水中ワイド写真に挑戦してみた

まだ一眼レフを水中に持ち込む前、というか はじめて一眼レフを買ってから半年後、2011年秋には
「そのうち水中に持ち込むかもね」って、Tokina AT-X 107 を手に入れておりました。

そして今年の初め、105mmのポートと共に、107Fisheye用のドームポートも 同時に購入しました。

そしてこの秋は、陸上で写真撮る時も広角レンズを使って イメージトレーニングしてたんです。




このように 長い年月かけて 着々とワイドレンズを水中に持ち込む計画を進めていたのですが、
先週の連休、良い潮が入ってきたみたいで、ホームの三浦・宮川湾の透明度が12~15m!!

これはチャンスという事で、60mm、105mmのマクロレンズと共に 107Fisheyeレンズとポートも持って
三浦の海に行ってまいりました。




三浦らしい風景  かな?
d0237353_0204795.jpg


トビ根には大きなイシダイがたくさんいます。

結構近づいて撮ったんだけど、いまいち迫力不足だったので 実はトリミングしてます・・

マクロ撮影でも泳いでる魚に寄るのは難しいけど、ワイドの時は、ほんと 触れるぐらい寄らないと迫力が出ません。

でもそれくらい近づけば当然逃げるし、難しいですね~~





ネンブツダイの群れ
d0237353_0164490.jpg


これも結構寄ってるんですよ。。でもまだ迫力不足ですね~  これ以上寄ると、群れがバラけるしね。。

後ろのカジメの林と 海の青は入れたかったので、とにかくあおりで狙ってたんだけど、
群れの形が 思ってたようにはならなかった。




ワイドマクロちっくに   ミノカサゴ
d0237353_029029.jpg



マクロレンズ、特に105mmの時の被写体との距離感とは全く違うので、戸惑いは大きかったです。



あとはストロボの位置ね。  ドームポートですからストロボ近づけすぎるとハレーション起こします。
で、遠く後ろに離して構えるんだけど、ワイドマクロっぽくしようとして被写体に寄ると、ケラれるしね・・

ちょっと研究が必要ですねーー



動かないので寄れたのは良いんだけど、ストロボがケラれて青カブリしたオニカサゴ
d0237353_0344012.jpg



マクロ写真とは おそらく設定とかも違うんだろうな・・

構図、露出設定、ストロボの当て方・・ マクロ修行中の身なのにワイドまで手を出したら頭の中がパニックになるかな??


ま、趣味の世界ですからね、 こんがらがるのも楽しみのひとつでしょう(^^)


でも、透明度が良い海のワイド撮影は楽しいですね。
はじめてにしては まぁまぁそれなりに撮れたし?



三浦らしい風景 その2   銀ちゃんと井形さん
d0237353_0432821.jpg


正確には 三浦のイシダイの「銀ちゃん」は 特定の個体がいるのです。
鰓に傷があって、このぐらいの大きさで・・とか 見分け方があるらしいのですが、自分達には分かりません。


なので、とりあえず大きいイシダイは 「全部 銀ちゃん」 って事にしてます。





三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D90 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-11-29 06:21 | サカナ | Comments(8)

