アカネハゼ と クサハゼの 惜しい写真

昨年11月に訪問した時にもお会いしたんですが、今回はペアで。

アカネハゼです。
d0237353_333461.jpg

佐久原(サクバル)漁礁の一番下、水深33mのところにいたので、
ハゼを逃がさないか、ダイコンに怒られないかとビクビクしながら撮ってました。


アカネハゼがあくびした!
d0237353_334262.jpg

でも 手前の子の尻尾が切れてる・・orz

他のハゼもそうなんでしょうか? あくびする瞬間って、ヒレが大きく開きますね。
今回は奥の方の子があくびしたので、折角開いたヒレが ちょっと隠れてるんですけど。。

そしてビビりながら撮ったんで、イマイチ寄れずに、少し青かぶり気味。。


と、後からいろいろな課題というか、不満な部分が出てきますね。


同じペアを60mmで   マミさんの写真です
d0237353_3212293.jpg


ちょっとトリミングしてますが、ちゃんと寄ってましたね。 きれいなアカネ色が出てます。

奥の子があくびをしようとする瞬間です(口が少し変でしょ?)ので、ヒレが開いてます。
実は次の瞬間、大きく口を開いてる写真もあるんですが、ストロボが回復してなかったらしく、真っ暗な写真・・orz

次のチャンスを狙いましょう。



別のポイントのクサハゼ君
d0237353_3365588.jpg


こちらも前回よりは寄れたし、ホバリングしながらヒレも開いてるし、まずまずなんですけど・・  背景がね。。

こういうのは 事前にちゃんと考えてから寄らないと。




生体相手の写真ですから 当然ながら すべてのコントロールは出来ませんが、
撮った後 写真を見返して 「あぁ、こうすれば 少しは違ったのかな」 とか よく思います。

そういう経験を積みながら 一歩ずつ進歩していく・・・のかな?

d0237353_3531328.jpg


遠い道のりだねぇ (Part 2)




座間味にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-05-31 06:57 | サカナ | Comments(4)

「絵コンテ」 と 「ホーム・ポジション」

ここ数日間 頭の中でリフレインされてる単語が 表題の「絵コンテ」と「ホーム・ポジション」なんですが
普通、何言ってるか 分かりませんね?

写真、特に水中写真やってる人には 「今更かい!」って話しだと思いますが、

絵コンテは、そのまま、撮影前に「こういう絵を撮ろう」とイメージする画像で、
ホーム・ポジションは、カメラやストロボ位置の基本設定のことです。

つまりは、「感性」 と 「理論」 と言い換えてもいいかもしれません。
どちらも (意図を持った) 写真を撮るうえで、スタート地点(基本)になるものです。


今回座間味で この二つの基本の大事さを身に沁みて実感することが出来まして、
大変有意義な遠征になりました。

d0237353_5235488.jpg



マミさんが水中に一眼レフを導入した というタイミングでもありますので、
座間味・インザストリームの平井さんには 少しかみ砕いて入門編のお話しをしてくださいとお願いしました。

3日間、ゲストが我々だけだったので ダイビングの合間や 夜一緒に飲みに行ってるときに
たっぷりカメラや写真のお話しを聞くことが出来ました。

ベースの内容はこちら


d0237353_5313477.jpg



もちろん 理屈で写真を撮るわけではありませんが、
感性だけでも限界がありますし、両方ある方が望ましいのだと思います。

配分は個人差、性差があるんでしょうね、
自分は今回の講習?で 日頃のもやもやが少し晴れてきた気がしたんですが、
もしかしたらマミさんは 少し頭の中が こんがらがったかもしれません。。。

でもきっとそのうち、血となり肉ととなって写真に反映してくることでしょう。



色合いのきれいなサンゴを 開放で明るく
d0237353_5422614.jpg


この写真は 単なるサンゴの先っちょを撮ったものですが、(平井さんに教わって)
こういうのって、知識があってはじめて描ける絵コンテでしょうから、 理論に裏付けされた感性ってのもあると思います。




座間味のワレカラは デカイ
d0237353_550362.jpg


こういう変テコリンなものに被写体としての魅力を感じるのは、もう 感性の世界ですよね。

あとはこの子を よりかわいく撮るには??  もしくは怪獣っぽく撮るにはどうしたらいいか? というのを
今回学んだ理論で発展させていくんだと思います。


d0237353_623754.jpg


遠い道のりだねぇ



座間味にて photo by nobu ( D7100 ) by mami ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-05-27 06:11 | サカナ | Comments(8)

