Nikon D750 が発売されたというニュースに 心が揺れる

Nikon から 昨日 D750が発売されました。

我が家の一眼レフは、APS-Cが3台も(D90 D5100 D7100)あって、フルサイズは持っていないのですが、
もちろん興味がない訳ではなく、交換レンズも半分以上はフルサイズにも使える FXフォーマットにしてますから、
近い将来、導入するつもりではいたんですね。


(この子は だれでしょー??)
d0237353_0235451.jpg




その際、まず1台目は 水中に持ち込まない前提でいたんです。
「てことは 2台 3台と買うんかーい!」ってマミさんの突っ込みが聞こえてきそうですが、
いやいや、フルサイズ買ったとして、すぐまたハウジング買うの?って話です。

もし将来「フルサイズも水中に持ち込もうか」ってなったら その頃には新しいのが出てるでしょうから、
その時はそれを持ち込めばいい、と。  「水中でフルサイズはいいや」ってなる可能性もあるわけだしね。


なので、当面の最有力候補は 長く楽しめそうな Df   あのフォルム、惚れてまうじゃないですか。

ただ、やっぱり値段はちょっと高くて、この春 D7100のハウジング一式を導入したばかりの身には
簡単に「ポチ」っとはいかなかったんですね。



(ホソウミヤッコくんでーす)
d0237353_0241948.jpg



価格.comの「気になる商品」 に登録、値段の変動があった時にお知らせしてもらう設定にして、半年ほど追ってました。

夏ごろから 「最近どんどん下がるなー、 D810が発売されたからかな?」などと思ってましたら、D750 の発売のお知らせ。

はじめ、「D700の後継でもなさそうだし、なんと中途半端な立ち位置」と思ってたのですが、
昨日発売、早速レビューや作例がアップされてて、なんだか 評判も良いみたい。



一方、こちらのホソウミヤッコくんは、超が付くぐらいの普通種なので、評判になることは まずありません
d0237353_0244850.jpg

かわいい顔してるのにね。



で、カメラの話に戻しますが、
これまでサッサとフルサイズに移行しなかった理由はふたつ。

一つ目が カメラがデカイ。 
ただこちらは D610や Df あたりから随分コンパクトになってきてて、今回のD750 も同等のサイズみたいなので問題なし。

二つ目は 自分たちの写真が ほとんど望遠側の焦点距離
水中はマクロ専門、陸上でも望遠レンズをよく使います。APS-Cで35mmより広角での写真は ほとんど撮らない、
というか、そんなに広い範囲に 何をどう配置するのか、絵コンテが描けません。

そういう傾向の場合、フルサイズよりAPS-Cの方が有利ですね。
なので、半年ぐらい、値段がこなれるまで様子見るつもりではいるんですけど・・・


あまりにも魅力的なので もしかしたら年内にも?? もしくは Df が大幅に値崩れしたら、そっちもあり?!

昨日から心が大きく揺れているのです・・





さて ホソウミヤッコの黒抜きですが、f6.3 ss1/60 ISO200 です
d0237353_0251674.jpg


ss1/60でも 背景が明るくなってくれない。この日の透明度は決して悪くなかったんですけど、温帯の海、恐るべしです。

こういう時は、「禁断のISO」をいじるしかないのでは。。

なんで「禁断」なのかと云いますと、
平井師匠から パラメータが増えるとややこしくなるから、まだいじらない方がいいよ、って言われてるのです。


でもいじっちゃった  同じ f と ss で ISO320  (あと LR で明瞭度を少し落としました)
d0237353_0254023.jpg


明るくなったけど、青くはならずに 緑になるところがいいよね。

「東京湾 LOVE」ですよ。





三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-09-26 15:39 | サカナ | Comments(11)

望遠レンズと高速シャッターで遊ぶ

沖縄とかに遠征するとき、羽田空港に向かうモノレールから見える 大井競馬場

「この競馬場、夜にレースを開催して、仕事帰りのカップルとかで賑わうらしいよ」 なんて話しを 通るたびにしてました。

競馬はもちろん、パチンコや宝くじの類いまで、ギャンブルは基本しないんですが、
①サラブレッドはきれいだし、走ってる馬は被写体として面白そうだ 
②夜になったらロマンチックかもしれない  という理由で、