たのしい まきば

この秋、マミさんの 「まきば熱」が異常に盛り上がってました。
カレンダーと天気予報を見ながら 「いつ まきばに行くのか?」と迫ってくるのです。

まきば=牧場ですね。


原因は この本  平林美紀さんの 「たのしい まきば
d0237353_101385.jpg


これ、ぬいぐるみの写真じゃありませんよ。


水中写真の世界にまで いわゆる 「ゆるふわ」 な写真が席巻している昨今、
かわいい動物 (しかも子供)を ハイキー&低明瞭度&彩度高めに切り取った写真の数々、

「カメラ女子」のハートを ガッチリと掴むであろうこの企画を思いついた出版社の人達のたくらみに
自分の奥さんが まんまとハマってしまうとは。




とりあえず 高坂の動物公園に行ってみたのですが、 「動物園と まきばは ちょっと違う」 と一言。

そういう訳で、一番近所の 秩父ふれあい牧場に行ってみました。
d0237353_1057740.jpg


広々として  のどか~~  



11月中旬、時刻は14時~15時、晩秋の太陽はやや傾きながら やわらかな光ですべてを包み込みます。


丘に立つ 子ヤギ
d0237353_11155341.jpg



「ゆるふわ」で動物を撮る時は、逆光で撮るべし

その方が 周辺部の柔らかい毛がキラキラ光るんですね。


ついばむ
d0237353_1119443.jpg




なかよし
d0237353_11275716.jpg



私(ノブ)は前回から広角で撮ることをテーマにしてますので こんな感じで
d0237353_1425238.jpg


やっぱりハイキーに撮ってしまった・・・



このふれあい牧場、柵の中に入ってヤギたちと触れ合う事が出来ます。

なのでマミさん、こんな感じ
d0237353_14473966.jpg


でもね、芝と牧草のあいだには、ヤギたちのウンチがコロコロしてました。

肘と膝、大丈夫?



ヒツジは怖がりだからなのか、柵の中。  直接触ったりできません。

なので遠くから望遠レンズで・・
d0237353_1451054.jpg


ヒツジもヤギも、ずっと草をはみはみ・・・
なかなか顔を上げてくれないので、写真集のような絵にはなりませんでした。



今回の写真たちは、撮影時にハイキー&絞り 開放で撮って、
ポストプロセスで 明瞭度を落として彩度を上げて ゆるふわ風の雰囲気に仕上げてます。


いつもとは違うニュアンスの撮影・レタッチも面白いですね。




秩父・ふれあい牧場にて photo by mami ( D5300 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-11-22 15:12 | 陸上風景 | Comments(2)

「江戸東京たてもの園」で広角に悩む

両国に 「江戸東京博物館」ってのがありますが、その分館的な存在なのかな?
都か区か分かりませんが (多分都ですね) やってる施設です。


「小金井公園って、どこよ? 吉祥寺の向こう??  遠いなー」って思ったのですが、
地図見てみたら 所沢手前からまっすぐ南下したところにあるようなので、関越道使って車で行ってきました。


都電7500形
d0237353_6523556.jpg


「形」なの? 「系」なの?


かつて都内にあった歴史的な建造物や、武蔵野に当たり前に存在した農家や商家が 保存・展示されてます。
風が強くて 空は雲ひとつない晴天だったので、紅葉からめて撮れれば・・と思いましたが、
少し早かったみたい。

武蔵野にあった名主の家
d0237353_659445.jpg



ビジターセンターでは スタジオ・ジブリのセル画や 映画で出てきた建物を再現した模型の展示もしてたので
平日なのにもかかわらず、結構な人出。  団体さんも多かったですね。

我々も仕事は休みでしたが、午前中に公務的なのがあったので、昼過ぎから駆け足で回りました。

建物たちはどれもフォトジェニックで素晴らしかったです。


下町を再現したゾーン
d0237353_744836.jpg



ここまで すべて 17mm(APS-C)の写真。

この日のテーマは 「広角で切り取る」 

私たち、水中ではマクロ (小さい生物を大きく撮る) 写真一辺倒ですし、
陸上でも画角の狭い写真 (焦点距離 70mm以上) が多いです。

ま、くだいて云うと、小さいモノや遠いところを アップで撮るのが好き、って事なんでしょう。
それぐらいの画角の場合、背景のボケ味が大きくなるため、主役(テーマ)を表現しやすい、ってのもあります。


そういう写真ばかり撮ってるとですね、広い範囲を写す時に どう撮っていいのか分からなくなってきます。
上の写真も、特に3枚目とか、テーマがぼやけるでしょ?


なので やっぱりディティールに焦点をあてた写真になっちゃう

三井家の客間の照明
d0237353_723527.jpg



生花店にあった黒電話
d0237353_729767.jpg



居酒屋さんの熱燗器?
d0237353_7305766.jpg



こういう細かいモノ達も再現?保存?されてるので、とっても楽しいです。
あ、でも一応レンズはマクロとか望遠に替えたりせず、標準ズームで撮ってます。 我慢しました(^^;;


部屋の中を広く撮るのは 雰囲気出ますよねー  この画角ならでは、だと思います。

武井三省堂(文具店) 店内
d0237353_7354622.jpg



鍵屋(居酒屋) 店内
d0237353_7504991.jpg



6畳間
d0237353_755069.jpg

大学時代、こんな部屋のつくりのアパートに住んでた気がする・・



さて広角での絵作りですが・・

やっぱりテーマひとつだけだと、余程の存在感がないと、画面がもたない感じがして 苦しい。
なので、副題的なものを 広い画面にちりばめていく・・  
でもその配置はちゃんと考えないと バランス悪くなっちゃう。


それぞれのパーツを、「重さ」で例える写真家の方もいらしたけど、
その感覚は 意識して場数を踏まないと得られないんでしょうね・・・


現場で悩みながら撮ってたので、フォトジェニックな被写体だらけだったのにもかかわらず、
二人とも100枚程度しか撮ってなかった。
晴れてコントラストの強い状況だったので、屋外の場合、一つの構図につき露出変えて5~7枚程度撮るので、
構図だけで云ったら、20シーンも撮ってないんじゃないかな?