幻のポール・マッカートニー

自分は若い頃からローリング・ストーンズが好きだったのですが
その時代 ストーンズのライバルと言われたビートルズの楽曲もよく聴いてました。

2009年に発売されたリマスターCDのセットもちゃんと買ったしね。

ストーンズファンは、ビートルズも聴いてる人が多いんですけど、
ビートルズファンは ストーンズ あんまり聴かないよね。

どーゆーこと?失礼しちゃうよね。    まぁいいけど。


そんな訳でポール・マッカートニーが再来日して、しかも改修前の国立競技場でやるとなると
そりゃ、行かなきゃ、って事になるでしょ?
d0237353_2213471.jpg



事の顛末は皆さんご存知の通り、ポール先生がノロウイルスに感染して国立の2公演は中止になりました。
(追記:ポール先生の病気は腸ねん転、今回の日本公演はすべて中止)
 
自分たちは18日日曜日に参加予定で、その日の昼は、西新宿のブートレグ屋をひやかしてたのですが、

そこでは、「サウンドチェック始まったみたいね、今日はやるんじゃない?」 って情報が飛び交ってたんです。

前日17日の公演は19日に延期ってことだし、「案外 症状は軽かったのかな?」 と一安心して
新宿北口 思い出横丁の「岐阜屋」で もやし炒めをつまみにホッピーを飲んでから 千駄ヶ谷に移動。


グッズ売り場の列に並びはじめた頃、中止のアナウンスが・・

騒然とする観客たち
d0237353_2222889.jpg



さすがに70歳超えてのウイルス感染は そんなすぐには治りませんよね・・

お大事にしてください。
そして、何に中(あた)ったのか分かりませんが 日本が 嫌いになりませんように・・


グッズ販売の列 我々の後ろに並んでた父娘の、小学校高学年ぐらいの女の子が
中止のアナウンスを聞きながら 目に涙をいっぱい浮かべてフリーズしてたのは さすがに可哀そうだったけど、

国立競技場の周りに集まってたファンは 概ね冷静な対応
前日の事もあったから「しょうがないよね」みたいな感じでした。

年齢層も高いし、みんな大人ですね。


頭を下げ続ける係員   あなたのせいじゃないですよ
d0237353_2231719.jpg




雑踏を眺める背中に 哀愁が漂います
d0237353_2263219.jpg




還暦がらみだと思いますが、おばさまたちのユニオンジャックがかっこいい
d0237353_2253569.jpg




地べたに座り込んでビートルズナンバーを熱唱 (でも誰も聴いてない・・)
d0237353_227133.jpg




お洒落してきたけど、中止の知らせに 思わず苦笑い・・・・
d0237353_2282825.jpg




競技場のそばまで行けたので、入り口のカーテンの隙間からステージを・・(本当は撮っちゃダメ?)
d0237353_229644.jpg


この写真見ると あらためて観たかったなぁと・・



で、お釈迦様曰く、「結果には原因がある」と   ハイ、因果応報って奴ですね。

この事態になったことについて 自分たちに何か原因があったのかな、と振り返りますと。。。


当日の マミさんのネックレス。。  何故かベロマーク
d0237353_2293230.jpg



西新宿のブート屋で買ったのは 2月のストーンズ公演のマイク傍受した海賊版・・・
d0237353_22101393.jpg




やっぱりバチがあたったのでしょうか。。。?




国立競技場その他にて photo by nobu & mami ( LumixTZ30 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-05-19 22:16 | その他 | Comments(4)

ウミウシのシーズン終盤

ウミウシの仲間は 比較的一年中観察できますが、
種類も個体数も多いのは、水温が低い季節、年明けから春濁りにかけてです。(宮川湾では)

GWはダンゴウオと共に、たくさんのウミウシたちも 目にすることができました。

ミズタマウミウシ  結構メジャーですが、実は初見。  きれいでした
d0237353_703050.jpg



この子は今年よく見ました  ヒイラギウミウシ
d0237353_725333.jpg



フジタウミウシ? 
d0237353_75717.jpg


黄色い身体に黒白のドットで ヤグルマ? フォルムからリュウグウウミウシの仲間?
図鑑にもネットにも 「これ!」って写真が載ってなかったので・・


これも イソウミウシで良いんだと思うけど・・  初めて見ました
d0237353_774351.jpg



ミノウミウシ亜目 No.655   正式な名前はまだ無いようですが、今年はたくさんいます
d0237353_792384.jpg



ウミウシって、本当にたくさんの種類がいて、
分類され切れてないので 正式名がついてない種類も 数多くいます。

むしろそっちの方が多いみたい。
これはウミウシに限らず、海の中の生き物全般に云えることなんですけど。


これも今年たくさん見たなー、 フジエラミノウミウシ 二匹   なかよし
d0237353_730595.jpg



4月まで11~12℃だった水温も GWには17℃ぐらいまで上がってきましたので
これからは ウミウシの種類もぐぐっと減ってくるでしょう。


これから宮川湾はアオリイカの産卵の季節ですね~
いよいよワイドに挑戦?



