座間味のエビ・カニ  マミさんの写真

座間味でのリクエスト その2  「小さなエビやカニを きれいに撮りたい」


バブルコーラルシュリンプ   お腹のつぶつぶは 卵でしょうか?
d0237353_5562083.jpg



この写真の f値は 14


で、こちらは f 4.0
d0237353_6111853.jpg


背景の事を考えると 開いた方が全体にスッキリするけど、
エビ本体は 絞って撮った方がきれい。




ナデシコカクレエビかな?  
d0237353_6234045.jpg


60mmマクロレンズですが、寄ってるので f 14 でも そこそこ被写界深度は薄いです。



イソコンペイトウガニ 極小サイズ  
d0237353_6271449.jpg




イソバナカクレエビの ソフトコーラルバージョン? 
d0237353_6392510.jpg


アザミカクレモエビにも似てる気がするけど、マルミカクレモエビではないんだって。
つうか、ここら辺のエビさん達の区別は 訳分からん。


これは 正真正銘のイソバナカクレエビ
d0237353_6452761.jpg



横から撮るか、正面から撮るか、はたまた 斜め上からのアングルを狙うか、あおってみるか。
絞って撮るのか、開いて撮るのか。

背景の具合や、エビさん達のいるところによっても 最適な構図は違うんでしょうから、
無限の絵コンテがあります。


撮ってるときには それが見えないんですよねー、ピントの事で精一杯で。

帰ってきてから写真見て、 あーだこーだ思うわけですね。






座間味にて photo by mami ( D90 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-08-29 06:53 | エビ・カニ | Comments(8)

スズメダイの幼魚を撮る修行

「暑い」ってだけで 日常のいろいろが崩壊していきます。
ブログ更新しかり、ランニングしかり。

結果、仕事以外の時間は 毎日だらだらと過ごしておりました。。。

そんなことしてると、ルリホシスズメダイに ツンツンされますね
d0237353_6435898.jpg




お盆も過ぎて、日中は相変わらず暑いですが、朝晩は 多少涼しくなってきたので
徐々に 普段のペースに戻していきたいと思います。


で、ウダウダしてた間に ちょこっと座間味にも行ってきまして。
水中写真修行の続きであります。


今回のリクエスト その1 「スズメダイ幼魚を撮る練習がしたい」

その成果が これ   ルリホシスズメダイyg
d0237353_6473776.jpg


やっぱり ルリホシスズメは 成魚(一枚目の写真)を載せちゃダメですね。 子供が段違いにかわいい。

成魚の図々しさに比べて、幼魚は とにかくシャイなので、隠れたまま出てこないなんて ザラにあるんですが、
この子は 比較的 良い子でした。

もう少しスッキリした背景で撮りたかったのですが、良い背景の時はピントが合ってなくて。。。
難しいですね。



この季節は 海中に いろいろなサカナの幼魚が溢れてますので、
珍しくもない普通種だろうとなんだろうと 修行の身には関係ないっつうことで、 いろんな幼魚を撮りまくります。


クロメガネスズメダイ yg
d0237353_70218.jpg




モンツキスズメダイ yg ?
d0237353_784397.jpg




ネッタイスズメダイ yg ?
d0237353_7135040.jpg



「背景が・・」 とか 「ヒレが・・」とか 「ピントがイマイチ目に来てない」 とか、いろいろと課題が出てきます。

でもまぁ、以前はなんとなくピントが合ってれば 大喜びでしたので、
前より目標を高く持ててるってことは、これから伸びしろがあるってことなのかな、と。


シコクスズメダイ yg
d0237353_7214519.jpg




ミスジリュウキュウスズメダイ yg
d0237353_723426.jpg




写真講座的には、基本的な理論は 一通り説明していただいたので
あとはそれらを、水中でいちいち考えたりせずに表現できるまで練習する、ってところなんですが、

それと同時に、被写体や状況に応じた 技術的な部分も追加されていきます。
水中での姿勢や撮り方、撮れた写真を見ながら、アドバイスをもらって、練習の目標にします。


あとは水中で 「この状況なら背景白くできるんじゃない」という案内も より実践的でイメージが広がります。

そのアドバイスの場所で撮ってみたけど、きれいな白背景にはならなかった ニセネッタイスズメダイyg
d0237353_755843.jpg




これぐらいのサイズのサカナは、105mmのマクロレンズだからこそ、という部分もありますので、
撮ってて楽しかったです。


なかなか狙い通りにはいきませんが、こちらの海でも季節来遊魚が増えてくるシーズンなので
しっかり練習したいと思います。





座間味にて photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-08-23 08:01 | サカナ | Comments(6)

深谷 八坂祭り 夜の山車・屋台巡行

夕方 空が赤く染まるころ、各町内から 山車・屋台が集まってきます。

d0237353_751543.jpg




山車の上には 今年お囃子を覚えたばかりの小学1年生
d0237353_762084.jpg

練習中は そこら辺を駆け回ってるだけだったのに
本番になると イッチョ前に決めポーズ


あたりが暗くなってくると、中学生、高校生が上がります  元気いっぱい
d0237353_783664.jpg




中仙道各所を巡行しながら 大人たちも叩きます
d0237353_711368.jpg




深谷宿 12町の山車屋台が集結
d0237353_795172.jpg



厳かな式典を経て、全町あげての叩き合いで お祭りは最高潮に
d0237353_7385370.jpg

淳次くん、良い顔してるね~  
ゆーぞーは イス直し中?



山車の上からのショット   
d0237353_71497.jpg



同級生トリオ?  町内的に貴重なので 載せてみました。
d0237353_7145719.jpg



でも やっぱり女性の方が 数倍 華があるな~
d0237353_7153454.jpg




前回、今回と マミさんが撮った写真がありませんが、
マミさんは お祭りにどっぷり参加してるため カメラを持つ暇がありません。

今年は笛デビュー
d0237353_7383240.jpg




夜も更ける頃、 各町の山車・屋台はそれぞれ 自分の町内に戻っていきます。

d0237353_7195128.jpg

手前の警察官が 「こちら相生町、山車の設置 完了しました」 的な報告をしてるところ



みんなで山車の前で車座になって 今年最後の祭囃子に聞き入ります
d0237353_722276.jpg

お祭りが終わる寂しさと、無事終わった安堵感と。







そして 一週間後には 深谷花火
d0237353_7231530.jpg




まだまだ厳しい暑さは続きます。





深谷市内にて photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-08-05 07:29 | 陸上風景 | Comments(4)