普通種と希少種

結局 翌日朝の判断で 何とかもう2本潜れたんですよ。
でもビーチはさすがにバシャバシャだったので、ボートから。

一日で終わりだと諦めてたので嬉しい誤算だったのですが、
よく考えてみたら 台風が迫ってる中 船で沖に出るって、
結構なアドベンチャーですよね。
d0237353_855156.jpg


まさにドンブラコッコでしたが、
潜ってしまえば 海の中は比較的穏やか。


でもやっぱりうねりが出てますから
海底に身体固定してマクロっていうのは なかなか難しい。

なので泳いでるサカナ



レンテンヤッコって、相当きれいだと思うんですけど
d0237353_855408.jpg


何で誰も見向きもしないのかな?普通種だから?って思ってたら
幼魚は人気の被写体なんだそうで。

その理由が「超臆病でなかなか撮らしてくれないから」

要は、成魚は普通で幼魚はレア(希少種)なのね。



一方、ガイドのコウタローさんが盛んに指差したこのサカナ
ツキチョウチョウウオ
d0237353_856561.jpg


日本の(温帯の)海では稀なんだって。

海の中では「普通のチョウチョウウオじゃないの?」って思ってました。
無知って やーねーー





そしてこの子
d0237353_8563395.jpg


チョウチョウウオの子供にしては顔が黒いな~~って撮ったら シラコダイだって。
あまりに普通過ぎて、フォト派ダイバーにはあまり見向きもされないらしい。

こーゆー普通種を、案外知らないんですよ、素人なので。


でもいいんだ、かわいく撮れたから。




ロケーションごとに普通種とか希少種は違うわけですが、
個人の感覚の中にも 普通種と希少種があると思うんですよね。

誰も見向きもしない生物でも 会えば常に撮ってしまうとか。
逆にみんなが大騒ぎしてるのに、あんまり興味ないとか。



この子も普通種ですね でもキレイでしょ?  キンギョハナダイ 雄
d0237353_857024.jpg


今回一番追いかけたかもしれない。
キンギョハナダイの雌(子供)はよく見るんですよ、オレンジの身体に紫のアイシャドウ。
これはこれできれいなんですけど、雄はあんまり見たことなかったのね。

正確に言うとおそらく目にはしてたんでしょう。でも気にならなかった。

でも近頃 図鑑見てて「キンギョハナダイの雄って、キレイじゃね?」って
突然思ったのね。

八丈島に行ってみたら ザクザクいるじゃないですか!

ならば やっぱり撮るでしょ。
他のゲストは 誰一人追いかけてませんでしたけどね・・

いっぱい撮ったけど、結構シャイで逃げられちゃった。
一番まともなのが上の写真。

もうちょっと背景処理して鰭も開いてる写真が撮りたいので
そのうちリベンジですね。







そして八丈島といえばカメさんです  まだ若い個体ですね
d0237353_8574597.jpg


カメって 「あ! カメだぁ! うれしぃ~~!」 とはなりません。
まー どこの海でも比較的よく会いますしね。

いや、会えればとりあえず撮るんですよ。
でも「ダイビングしない人にとっては分かりやすい生き物だからネタとして撮っとくか」みたいな。

ちょっと不純な動機でカメラを向けちゃう被写体ですね。



逆についつい気持ちの入ってしまう ハタタテハゼ
d0237353_8583475.jpg


この子も、沖縄とか南の海ではたくさんいますね、普通種です。
八丈島でも 決して珍しくありません。

でも個人的にはテンション上がるんですよ~~
初めて見たときの 「なんてきれいなサカナなんだろーー」 っていう感動が いまだ残ってるというか・・

もしかしてレアといわれる他の種類のハゼより ドキドキしながら撮ってるかも・・


というわけでもう1枚  ペア
d0237353_8592277.jpg


この子も今回構図が苦しかったので、またリベンジしたいと思います。


まー結局 好き嫌いの世界なんですよねー(^^;;







八丈島にて photo by nobu (D90) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-29 09:05 | サカナ | Comments(2)