三浦・宮川湾にて photo by nobu ( D7100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-05-14 07:36 | ウミウシ | Comments(6)

マミさんの ウミウシとかギンポとか

マミさんが 一眼レフ(D90+60mmMacro)で撮りはじめてから 10ダイブほど。

コンデジから持ち替えた時は そのデカさに戸惑っていたけど、だいぶ慣れたみたいですね。


初っ端から いろいろ工夫して撮ってたのはさすがなんですが、
近頃は コツを掴んできたみたい。


こんなコケギンポ写真はいかがでしょう?
d0237353_1463595.jpg


d0237353_147136.jpg



「コケギンポを こんな風に撮りたい」 ってのが 何となく伝わりますね。

これにプラス、ギンポ自体の色や表情、画面の中にもう少し物語性が出てくると 
なかなか立派な作品になりそうです。


コンデジの時点で 被写体にしっかり寄る、カメラを固定する、という基本は出来てたので
あとは自分の撮りたい絵を どう作っていくか。

そちらも 陸上では一眼レフ、Mモードで撮ってますから 慣れるのも早いですね。
あとは水中独特の、ストロボの光と自然光とのバランスについて もっと理解を深めていくことでしょうか。


60mmは結構寄れるので、下手すると白飛びしやすい、というのが悩みだったみたいですが
カメラ側の調光補正や ストロボの位置調整でうまく対応できてるみたい。


飛びやすいシチュエーション
青抜きのために SS 落とした状態で 白っぽい被写体 サクラミノウミウシ

d0237353_292717.jpg



シラユキウミウシも 同じくすぐ白飛びしますが、踏ん張りました

d0237353_212116.jpg



ムカデミノも チビちゃんは胴体が白いので なかなか難しい被写体です

d0237353_2161033.jpg




これらの写真は 撮って出し、という訳ではなくて
一応 私(ノブ)が Lr でポストプロセス(現像&調整)はしてますが、

ま、元データがちゃんとしてないと作品にはなりませんからね。


というよりですね、自分の写真より マミさんの写真を現像する方が楽しいんですよねーー


「上から マミコ」

d0237353_1433462.jpg



おかげで 私の画像処理の技術は 着実に進歩してますけどね。
もう少し本気で追い込むときは、ペンタブレットでハレーション処理もしちゃったり。

最近は そっちに情熱が傾いてるのかも・・?


目も見えないし、水中では カメラは持ちつつ クラゲのように漂うだけ、
本気の撮影はマミさんに任せて、 その後の画像処理に専念しよーかなー


そんな 「ヒモ」のようなカメラライフも 案外 いいかも(^^)




三浦・宮川湾にて photo by mami ( D90 ) by nobu ( panaTZ30 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-05-10 07:03 | ウミウシ | Comments(8)

記念ダイブは ダンゴウオで

GWは 都内でプチ同窓会があったり、地元でBBQがあったりで 盛りだくさん。

その合間をぬって、三浦宮川湾にもダイビングしに行ってきました。


ある程度の本数潜った方の記念ダイブって、どんな感じなんでしょうか?
それこそ大々的にケーキを囲んでる写真なんかも たまに見かけますが、
ほとんどの方が まぁひっそりとなのかな?


