野鳥に撃退される

マミさんのお母さんがウオーキングしてたら
ウチのマンションのすぐそばの川で 「カワセミを見た」って。

おまけに 「バズーカ砲みたいなレンズ付けたカメラを持ったおじさんが沢山いたよ」って。


カワセミって どんな鳥?
野鳥マニアの皆さんには 唾涎ものの被写体みたい。


その川沿いの道は 普段ランニングしてるコースなんだけど
まー 走ってる最中は周り見る余裕なんてないので、気にも留めなかったよ。


深谷・唐沢掘り近辺は カワセミが観察できるポイントみたいですね。
参考1  参考2

きれいな鳥だな~~ ってことで、徒歩5分圏内だし 探しに行くかと。


まずは 鳩で肩慣らし  
d0237353_2175183.jpg



バズーカおじさん達は すぐ発見しました。
でも タバコ吸って暇そう。

「今日は駄目だね~~」って。

上空には カラスが飛び回ってました。


そりゃ残念ってことで そこら辺にいる鳥を撮ります
d0237353_21112752.jpg



これらの写真、レンズは 70-300mm f4.5-5.6 ですから、野鳥を撮るには力不足。


「野鳥は600mmからだよ~」って話は本当ですね。

トリミングなし モズかな?  どこにいるか 分かりますか??
d0237353_21184986.jpg


300mmでも苦しいね・・


同じ写真の 思いっきりトリミングした画像 
d0237353_2119412.jpg

  


他にもメジロとかいろいろ撮ったけど、お披露目できるような写真はありません。

特にメジロなんて、小さいし動きは速いし、
体感として 海の中で云えば ベラ撮るのと同じくらい難しそう・・


というわけで

たそがれてたシラサギ君を レトロな雰囲気でレタッチしてみました
d0237353_21223390.jpg



Lightroom使いはじめてから いじり過ぎる傾向にあるような気が・・

ここまでいじると フォトコンだと受け付けてもらえないのかな?



深谷・唐沢掘りにて photo by mami (D5100) by nobu (D7100)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-01-30 21:42 | 動物 | Comments(6)

中判カメラを手に入れる

正月に実家に帰った時 父親に
「昔ウチに 骨董品みたいなカメラがあったと思うんだけど、まだあるの?」って 訊いてみたら

「あるよ」と。  
押入れの奥からこのカメラを出してきてくれました。


Olympus Six
d0237353_1951820.jpg



ジャバラですよ、ジャバラ
d0237353_19532739.jpg



こりゃ、とんでもないお宝が出てきた!! って浮き足立ったんですけど
調べてみたら 中古で¥10,000ぐらい、ジャンク品だと¥1,000ぐらいで取引されてるみたい。

お宝では なかったね~(^^)


初期モデルは 1940年発売、後に1950年代後半までいろいろ改良されて発売されてたらしい。
f2.8 のは少し高級だけど、この子は f3.5です。

当時の量販モデルかな?


でも このオールドな感じ、 マニア心をそそるでしょ??
d0237353_2021117.jpg



ダイヤルも動くし、シャッターも切れるし、使えそうなんだけど・・
中判カメラとかって、どうやって使うのか  まったく分かりません。。

6×6 とか、4.5×6 とかの意味も よく分からないし。。
d0237353_2052679.jpg




付属の革ケースも 60年前のシロモノとは思えません、 結構ちゃんとしてるんですよ。
d0237353_20101795.jpg



当時の価格で¥17,500だそうで、 昭和15年~35年ぐらいでしょ、
今の価格で云うと、、30~50万ぐらいの価値だったのかな?