台風 直撃

出発前には
「冷水塊が来てるので、水温14℃~19℃です」 とか
「台風が発生しちゃって、直撃しそうです」 とか。


極め付きは、現地に着いて挨拶した直後に
「ダイビングは今日一日で終わりです。
 あとはどうやって島から脱出するか考えましょう」 って。

d0237353_7332840.jpg

連休はユウゼンで有名な八丈島に遠征したんですけどね。



こんな平常心で潜るのが難しい状況でも
マミさんには 大きな収穫があったみたい。


コンデジにクローズアップレンズを付けると
小さいものがより大きく撮れるわけですが、

被写界深度が 極端に狭くなるので、
ちょこまか動く被写体を押さえるのは 非常に困難です。


「ジャンプ!」  イロブダイ 幼魚
d0237353_7343828.jpg


INONのクローズアップレンズ UCL-330 と UCL-165 の二枚重ねで撮ってます。
お見事 ジャスピン。


こちらも同じ二枚重ねで
「産まれる~」  コガネキュウセン 幼魚
d0237353_7351587.jpg

いやいや、産まれてるんじゃなくて、おトイレ中。
恥ずかしいところを撮られて、目が少し怒ってるように見えるのは 気のせい?


マミさん カメラを地面に固定して、その場からピクリとも動きません。
その粘りが いい方向に導くんだね~

イロブダイの幼魚 アゲイン
d0237353_739169.jpg

でもサカナにとっては 迷惑だったかも。。。
「いつまで撮ってるんだよ」って感じの目で こちら見てますね。


陸に上がってみると 南国の太陽。
d0237353_7392860.jpg


風が強くて 海は白波立ってましたけどね





八丈島にて photo by mami (LumixTZ30) photo by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-26 07:43 | サカナ | Comments(6)

タムロンの90mmマクロレンズを 「再発見」する

SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)
d0237353_754642.jpg


このレンズは、初めての一眼レフ(D90)を アマゾンで買ったとき、
「一緒に買うとお得!」みたいなキャンペーンになってたので、ついでに買ったものだったのです。
確か ¥25,000ぐらいだったと思う・・


素人がこんな感じで手に入れたもんだから、
「名玉 タムキュー」なんて云われてるにもかかわらず、
実は正直、今まであまりピンときてなかったのね。


買ってすぐの頃、花撮るときに持ち出して使ってみたら
AFは迷いまくるし、手振れ補正がないのでブレまくり、
大きく写してみても、イマイチグロテスクなだけ、みたいな写真になっちゃった。

どうも使いにくいな、って思ったんだけど、
ちょっと離れて スナップ的に使うと、そこはやっぱり名玉、
独特の色合いと スパッとした切れ味の写真が撮れました。

作例  モルモット
     自由すぎるペンギン

でも寄れる単焦点ってだけだと、90mmでは使い道も限られてくるし、
60mmマクロを導入してからは 完全にお蔵入りをしていたのです。



で、この前ね、使用頻度の低いレンズでも 
たまに出してきて 掃除しながら何枚か写してあげた方がいい、ってことで、
この子も久々にカメラにセットして 何枚か撮ってみたら・・・

d0237353_710823.jpg


あれ? いいじゃん。

前回のこの写真もタムキュー


夢中になってそこら辺のものを試し撮り。
d0237353_7105380.jpg

ゆるキャラグランプリ 深谷市の「ふっかちゃん」 頑張れ~ (写真はひこにゃん)


マミさんも 最近覚えた 前ボケを使って・・
d0237353_7123629.jpg


前でボケてたのは このカッパ
d0237353_7131256.jpg



テーブルフォトは、縦構図で 主役を下半分に置いて・・
d0237353_714199.jpg

納豆嫌いの方、スミマセン・・


逆光の中、フワッと撮りたいところだけど、敢えてアンダー気味に・・
d0237353_7155680.jpg



試し撮りなんで、大したもの撮ってないですけど、
使い方のイメージが広がる感じ。


前と何が違うのかなって思ったんですけど、
今回 全部 露出、フォーカスはマニュアルなんですね。

導入したての頃は、すべての写真、オートで撮ってましたから、
そりゃ、逆に使いにくいですよね~



一眼レフを手にしてから 2年と半年、
最近 今更ながら分厚いマニュアルを片手に 、カメラの設定を いじりまくってます。

ちょっとね、面白いんですよ、あらためて。
素人丸出しの意見ですみません・・ 

最近、何をどう取ればいいのか分からない、って感じだったので、すごく新鮮なんです。


きっかけになったのは、やっぱりオールドレンズかな~
全くオートの効かない世界。 頭フル回転で写真撮りますからね。

いきなりデジタル、フルオートのカメラから入った我々ですので、
昔のフィルムカメラ、露出も自分で決めてた時代には 当然必要だった基本的なものが欠如したまま
あーでもない、こーでもないって悩んでたりしてたように思います。