それだけ絵コンテ作りに悩んだ、ってことですよ。


16時前には帰路についたのですが、もうかなり日が短くなってます。
帰りの関越道から 夕焼けをバックにしたきれいな富士山のシルエットが見えました。

d0237353_8104084.jpg


70mm Mモード   ss 1/125    f 開放(4.5)     ISO Auto(2000)     WB 曇天

周りも入れたかった&暗くてピントが難しいので 70mm f値 開放
100km/時以上で走ってる車内からなので 手振れ防止のため ss 1/125
明るさは オート ISO まかせ。

こういう時 オート ISOは明るめに撮れることが多いので、露出補正で -1.0に補正。

高速道路の防音壁が途切れる数少ないチャンスをモノにしてくれました。


でもやっぱり 画角はやや望遠側・・(^^;;;




江戸東京たてもの園にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D5300 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-11-18 08:25 | 陸上風景 | Comments(4)

ロクハンカブリは水温何℃まで大丈夫なのか?

この秋 ロクハンカブリを作ったのですが、その水中での快適さに 
10月末~11月初めにかけて、3週連続で海に行ってしまいました。


セジロノドグロベラyg
d0237353_6314574.jpg

なかなかテクニカルな動きをするので、撮ってると楽しい


この時期の三浦の水温は 20℃前後、気温水温ともに、日々下がっていきます。

作ったばかりのロクハンですので、これぐらいの水温ならまったく寒くないのですが、
ブーツが薄いと 足元から冷えてきます。

んで、「このブーツは暖かいよ」という野口さんお勧めの GULL スキンホットブーツを買いまして、 
そしたらますます快適になりました。 フルフットのミューフィンとの相性もバッチリだし。


以前も登場してくれたベンケイハゼ
d0237353_649958.jpg

この日は仲良くペアで。


上がってから水面休憩は カブリの部分だけ脱いで フリースとか着てるんですが、
もう少し外気温が下がると寒いかもね。。

あと、2本目行く前 濡れた状態だと、シャワー浴びながらじゃないと着れません。
これは遠征とか行ったとき、シャワーのないボートの上やビーチだと困るかもなー。
そういえば ガイドさんやベテランさんは みんな海に飛び込んで着てましたね。



サビウツボ  ウツボ属の1種1   三浦の海ではじめて見ました
d0237353_70345.jpg

顔がかわいいので、見つけたら撮ることにしてるんですけど、分布を調べてみたら 「和歌山以南」って書いてある。
この子も 季節来遊魚なのかなー? 

【追記】
I○Sさん、池ちゃんさん、ご指摘ありがとうございます m(..)m
サビウツボの写真を見たら 全然違いました。  ウツボ属の1種1 に訂正させていただきます。。
そしてこの子は、伊豆とかにめちゃめちゃいるのですね。  超・普通種(^^;;




前回11月はじめのダイビングでは、水底が19℃ぐらい、今藤さんは2本目からドライスーツに替えてました(^^;

自分もさすがに最後寒くなったので、2本目からは「バブ」投入です。
そしたら もー全然寒くないっていうか、首の後ろとかホカホカしちゃって ノボせそうでした。



コガネスズメダイyg   
d0237353_7112277.jpg

この子は正真正銘 季節来遊魚ですね。


あの「バブ」ってのは なんで温かくなるのでしょうか??

化学反応起こして発泡して お風呂で使うし、なんか温かいイメージはあるんですけどね、
粉に偏りがあると、その部分だけ「温かい」を通り越して、「熱い」ぐらいになります。

最初に発見した人、天才ですな。



ムチカラマツエビ  ちょっと色黒
d0237353_7263572.jpg



ガラスハゼ
d0237353_874043.jpg


いつもは留守がちなムチカラマツに この秋いきなりこの子たちが、しかも複数個体 付いてて、嬉しいんです。

でも水温下がるといなくなっちゃうのかなー? 