先日 大きな望遠レンズをリュックに詰めて 大井競馬場に行ってみました。

D7100+Tamuron70-200 f2.8 (A001N)  トリミング
d0237353_2123160.jpg


上の写真は ss 1/320  f4.5   ISO200   Aモード


f2.8 通しのレンズを付けて撮影するときは、ほとんど f値を4~5.6 で固定します。
そのぐらいの絞りが 一番キレのいい写真が撮れる気がするので。

三脚を立てちゃダメなので、手持ちです。
というわけで ss は 下限1/100  それで暗くなる時は オートISOを多用します。

とっさの場面とか、それが一番失敗が少ない気がするんですよねー


この時は まだ夕方で明るかったので f4~5.6で Aモード
ss も 1/320 が出ましたので、馬体もうまく止まってくれました。


第4コーナー出口   ss1/250 f4.5 ISO200
d0237353_2222338.jpg


丁度、ダートの土ぼこりが 夕陽に照らされて 背景が輝いて見えました。
明暗のコントラストが大きかったので、中央重点測光で。




目の前を それこそ「あっ」という間に通り過ぎるので、ほとんどうまく撮れないんですが
2レース程撮りまして、 「こりゃ、相当面白いね」と。


イマイチだったらサッサと退散するつもりだったのですが、腰を落ち着けて競馬場を楽しむ事にしました。


という訳で ビールとハイボール    写真は撮らなかったけど、焼き鳥がめちゃめちゃ美味しかった(^^)
d0237353_2393240.jpg




流し撮りにも挑戦  ss1/100 f4 ISO500
d0237353_2434237.jpg


この時はもう暗くなりかけてたので、f ss 固定のMモードで、ISOはオート
加えて 流し撮りを狙ったので、AF-C にしました。


本来流し撮りって、もっとシャッタースピード遅くするんでしょうけど、
馬体も ある程度止めたかったんですよね。

でもちょっと中途半端になっちゃったかな?



日も落ちると イルミネーションがきれい
d0237353_2495761.jpg






休日だったので 家族連れなんかも多くて、子供たちはそこら辺を走り回ってたけど
基本的に競馬場は 「お馬さんのいる公園」ではなくて ギャンブルするところ。


なので、こんな風景とか
d0237353_2515820.jpg



こんな感じとか
d0237353_2523267.jpg



地面にはタバコの吸い殻と外れ馬券が散乱して、チューハイの空き缶とかが転がってます。

「いかにも!」って感じがして 渋いよ、なかなか。 



入り口には ハイセーコーの銅像
d0237353_255545.jpg


オグリキャップの 一昔前のアイドルホースですね。
大井競馬場で デビューしたんだそうです。



実は写真撮って、お酒飲んでただけじゃないんです。
何十年ぶりかに馬券も買ってみまして。。。

ぜ~~んぶ 外れました!


ほんと、そういう関係、弱くなったわ~~






大井競馬場にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D5100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-09-22 07:03 | 動物 | Comments(2)

サンゴの隙間のサカナたち

大海原を自由に泳ぎ回るサカナ達を眺めるのは 
自然の素晴らしさをストレートに感じられて 大好きなんですが、
マクロ好きとしては サンゴの隙間に隠れて生活してるサカナ達にも惹かれます。


例えば こういう子ね    アカネダルマハゼの子供
d0237353_5192731.jpg




カサイダルマハゼ
d0237353_6372164.jpg




枝サンゴの隙間に ひょっこり顔を出す姿は愛嬌あるんですが
何しろトゲトゲのサンゴの隙間ですから 撮りにくいったらありゃしない


特に卵を守ってたりしたら 余計出てきません
ダルマハゼ  奥に見える銀色の粒々が卵
d0237353_6415094.jpg




フタイロコバンハゼは 大人も相当シャイですが、子供はそれに輪をかけてシャイです。
隙間を覗き込んでも まーー出てきてくれません。
d0237353_6442816.jpg