オールドレンズをいじってると、ある種の 「勘」みたいなものが養われるのを 実感します。
それをもって現行のレンズで撮ってみると、今までとは明らかに違う絵が出てくるのです。

Ai 28mm F2 (タムキューにて)
d0237353_7343468.jpg


このレンズには 感謝しなきゃね~




自宅にて photo by nobu & mami (D90 D5100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-21 07:43 | カメラ・レンズ・写真 | Comments(2)

また レンズを買ってしまった

標準ズームレンズって、何本も持ってますか?


コレクターなら別ですが、常に稼働してる標準ズームは 普通1~2本、
たいていの人は 1本かもしれませんねぇ。

自分も、初めてD90を買った時のキットレンズ Nikkor 18‐105mm F3.5-5.6 を いまだに使ってます。

標準ズームは これ1本。

d0237353_21295350.jpg



このレンズ、セットで付いてきたレンズだし、
レンズ単体だと3万円ぐらいで売ってるし、ってことで、
最初 ちょっとナメてたんですけどね、

いやいや、現在でも 大変 重宝してます。

d0237353_21313799.jpg



ちょっとした旅行とか、必ず持って行くのは このレンズ。
+α で、望遠ズームとか 単焦点とか マクロとかをチョイスする、みたいな感じ。


去年のシンガポールでも大活躍。
これらのスナップは、すべて 18-105mm。

d0237353_21323989.jpg


記念のスナップを撮るなら 充分でしょ?




買ったばかりの頃 「なんか写りにキレがないな~」なんて思って
単焦点とかに 走っちゃったんだけど、

おそらくその頃は このレンズの特性をうまく引き出してなかったんだね。


ちゃんと使ってあげれば それなりにいい絵が撮れますし、何より便利です。

これらの記事の写真も、このレンズですよ。

雨男(女)疑惑    
座間味島の風景



で、この便利なレンズを 夫婦で奪い合う事態が勃発しましてね。

10月半ばに、自分は仕事(地元の付き合い)がらみで東南アジアへ、
その期間、マミさんはお母さんと京都へ、みたいなスケジュールになりまして。


この標準レンズを どっちが持って行くんだ、って話ですよ。

18-105mmも 大出世です。
一時期 「たかがキットレンズ」扱いだったのに、いまや取り合いですから。

d0237353_21331945.jpg




ま、このイザコザを解決するには もう一つレンズ買うかと。

はじめに頭に浮かんだのは タムロン 18-270mm F3.5-6.3
登山とかに持っていくと 便利そうだなー、なんて。

あと、シグマ 17-70mm F2.8-4 これなら70-300mmとの連続性もいいかなとか。

どちらも実売4万円ぐらいです。


でもちょっともったいないんですよね~、その4万円が。
今の 18-105mmに満足してる中での、もう1本でしょ。


で、実際買ったのが シグマ17-50mm F2.8
d0237353_21383198.jpg



某サイトのレビューに 「まるで単焦点の写り」 なんて書いてあるのは ちょっと大げさとしても
F2.8通しの 大口径(77mm)ズームって、こんなに写りがいいんですね。

d0237353_2139248.jpg



スナップとかもすごいですよ、 まつ毛までクッキリ(載せませんけどねw)

最短撮影距離も 28cmということで、ずいぶん寄れます。
d0237353_21393133.jpg



こういう大口径のズームレンズって DXレンズでも 結構高いじゃないですか。
でも何故か現在の価格 約3万円。  7月まで5万円以上で売られてたレンズが、ですよ。

新製品でも出るのかな?


まーでも、この性能でこの値段は 「買い」ですよ。
18-105mmとも競合しないし、大満足。


ただ、さすがに 現在品薄中で、注文しても数週間待たされるかも・・




いろんな処にて photo by nobu (D90 D5100)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-18 21:55 | カメラ・レンズ・写真 | Comments(6)