父親曰く、「お祖父ちゃんが買った」ってことなんだけど、 まー 頑張ったねーー。


ご先祖さまも、写真 好きだったんじゃ~~ん
d0237353_20254764.jpg



単に 「カメラ好き」(機械好き) だったのかもしれないけど。
d0237353_20311499.jpg



ジャバラの状態を見るに、 結構程度は良さそうな感じ。
d0237353_20331750.jpg



一度 都内の オリンパスのサービスセンターに持ち込んで 
メンテナンス&使い方講座してもらおうかな。


今回はオールドカメラの感じを出すために Ai-S 28mm f2の単焦点で撮影して、
Lightroomの 円形フィルターを駆使してレタッチしております。



自宅にて photo by nobu (D7100+Ai-S 28mm f2) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-01-23 20:43 | カメラ・レンズ・写真 | Comments(6)

写真と文章が連動してない どうでもいい話

海とかカメラとか 全然関係ない話なんですけど、
最近 日本TVの「笑点」が面白くて。

ちょっと感性が劣化してしまったのかなと心配なんですけど・・

d0237353_84119.jpg


というのも 昔からお笑いは どちらかというと「攻めてる」ものの方が好きで、
いわゆる「ベタ」なお笑いには あまり魅力を感じてなかったんです。


そもそもは小学生の頃のタモリさんがきっかけかな。

今でこそ好々爺ですが、「笑っていいとも!」始める前のタモリって、
相当 尖がった笑いをやってたんです。

d0237353_874321.jpg



当時人気のドリフのカトちゃんの 「ちょっとだけよ~」という 分かりやすい笑いとは
明らかに一線を画した アダルトで知的な魅力。

多分、小学生にはあまり意味は分かってなかったと思うんだけど
どことなくアングラな香りの漂う芸の数々。


その後すぐ出てくるビートたけしと共に、自分にとっては
7~80年代のお笑いの2大アイドルでした。

d0237353_8111479.jpg



90~2000年代はダウンタウン松本のストイックな笑いが好きでしたが、
彼も結婚して家族持つと、先人たちのように穏やかな笑いに移行していって、

最近では 有吉とか雨上がりとかロンドンブーツとかなんでしょうか?

確かに面白いけど ここら辺はお笑いというより、司会ですけどね。


若手芸人が 「破天荒」とか言われても、攻めてる感じは あまりしないかなー。

d0237353_8121699.jpg



そんな中 いまさら「笑点」に目覚めるって・・

単に感性が歳取ったってことなのか??



でもね、林家木久蔵(現 木久扇)なんて、
76歳の大御所になっても 相変わらず 大バカなんですよ。

もうシワシワ ヨボヨボのお爺ちゃんなんですよ?
それでも昔と同じ、与太郎キャラでバカやってんの。

いやいや、むしろ本当にボケちゃったんじゃないかって心配するようなギリギリ感。


なんか逆にシュールだなって。

もう お笑いというより 哀愁の世界ですね。

d0237353_8133219.jpg


ま、老けたんだろうな、
タモさんも「いいとも!」辞めるみたいだし、
月日は流れるってことで。


でも音楽は 「演歌」に移行しないな~




三浦・宮川湾 他にて photo by nobu & mami (LumixTZ30 & D90) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-01-18 08:20 | 水中生物 | Comments(0)

初潜りに行ってきた

ホームグラウンドの三浦宮川湾に 初潜りに行ってきました。
しばらく陸上の写真ばかりでしたが、やっと海の中の写真です。


緑の中のゴマちゃん
d0237353_1791554.jpg



一か月前の潜り納め は、透明度15m以上という、
内地の海ではなかなかお目にかかれないような海況で
大いに潜りたおした一年間を象徴するような素晴らしいダイビングが出来ました。


今年一発目はどうかな~~、とダイブセンターにメールしたら
「海、寒いです。 っていうか、痛いです。  ご検討ください」って返信。

相変わらず 商売っ気ないなー

ま、ひどい海況でも 
「海、良いっすよ、楽しいっすよ、あはははは・・!」
ってサービスじゃないから 利用させてもらってるんだけどね。


天気は穏やかで 陸上は寒波が来てるって話だったけど 案外ぽかぽか 

正月明けすぐだからかな? 船着き場脇の祠も ちょっと豪勢です
d0237353_17102659.jpg




海は水温12℃・・・ 時々11℃とか

マミさんは女性ですので寒がりなんですが、自分は結構寒さに強いのね。

ダイビングしてても あんまり寒いって感じたことは無いんですけど、
11℃はさすがに冷たい、っていうか、痛い。

ダイビング最中に 「オレ、何でこんな冷たい水の中にいるんだろ?」って
ちょっと思っちゃいましたもん・・  

去年の年明けは まだここまで下がってなかったと思うけど・・
次回はもうちょっと着込もうっと


踏ん張ってるカエルアンコウ
d0237353_1713224.jpg



地球って温暖化してるってことになってるんじゃないの?

