白い(^^)



メモ帳に続いて 赤道星図
d0237353_22454333.jpg

赤道星図って、見方がイマイチ分からないんですよねー


あと、写真が趣味な方々には、興味深いページが
d0237353_232729100.jpg


読んでみたら大したこと書いてなかったけどね(^^;


このように、見事に星の事ばっかり!  完全に浮世離れした一冊です。

でも写真があるってことは、買っちゃったのね。  ¥930+税



来年はこれで行こうかなと。

さまざまな予定を管理しやすい手帳では 決してないわけですが、
逆にこれで 近年推し進めている隠遁生活が 完成に向かう予感がします。




座間味の星空見てから あらためて買った  星座の解説書
d0237353_23263780.jpg


小学生向けの図鑑です。。。  結局 これが一番分かりやすい。



一応 理系の大学院とか卒業して 肩書き上は○○博士ってことになってるんですけど・・・・

情けないねぇ。。。。




自宅にて photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-17 05:30 | その他 | Comments(10)

フルーツポンチウミウシ

カラフルで小さくて かわいいウミウシです
d0237353_7171659.jpg



え? なになに?? 「フルーツポンチウミウシなんていないんだよ、
かつてフルーツポンチと呼んでたウミウシは、今ではニシキウミウシの幼体に統一されたんだよ」、ですって?


はいはい、そうらしいですね。


ニシキウミウシ成体の写真はないかな~、って探したら、こんなのしかなかった  リアル過ぎ(苦笑
d0237353_724113.jpg



成体は 色がケバケバしいし、やたらデカイので、あまり撮りません。
子供のころの方が、やっぱりかわいい。


背中の模様が分かりやすいように撮った写真   20mmぐらいだったかな? 
d0237353_728556.jpg



「フルーツポンチ」って感じがします。


ニシキウミウシはカラーバリエーションが多くて、この子もニシキウミウシらしいです
d0237353_733479.jpg

同じ種類だとは思えませんね。



まー 生物学上の分類ってのも大切なことで、
「これとこれは同種だった」 もしくは「異種だった」ってのが解明されることは 素晴らしい事だと思いますが、

それらが学術的に証明された時は、ラテン語の学名だけ統一していただければいいんじゃないかと。


「フルーツポンチウミウシ」って、良い名前だと思うんですよね。

それを 「そんなウミウシはいないんですよ~!」って 鬼の首を取ったように主張するのもどうなのかと・・


って、つぶやく ガラスハゼ
d0237353_7504526.jpg



そんな 「鬼の首を取ったように」主張してないって?

いやいや、新しいウミウシ図鑑では 軒並み「フルーツポンチウミウシ」って名前は消えてるんですよ。

寂しいなー、って思います。




「通称」って いろんな意味で 「味」があって 面白いんですよね。 
特にウミウシのは 「まさに見た目通り!」とか 「そりゃちょっと無理やりでしょ」 とか 楽しめます。

生物ですから、「学名」とか「標準和名」とかは もちろん大切です。

でも 名づけられた背景とかをいろいろ空想できるような「通称」も 大切にしたいかな、って。



そんなことをつぶやく 鮮やかなオレンジのハナタツ
d0237353_8153194.jpg



ブリもイナダもワラサもハマチも 全部一緒の種類だけど 通称は大切に残されてるもんね。
これら全部同じ種類だから統一しましょう、なんていう野暮な動きはまったくない。

地方によって呼び方が違うのも 面白い。

このウミウシも ガイドさんが 「これはニシキウミウシの中の、フルーツポンチタイプですね」って案内したら
楽しいんじゃないかなって思うんですけど・・


学術的なことと 俗っぽいこと、二つ合わせて 「文化」なのかなって思います。




三浦・宮川湾にて photo by mami ( D7100 ) by nobu ( D90、TZ30 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-13 08:22 | ウミウシ | Comments(2)

マクロレンズ 105mmと60mmの違い

12月の一週目は日本各地で大荒れの天気、四国で大雪が降ったりもしてました。
偏西風が蛇行してたので 大陸の寒気が日本上空に張り出してきた、って仕組みなんだとか。

細かい仕組みはよく分かりませんが、とにかくこの一週間で一気に冬がやってきたようです。 
気温が急に下がりましたね。




どちらかというと山沿いに住んでるので気づきませんでしたが、海の方もずっと時化てたらしいです。
ミウラダイブセンターに行ってみたら 「この時化で海の様子がだいぶ変わっちゃいました」って。

とうとうクマドリカエルアンコウが旅立ってしまったみたいです・・・



そのかわり こんな子が・・・
d0237353_416424.jpg



水温は16℃  そして外気温は5℃以下・・
マミさんに 「ロクハン、まだいけるかな?」  って訊いたら  

「周りで見てる方が寒いので、いい加減ドライ着てくれる?」って。


はい、スミマセン。。。


ちょっと寒そうな背景  アオサハギ 大学生   500円玉ぐらいの大きさになってました
d0237353_421768.jpg




今回もカメラを交替してマミさんが105mm、私はフィッシュアイではなく、60mmで潜ってみました。

半年ほど105mm使ってから あらためて60mm持つと、その違いが逆に新鮮(^^)