自分たちの場合、50本や100本目は、普通にお祝いしてもらいまして、嬉しかったです。

ただ同時に、なんだか照れくさいなー ってのもあったので、
その後については 記録達成時のイチローのごとく 極めてクールな対応で。
つまり周りに言う事もなく、ログブックに☆印を付けるぐらいでした。


でも今回は「宮川湾だけで」100本ということで、いつもの常連の皆さんにも祝っていただくことに。

d0237353_15552635.jpg



平成9年の9月に初めて潜ってから 足掛け4年半、
当時は通算40本ぐらいで、今は240本ぐらいですから、
あいだの200本のうち、半分は宮川湾で潜ってる事になります。

ミウラダイブセンターの皆さんからもお祝いを頂いたりして。
ありがとうございました(^^)

上の写真、多少青さを盛ってますが、
この日は透明度も10m以上で、大変気持ちの良いダイビングでした。



どんなに透明度が良くっても やっぱりマクロダイブ(^^;;
2日間 4ダイブで沢山写真を撮りましたが、今回はダンゴウオで

青抜き?  というより、よくこんなところにいたなぁ
d0237353_1620361.jpg



緑抜き?  無理やり背景を抜いたので ドライの首から多量の浸水が・・
d0237353_1559844.jpg



被写界深度浅く、ほんわりと・・  でも タラコ唇はかくせない。。
d0237353_1617250.jpg



目の周りに鉤十字?  海賊顔ですね
d0237353_16213690.jpg



ダンゴさん、だいぶ大きくなって撮りやすくなったんですけど、
皆さん なかなかふてぶてしい表情をしてますので、
目だけにピントを合わせて、あとはボカしてみました。


一匹、ウズラの卵ぐらいある子がいて、「もしかして母ダンゴ?」って思ったんですけど。
あまりにデカ過ぎて、 思わずエアーを 「ブホッ」と 吹き出しましたよ。

でもこの写真だと大きさが伝わりにくいなぁ。 
d0237353_16275443.jpg



この冬産まれた子がこんなに大きくはならないでしょうから、そのお母さんなのでは、と。

北の海のナメダンゴのように これから深海に帰っていくのでしょうか?
それとも 帰りそこねて もう少ししたら力尽きてしまうのでしょうか?

ダンゴウオの生態は 寿命さえもはっきりとは分かっていないらしいので、
想像するだけなんですが・・

深海で夏を過ごして、また卵を産みに帰ってきてほしいと思います。




三浦・宮川湾にて photo by mami ( D90 ) by nobu ( D7100 )    & by Mr.Noguchi ( LumixTZ30 ) 
                

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-05-08 16:46 | サカナ | Comments(4)

D7100のアイピースを交換してみた

私、昔から目が悲劇的に悪いんですよ。

小学校4年の時点で、左右0.3、高校に入学時点では 0.05以下でしたので
幼いころから 「メガネ君」 でした。
逆にそのおかげで手先が器用になった、って思ってますが(根拠なし)

現在は老眼も入ってきてるので、ハッキリ見える範囲がどんどん狭くなってきております。

ま、昔からそうなので、普段の生活や仕事には影響ないんですけど、

ここ3年、趣味の世界で 「カメラのファインダーを覗く」 という作業が新たに加わりまして、
これがなかなか慣れなくて苦労しております。

d0237353_12501869.jpg


特にマクロ撮影の時に、ピントの山が狙ったところに 本当に来てるのか、
見える時と、まったく見えない時との差が激しくて、これが実は相当なストレスになります。
なので、海でも陸でも まー ほぼAF任せ(^^;;

もう少し若い頃からやってれば、歳とって見えにくくなっても
ある程度の 「勘」 (心眼的な)が働くんだと思いますが、

今からその勘を養うのも、結構大変、というか、もう無理でしょ。


そんな訳で 先ほどから写真が出てますが、1.2倍のアイピースを付けてみました。

選択肢はいろいろありましたけど、
TENPAってメーカー?の  1.22XマグニファイングアイピースMEA-N

純正のDK-17Mも良く見えるって事だったんですけど、D7100には付かないんですよね。
同じく純正のDK-21Mや、パナから出てるVYC0973は 四角くて分厚くて カッコ悪い!

折角アイピース替えるなら、丸型の方が フルサイズのカメラみたいで カッコいいでしょ?

d0237353_12564877.jpg



で、実際のところ 見え方はどうかと言いますと、 これが 二重丸!  
拡大してますので四隅はけられますが、中央重点の真ん中の見え方は段違いになりました。

これで AFの効かないオールドレンズの出番が増えるかな?
タムキューも AFがイマイチなので出番が少なかったけど、久々に持ち出してみましょうか?


なにより カメラ本体のフォルムがググッとカッコ良くなったので、
余計に愛着がわいてきました。

d0237353_4103863.jpg



たまにストラップ替えてあげたりしても 新鮮な気分になるかもね。



自宅にて photo by nobu ( D5100 ) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-05-03 13:10 | カメラ・レンズ・写真 | Comments(7)