夏、陸上では猛暑でしたが、関東近辺、八丈島とかの水温は低いままでしたよ。
秋の沖縄の海水温も 台風のたびにどんどん下がっていったみたいですし・・

大気の気流とか、海の潮流とか それに伴う気象の変化とか、
多分 炭酸ガスによる地球温暖化的な論調 「だけ」 では 説明がつかない気がしますけど。。。

でもだからって、大事(おおごと)なのかというとそんなことなくて
誤解を恐れずにいうと 46億年の地球の歴史の中の誤差の範囲というか・・
太陽の燃え方がちょこっと変わっただけで、すべての環境が変わってしまう地球ですし・・

こんなこと言うと 真面目に環境問題に取り組んでる人に怒られますね(^^;;;



今年もこんなに立派なサガミリュウグウウミウシに会えました。
d0237353_17164082.jpg




さて、冷たいだけならまだしも、透明度も 5m以下 
もう濁った水の世界です。


こんな水温、透明度の日は 最近増えてきたという 小さなウミウシダイビングですよ。
目をマクロにして じぃっと目を凝らすと、海の中はやっぱり楽しいのです(^^)

イナバミノウミウシ  この子を見ると 冬って感じがしますね
d0237353_17171360.jpg



ヒロウミウシ  
d0237353_17175619.jpg


このヒロウミウシの「ヒロ」って、裕仁(昭和天皇)のヒロって話があるけど、本当かな?

こちらのサメジマオトメウミウシは 裕仁さん命名らしいですけど。
d0237353_17181757.jpg


ちょっと芸術的過ぎるか?

2012年の1月の写真です   う~む 進歩したね
d0237353_18213422.jpg


サメジマ=鮫島は、葉山の地名ですね。
葉山の御用邸で 海の生き物の研究をしてらしたみたいです。



さて、陸に上がると 亀吉丸の船員さんたちが 釣り針の仕込みをしてました。
d0237353_17183934.jpg



思わず撮りますよね、漁村の一コマ
d0237353_1719862.jpg


Lightroom で 少し古ぼかした諧調にしてみました。
どうかな?




三浦・宮川湾にて photo by mami (LumixTZ30) by nobu ( D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-01-13 17:25 | ウミウシ | Comments(8)

鉄道模型博物館は 意外に楽しい

一口に「写真が趣味」と云っても いろんなジャンルがあって、
鉄道写真なんかは 熱心な愛好家が多いことで有名です。

しかし自分たちは 鉄道関係にあんまりピンとこなくて、
電車とか 線路にまつわる風景とか 鉄道模型とか
今までほとんどカメラを向けたことがありません。


でもこの前 都内に用事があるついでに横浜まで足を延ばして
「原鉄道模型博物館」に行ってきたのね。

d0237353_20284018.jpg

ちょっとカッコいいでしょ?


なんでいきなりそんな所に行ったのか、っていうと、
年末年始のNHK、特に深夜とかって、過去のアーカイブをまとめて放送するじゃないですか。

その中に 「探検バクモン」って番組があって、
まー 爆笑問題の二人がいろいろな所を訪ねて紹介するって番組なんだけど
結構マニアックなものにスポットを当てて
観てると 「ほっほ~~う」って思うことも多いので録画してたんです。