マミさんの写真

前回の記事は私(旦那)の写真ばかりだったんですけど
今回は同じ日の マミさん(嫁)の写真です。


マミさんが初めて自力で見つけたハナタツ
d0237353_954153.jpg




マミさんの方が写真のセンスがある、っていうのは、
いろいろな方から言われてるんで、もはや何とも思わないんですけどね。

いやいや負け惜しみじゃなくて。

同級生で映画監督の日向寺太郎氏がこのブログを見て

「文章が軽快でいいね。 写真は奥さんの方がセンスあるけどね」

映像のプロがこう言ってる訳ですから、認めざるを得ないですよ。
ええ、脚本も書く彼に 文章を誉められただけで良しとしましょう。


カエルアンコウ
d0237353_9545773.jpg


何が違うか、って事について、インザストリームの平井さんは
「目線の位置が違う」って言ってたっけ。


相手(被写体)の目線の平面を基準に構える位置を決める。
陸上の写真ガイド本にも書いてあることですが、
それが当たり前に出来てるかどうかって、大事なんですね。


確かにマミさん、陸上で撮っててもしゃがんだり、ベンチの上に乗っかったり
いろいろな位置からカメラ構えてますよ。
私はもっぱら立った位置からそのまんま(笑)



オルトマンワラエビ ペア
d0237353_9553693.jpg

あと、こういう写真を、ガイドさんに案内されたわけでもなくて
自分で勝手に見つけ出して撮ってるってところも スゴイって思うんですよ。


流れ
d0237353_956959.jpg

これもいい線行ってると思うんだけど・・  いかがでしょうか?


最初のハナタツのストロボの当たり方が違うバージョン(裏に回した感じ?)
d0237353_959328.jpg

本人的には失敗らしいんだけど、なかなか雰囲気あるんじゃない?


カミソリウオ
d0237353_10244613.jpg

コンデジなのでボケ方は少ないんだけど
後のカジメとのシンクロ具合がいい感じ。



おまけ

作品にはならないんだけど、
オイランヨウジ、ノコギリヨウジ、ガンガゼカクレエビが揃い踏み
d0237353_10254273.jpg


マリンスノーの黄色くてデカイのは、ヒメオオメアミだと思うし、
個人的には、左から顔出してるサラサエビも良いかなって。。

みんなひっくるめて 「生きてるねぇ!」って声掛けたくなる光景ww




三浦宮川湾にて photo by mami (LumixTZ30) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-14 10:48 | サカナ | Comments(6)

久々の海

前回・前々回と、大まかなテーマが「海」だったり「写真・カメラ」だったり

決してこのブログの趣旨とは離れてないんだけど
その場しのぎ感のいなめない記事だったのは

8月15日以来 潜れてなかったからなのです。


アオサハギ 小学生
d0237353_10195817.jpg

彼らが学校に行ってれば、って話ですけど。


水温は水深18mで24℃。  ウエットとフードベストで丁度いい感じ。
透明度も一時期ほどではないにしても 10mぐらいで快適。


カミソリウオの 目がミドリ
d0237353_11405487.jpg

背景とかひねりの無い写真ですが、
マニュアルフォーカスで 目にバッチリピントを持ってこれたので。


オールドレンズで 露出やフォーカスをマニュアルで操作する機会が多かったからか、
水中でもカメラ操作がスムーズだった気が・・ 気のせいかもしれないけど。



オレンジ
d0237353_10254378.jpg

普通のイソカサゴの子供ですが、
背ビレや目の周りもオレンジ、カイメンやウミシダもオレンジで。




良い写真を撮るためには 「常にカメラを触ってる」って、案外大事かなと。

やっぱり毎週とか 頻繁に海にいける状況ではないので、
下手すると、一カ月ぶりのダイビング、カメラ一カ月ぶりに触った、みたいな事があるんですよ。


今回海は久々だったけど、カメラはほぼ毎日触ってたからね。

しかも最近オールドレンズ付けてるから、SS、絞り、フォーカス、ISOをマニュアル操作。

撮れた画像を見ながら、「もうちょっとこういう風に撮るには、こういう感じかな?」みたいな感じで、
頭の中フル回転しながら、カメラをいじり倒してました。


今回水の中で比較的スムーズだったのはそこら辺の影響だったのか、
はたまた、ただ単に 目の調子が良かったからなのか?



d0237353_10521457.jpg


ま、ミナミギンポンポも笑ってるし、良かったねってことで。




三浦宮川湾にて photo by nobu (D90) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-10 13:43 | サカナ | Comments(8)

深海展はお勧めです

マミさんが「深海展」に やたら行きたがっていた。
d0237353_22473963.jpg


確かにダイビングと海中の生物の写真を趣味にしている我々にとって
今回、世界で初めて深海でのダイオウイカの撮影に成功したことは興味深いことだったし、
時間があれば見に行くのはまったく構わなかったのだけど、