水温19℃でも バブ併用で全然余裕でしたから、もう少し頑張れるんじゃないかと思います。

「ロクハン 何度まで」でググるといろんな記事が出てきますが、
「13℃はさすがに寒かったですぅ~~」って記述があって、 「そんなん、ドライでも寒いわ!」ってツッコミました(笑


ま、13℃は極端としても、16~7℃ぐらいまでは行けそうな気がするんですけど・・?
問題は上がった後の外気温なんですよね~


ナマハゲミノウミウシ
d0237353_7363596.jpg

「ナマハゲ」は 秋田の冬の風物詩ですね。
このナマハゲ君も 晩秋から冬にかけて よく見かける気がします。


次回のダイビングは11月末の連休か、12月はじめの週末になると思いますが、
一応、ロクハンとドライ、両方持っていこうかなと思います(^^;;;





三浦・宮川湾にて photo by mami ( D90 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-11-13 08:10 | サカナ | Comments(5)

チビカエルアンコウの アクビが チビのくせに案外怖い

前回の記事のクマドリカエルアンコウがいたポイントには
小さくて白いイロカエルアンコウもいましてね。


この子は以前にも紹介したんですけど、しばらく居ついてくれてるみたいなので、
クマドリと合わせて、このポイントの二大アイドルになってます。


この子ね  マミさんがまたメルヘンチックに撮ってくれました。
d0237353_1852885.jpg






みんなで順番に撮るんですが、自分の番になった時にこの子がですね、

突然こんな顔!   「ピャーッ!!」 (注: カエルアンコウは鳴きません)
d0237353_1853930.jpg



口のまわりとか、透明ですよ。

なんでこんな顔になっちゃったのか。
小さいくせに 迫力満点


閉じかけーー
d0237353_18542576.jpg




もとの顔ーー  かわいいーー
d0237353_18535961.jpg






決定的瞬間を押さえた、ってことで嬉しいんですけど、
普通の顔の写真の方が いいなー


こういう感じの写真
d0237353_185442100.jpg



ちょっと受け口で エスカのお花のせておすまし。
目がキレイなブルーになりました。


二枚目の写真と比べると、同じ子とは思えないですよね。




三浦・宮川湾にて photo by mami ( D90 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-11-08 06:49 | サカナ | Comments(8)

今年も チビシロクマに会えました!

チビシロクマ、 小さくて白いクマドリカエルアンコウのことですね。

クマドリカエルアンコウの大人は、白地のと黄色地のがいますが、
子供は白地のしか見たことありません。

黄色地の子供っているのかな・・?


全身をしっかり写したかったので f16
d0237353_1142162.jpg


去年一昨年と、この季節になると現れてました。

特に一昨年なんて、一度に4個体も見れて、大変ラッキーでした。


ただ、ここ数年見られてるからと言って、毎年必ず見られるかってのは別問題でして、
一昨年以前は 数年に一度見られればラッキーって感じだったらしいので、
またいつか 現れなくなっちゃうかも知れないのです。



なので、「今年も来てくれてありがとう」 ということで。

周りをふんわり  f7.1
d0237353_11364315.jpg



約一年ぶりに会ったんですけど、やっぱりかわいかったわ~~



今回クマドリは この子一匹だけだったので、

順番待ちしてる時にアオサハギ小学生見っけ
d0237353_11505994.jpg


むしろこっちの方が 撮った枚数多かったかも(苦笑



クマドリ撮り終えた後、もう一度アオサハギに戻ってしばらく撮ってたんですけど
何となく視線を感じて 後ろを振り返ると・・

一緒に潜ったチームの皆さんがこちら見ながら待機、
ガイドの今藤さんがジェスチャーで 「そろそろ上がりますよ」と。

大慌てでカメラしまいながら浮上しました。


フードとマスクで隠れてましたけど、めっちゃ赤面しておりました(^^;;;;



次回の海は しばらく後になるので 今年はこの子一匹だけかな?

というわけで もう一枚
d0237353_12151383.jpg



ずっと同じポーズですね(^^)

実は岩の隙間だったので、この角度からしか撮れなかったのです・・




三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-11-05 12:14 | サカナ | Comments(2)