そしたら去年に放送した分ということで
この「原鉄道模型博物館」を取り上げてたのね。

d0237353_20375031.jpg


この番組に マミさんが食いついたのは意外だったけど、
紹介されてる鉄道模型が あまりにフォトジェニックだったので、
「撮りに行こう! 撮りに行こう!」と。

でもこういう処って、撮影はご遠慮下さいってことじゃないの?って調べてみたら
去年の11月から 撮影解禁。  マナーを守ってどうぞって事でしたので
早速出かけたわけです。


d0237353_20421533.jpg


これらの模型は 原さんの個人のコレクションなんですけど、
ビックリするのが、これら自作の物が多いんです。

詳しい説明は省きますが、原さんの「マニア魂」には 心底感服しますよ。

d0237353_2226579.jpg





車両の模型もすごいんですが、
この博物館の一番の呼び物が、巨大ジオラマ。

鉄道模型って、Nゲージとかが一般的なんですか? よく知らないですけど。
こちらに展示されているのは 一番ゲージといって、かなり大きいサイズの模型ですので
迫力が違います。

d0237353_21553039.jpg



電車や線路はもちろん、駅を中心とした街並みや、生活する人々を
細部にわたって精密に作ってあって、
しかもその中を本物さながらの鉄道模型が走るんですから 見てて飽きません。

d0237353_2235488.jpg



用事ついでだったので 2時間も居られませんでしたが、
それほど広くないにもかかわらず、時間が足りませんでした。

鉄道とか模型とかにあまり興味なかったんですけど、それぐらい魅力的なスペースでしたよ。


d0237353_22261972.jpg



あと走ってる電車を撮るのって、やっぱり難しいですね、室内だし・・
「あぁ、あのレンズ持ってくれば良かったな」とか、
普段、ほとんど AF-Sで撮るんですけど、やっぱり AF-Cなのかなとか思いながら設定いじったりして、

時間もないし、落ち着いて撮れなかったので、 もう一度リベンジしたいですね~


d0237353_228194.jpg



マミさんも この博物館が気に入った & 満足いく写真が撮れなかったらしく
「今度はゆっくり来よう」と言っておりますし、今回は ロケハンだったということで、
次回はちゃんと作戦を練ってから 再訪したいと思います。


鉄道に興味がなくても、カメラ持っていけば 充分遊べますし、
見物客の少ない平日なら、じっくり撮れます。

原信太郎氏の、趣味人としての生き方も徹底してて味わい深いですし、お勧めですよ。





横浜・原鉄道模型博物館にて photo by nobu (D7100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-01-10 22:38 | 陸上風景 | Comments(4)

正月の仙台

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の元旦 実家のベランダから見えた初日の出
d0237353_2326147.jpg


ビルの隙間から昇ってくる朝日も なかなか乙なもんですよ


東北新幹線の車窓から見える 東北の山々
d0237353_23265555.jpg



東京から北に向かう新幹線の車窓からは
男体山 ~ 高原山 ~ 那須岳 ~ 磐梯山 ~ 吾妻山 ~ 蔵王山 と
それぞれの地域を代表する山々が見られます。

どれも雄大で立派な山なんだけど、東北の山は どこか優しい感じがするんですよね~
長野とかの山とは たたずまいがあきらかに違います。


蔵王山
d0237353_23343991.jpg



さて 高校3年生の時の担任の先生が 去年の秋 瑞宝小綬章をもらったってことで
その時のクラスでお祝いすることになって、2日から仙台へ

30年前、自分たちの担任の時には、週に1~2回は二日酔いで朝礼してたのになぁ~ww

いろいろな学校の校長先生を歴任して、晴れての受賞となったのでした。
知天命目前の我々に、ありがたい言葉もいただきました。

恩師はいつまでたっても恩師ですね。

それにしても、同じクラスから2人も大学教授が出ててビックリした。



私が祝賀会に出席してる間、マミさんは夕闇迫る仙台の街を散策

広瀬川
d0237353_23524466.jpg



定禅寺通りの脇の垣根には 雪が
d0237353_23544442.jpg



勾当台公園のベンチ
d0237353_005075.jpg



RAW現像は楽しいんだけど、時間がかかりすぎるな~
もっと効率化しないとブログアップが負担になってしまう・・

あと、空があるといじりすぎる傾向にありますね~ (例:蔵王山の写真とか)


12月後半からずっと陸上の写真ばかりなので (海の写真のストックがないんです)
来週の連休には初潜り & ダイビング写真といきたいですね。

風は大丈夫かな?



仙台市内・他にて photo by nobu & mami (D5100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-01-07 00:16 | 陸上風景 | Comments(2)