この子はマミさんがDECOぎりぎりで 粘りに粘って撮ったものです。


隣のサンゴにいたアカネダルマハゼ
d0237353_6464858.jpg



水深は20mぐらい。
こんなかわいい子達が隣同士にいて、しかも なかなか顔出してくれないってなると

ダイコンに怒られそうになっても 粘っちゃいますよねーー





座間味にて photo by mami ( D90 ) by nobu ( D7100 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-09-17 06:54 | サカナ | Comments(8)

十五夜の月と カエルアンコウ

座間味の写真が続いてますが、先週 三浦の宮川湾に行ってきましたので その写真を


チビカエルアンコウ
d0237353_21594686.jpg


3cmぐらいかな? ピンクで小さくてかわいかったです。



で、十五夜は一昨日でしたっけ?

曇りがちな毎日でしたが、ちょうど きれいに雲が晴れたので・・
d0237353_2221786.jpg


自宅のベランダから、300mmに2倍のテレコン付けて。   f11 ss 1/160

600mm(35mm換算で900mm)だと、結構大きく撮れますね。


こんなに大きな満月を見ちゃったら さっきのかわいいカエルアンコウも・・




キャ~~~!!


こんな風に 変身してしまいました   

d0237353_229215.jpg



冗談ですけどね。

この写真は ストロボは発光させず、イノンのライトだけを照らして撮ったそうです。


撮ったマミさん曰く

「小さいのはどう撮ってもかわいい。 でも中途半端にデカイのは、どう撮ってもかわいくならない。じゃあ、逆に怖くしちゃえ!」



なかなか 怖く撮れてますね~


最後にかわいいのを もう一枚
d0237353_2213559.jpg



座間味から帰ってきて、絵コンテの描き方の部分で、少し進歩したかな~ って思います。




三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-09-11 06:30 | サカナ | Comments(8)

ジャパピグと云われている いわゆる小さいタツノオトシゴ

初めてお会いしました ジャパピグ

ジャパピグ・・・・ジャパニーズ ピグミーシーホース の略みたいです。


実は、初めてお会いするどころか、恥ずかしい事に 初めて聞く名前でした。。


本家本元?のピグミーシーホースにさえ お会いしたことないんですよ・・われわれ・・素人でスンマセン・・


はい この子です   ジャパピグ
d0237353_15461951.jpg



大雑把に云えば 小さいタツノオトシゴ。  胴体が10㎜ぐらい、尻尾のばしても15mmないぐらいですね



んで、「ジャパピグってなによ?」 とググってみたら いろいろ出てきたんですが、
まぁ、一種類じゃない、っていうか、総体的な呼び方みたいですね。



「ジャパピグ なんて生き物は いなぁーーい!」って強調してる人もいるようですが
ま、細かい事は 学者さんに任せて、ゆる~~い感じで。


「日本近辺で見られる 小さいシーホース(タツノオトシゴ)の仲間たち」って解釈しました。


今回見たのは、学名 ヒポカンパス セベルンスイ(Hippocampus Severnsi)って種類で、(標準和名はないみたい)
とにかく 小さかったです。




この写真で 小ささが伝わるかな?
d0237353_1548385.jpg


ぽっつーーん って感じ。






正面顔

d0237353_15482546.jpg



この子(種類)は、頭や胴体が 全体的に平べったい感じでした。





この時、希望者だけその場に残っていいよ、ということで、自分ともう一人の方の二人だけ残ったので 
60分ぐらい いろいろ工夫したり ピントを追い込んだりできたはずなんですが・・


小さくてかわいいんですけど、やっぱりタツノオトシゴなんですよね。


カメラ向けると、ふら~~っと そっぽ向いたり、移動したり。

時間もあるから 充分慣らして・・とか出来たかもなんですが、
じぃっとファインダー覗いてることに、こっちが先にダレちゃったりして・・



内地のハナタツ撮る時にも よく見る角度  
d0237353_1549075.jpg




タツノオトシゴは、大きくても小さくても 撮り方がわからん!