① 最短撮影距離が短いので 寄れます。 なので、「撮ってる感」がリアル。

② その代り、すぐ飛びます。 なので、しょっちゅうストロボの光量を調整しなきゃいけません。
   以前はそんなに調節してなかったんですよねー。 イマイチなわけですよ。。

③ 画角に適した被写体の大きさ、被写体までの距離ってのがある事を実感できます。
  なので、「こりゃ、105mmのテリトリーだな」って被写体や状況にはあきらめがつきます。

④ 画角に適した絵コンテがあるって事を実感できます。
  なので、「105mmだとこういう感じに撮るのかな、じゃあ、60mmだとどう撮ろうか」っていう風に頭を使います。

これらの事は、どっかに書いてはありますから、知識では知ってました。
でもその違いを実感できたのは、105mmでしばらく撮ってたから。

上の二枚なんかは 105mmより60mmの方が上手く撮れる被写体ですね。





こっちは 105mmの方が得意な被写体

キンギョハナダイのチビちゃん
d0237353_4415063.jpg



ある程度離れて撮る幼魚系は 105mmの得意分野。  マミさんも狙いを絞って潜ってたようです。



コガネスズメダイyg
d0237353_4434916.jpg


後ろの壁が近すぎますが、サカナ自体はばっちり撮れてますね。

もちろん60mmでも撮れないことはないです。 
逆に60mmの方が得意な状況を 105mmで撮る技術ってのもあるでしょう。

でもアマチュアですからね、不得意を埋める努力をするより、得意を伸ばした方が 楽しいでしょ?



同じコガネスズメダイ    シンメトリー
d0237353_4445941.jpg



サカナって、正面から見ると、ホント宇宙人みたいですよねーー



マミさんと105mm、取り回しが慣れなくて打率はまだ低いですけど、期待大ですね。




三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D90+60mm ) by mami ( D7100+105mm )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-09 04:57 | サカナ | Comments(2)

マミさんが105mmでマクロ写真を撮ってみた

11月末の連休では、日曜・月曜と2本ずつ、4本潜ったのですが、
月曜日の2本で、自分はワイドレンズ付けて潜ったんですね。 すでにご紹介しましたが。


その時、トキナーのフィッシュアイレンズはD90に付けて潜ったので、
マミさんがD7100 +105mmマクロで潜ったのです。

ミノカサゴ
d0237353_2291299.jpg



それまでコンデジや60mmマクロで、被写体にべったり寄って撮ってましたから、
105mmの距離感には戸惑ってたみたいだけど、すぐ慣れて、なかなかな写真を撮ってました。


ガラスハゼ
d0237353_22114070.jpg


透明度も良かったので、きれいな青に抜けました。



オオモンカエルアンコウ
d0237353_22124352.jpg


この子 実は9月にチビちゃんでいて、一度居なくなってたんだけど、大きくなって再登場したらしいです。




前日は私が105mmで撮ってました。

ジボガウミウシの青かぶせ
d0237353_22175213.jpg




クマドリカエルアンコウは どんどん大きくなって ふてぶてしい顔になってきました
d0237353_22194910.jpg




年末年始は モエギハゼ狙いで石垣島に行く予定です。
そうなると 60mmじゃ太刀打ちできませんから、カメラも交代で使おうかと思ってます。

なので、マミさんも105mmの使い方に少しでも慣れとかないとね。
年内あと一回は行けるから、そこでも105mmで潜ってもらいましょう。

やさしいなー、オレ。



最後にもう一枚 ミノカサゴ   
d0237353_22261052.jpg


背景がイマイチなんだけど、子供だからかな? きれいな鰭膜(きまく・ヒレの膜)でした。




三浦・宮川湾にて photo by mami & nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-06 06:25 | サカナ | Comments(6)

秋晴れの一日

11月中旬ですから、もう半月前の写真です。


すすきと紅葉
d0237353_654455.jpg




まきばに行った日は、その午前中に すぐ近くの大霧山に登ってました。

まきばの看板と関八州の山々
d0237353_621719.jpg


まきばの写真のマミさんがリュックサックを背負ってるのはそういう訳です。



その数日前、江戸東京たてもの園に行った時には、まだ紅葉になりきってなかったので
「山なら真っ盛りでしょう」って行ってみたんだけど、この時は色づきはじめってぐらいでした。。
d0237353_5515212.jpg



ただこの日は 素晴らしい秋晴れ

ひらけたところに出ると、本当に遠くの方までよく見えました。

南東の方角を望む  大宮~東京方面です
d0237353_5541081.jpg



これ、300mmでアップにしてみると・・・

かすかに 東京スカイツリー
d0237353_5562334.jpg


直線距離で 約70kmぐらい。
近くの鐘撞堂山からも見えるって話しは聞いてたけど、本当に見えるんだなって。

こういう日はテレコン持っていかないとですねー


大宮のビル群と 浦和川口方面の高層マンション
d0237353_5591783.jpg


ここら辺になると ハッキリクッキリです。


午前山登り 午後まきばと充実してたのですが、紅葉はイマイチ、

結局翌週は海に行って、その次の週は月末の事務仕事してるうちに、
木々はすっかり葉が落ちて 冬の装いになりました。


紅葉狩りは来年のお楽しみですね。







東秩父・大霧山にて photo by mami ( D5300 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-12-03 06:14 | 山登り | Comments(2)