そういえば別のポイントで、20cm以上あるオオウミウマを見たのですが、
上手く撮れる自信なかったので、完全にスルーしてしまいました(^^;;





「佇む(たたずむ)」
d0237353_1549404.jpg




案外こういう普通の感じのが良いかも、って思ったりします。

いかがでしょう?





座間味にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-09-08 16:10 | サカナ | Comments(2)

シムランスは 結構よく動く

何だか最近、よく撮る被写体が だんだん小さくなってる気がする
老眼で小さいもの全然見えないのに・・


マミさんのリクエスト その1  シムランス


今さら? って感じでしょうか?

でも実はわれわれ、ちゃんと見たことなかったんですよね。
前回は間違って単なるゴミを撮ってたし。



そしたら、一本目のダイビングの 潜行してすぐのブイ下で案内されました。
d0237353_7532299.jpg





フィコカリス・シムランス : 小さいモエビの仲間です。

全長は3mm~7mmぐらい? 身体中にモジャモジャをつけて擬態してます。


ホント、ゴミにしか見えないんですけど、そっと触ると、ピンって飛び跳ねます。

そっと触って何も反応がない時は・・・・ただのゴミです。。。




ゴキゲン シムランス
d0237353_754327.jpg


色違いのフサフサ  ちゃんと脚もありますよ

脚だけ細くて アンバランスなのがかわいいですね。
チョコボールのキョロちゃんとか、漫画の鳥のキャラクターにいそう。

でも エビにしては なんか足が長すぎる気もするんですけどね。。





この子は結構大きかったな・・・といっても10mmはないけど
d0237353_7582966.jpg


ピントがちょっと甘いですが、背景の青がきれいに出たので。。
もしかしたら 卵持ってるのかな?



あまりしつこく撮ってると、飛んで行っちゃいます   ぴょんっ
d0237353_7585879.jpg



はい さようなら

楽しませてくれて ありがとう






座間味にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-09-04 08:02 | サカナ | Comments(4)

座間味の夏の風景

今回の座間味では 2人合わせて2000枚以上の水中写真を撮ってて 
帰ってきて 2週間経つのに いまだに全然 整理できません。

ほぼ ピンボケ、全然ダメね! ってなら 選別も迷わないんですけど、
そういうのは それぞれ300枚ずつぐらい? (それでも多いけど)

「お、ジャスピン!でも 背景が~」  「かといって、まったくのボツにするのは もったいない~」
「こっちはピン甘、背景とかいいんだけどな~」ってのが多くて・・
何度も見直しては、「こっちか?! それともこっち??」 みたいなことを繰り返してます。


なので 一番選別しやすい 陸上写真を 何枚か

座間味の おばあ
d0237353_0192843.jpg




夕方のネコ
d0237353_020912.jpg




座間味の集落は ネコ天国
d0237353_0205653.jpg



マミさんは 犬、猫、どっちが好きなの?って訊くと、どちらかと云えば ネコ好き

でも、本人はめちゃめちゃ ネコアレルギー


写真撮っただけで くしゃみしてましたけどね。



インザストリームと まるみやの中間点、 虎次郎の たこ焼き
d0237353_0232761.jpg


なかなか 美味しかったです。  ハイシーズンは毎晩やってるから、結構 お奨め。




少し街灯りのないところ (インザストリーム事務所から20m) から見た 天空
d0237353_026592.jpg

(28mm(35mm換算42mm) ss20s f2.8 ISO3200)


この季節は、真上に天の川

アスファルトの上に寝転んで、蚊の攻撃を受けつつ 天空を見上げると そのまま 寝ちゃおうかなって・・


三脚持っていかなかったので、D7100 に Tamuron28-75mmf2.8(A09) つけて、
酔っ払いが カメラを地べたに置いただけで撮った写真なのに こんなに星が写るのね。


この次は もう少し広角のレンズと三脚を持って行って、空+地上で撮ってみたいなー


座間味の風景なんですけど、青空とか、シーサーとか、海とかじゃない写真でまとめてみました。
(水中写真は次回以降続きます・・選別がすすめば・・)





座間味にて photo by nobu & mami ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-09-01 07:01 | 陸上風景 | Comments(4)