すごい人気で、入るのに行列ができてるとか入場制限もあるとか聞くと、
人ごみや行列が嫌いで、
ディズニーランドとか人気のラーメン屋とかに近寄らないことにしてる自分としては 少し怯むわけです。


まぁでも、内容的には興味もあったし、ついでにレンズあさりもできるしということで
先日の日曜日に上野の森に行ってきたのでした。

d0237353_2249539.jpg


夏休みは終わったとはいえ、開始時間の朝9時にはすでに行列が・・

そしてどの展示にも すごい人・人・人・・
d0237353_22492870.jpg


最初の方は、深海探査の歴史などの展示
このスーツで水深300mまで潜れるらしい。
d0237353_22494650.jpg


40mでも充分怖いのに、300mとかって絶対潜りたくないな・・


深海の生物の展示では、数多くの貴重な標本が。
d0237353_22521222.jpg



リュウグウノツカイも変わり果てた姿で・・
d0237353_22522996.jpg



そしてダイオウイカの標本。
d0237353_2253023.jpg


グロテスク以外の何物でもないのです・・


やっぱり海の生き物は、海の中で生きてる姿で見たいものだと思ったんですけど、

展示も有料のプログラムも学術的なベースがしっかりしているので
大変面白く、興味深いものでした。

たくさん訪れていた子供たちには理解できたのかな?
でも、インパクトのあるものが目白押しだったので、
科学の好きな子供たちには 良い思い出になるでしょうね。


しかし実は一番楽しみにしていたのは イカ大王との記念撮影
d0237353_22532912.jpg


知ってますか? NHKのコント番組「LIFE」の中の、イカ大王のコント
密かにお気に入りなんです。
d0237353_22534716.jpg



そしてお土産物屋にあった実寸大のダイオウイカのぬいぐるみ 
d0237353_22541181.jpg


20万円です。  

値段も含めて シュールだと思います。



上野 国立科学博物館にて photo by nobu & mami (D90 D5100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-06 23:01 | エビ・カニ | Comments(4)

レンズ沼(地獄)への 第一歩

Ai ZoomNikkor 35-70mm 3.3-4.5S
d0237353_11241985.jpg


オールドレンズ遊びって、知ってますか?

フランジバックの短いミラーレスカメラに
各種マウントアダプタを介して、古いレンズを装着して撮影するという・・

現行のレンズにはないような味わいの写真が撮れる上に
最近ではアダプタが安価に手に入るということで、
マニアのみならず、素人の間でも密かに流行中。。



半年ほど前に「オールドレンズの世界」みたいな本を読みまして、
その中の写真に魅せられました。

あと、ジャンク屋あたりで2~3000円で転がってるレンズを見事に生き返らせるエコな感じ。
そこには当然 知識と経験が必要であり、おそらく知れば知るほど奥が深いであろう世界観・・

まさに「大人の趣味」でしょ! 

ということで、まずは手元にボディのあるニコンFマウントの古いレンズを手に入れて
それで試してみることにしました。

(Ai ZoomNikkor 35-70mm 3.3-4.5S + D5100にて)
d0237353_1127388.jpg


キタムラあたりに転がってる現行品の中古を買っても面白くもなんともないので
都内の中古カメラ屋さんを回ってみることにしました。


分かりますかね~、素人丸出しのカップルが
アメ横あたりの質屋の隣の小さな中古カメラ屋さんに入るのって
結構 勇気がいるんですよ。

まーでも勇気を出して入ってみた一軒目、
お客さん誰もいないのにもかかわらず 全く相手にされず、
逆にホッとしたりして(^^;

調子にのってもう一軒、ニコンFマウントのレンズの棚が充実してたので熱心に見てたら
「気になるのあったら出しますからね~、カメラ持ってたら試してみてもいいですよ~」と。

あら、見かけによらずライトな声色。 


「D90 と D5100なんですけど、Aiのマニュアルレンズは付くんですよね?」
と軽いジャブを繰り出したら、
「D5100は 非Aiでも付いたと思ったな・・ カメラありますか?」

ゴングが鳴りました。

店のおやじが出してくるままに 次から次へと試し撮り。
気が付いたらノックアウト

買う気はなかったのに いつの間にか3,000円のレンズを買ってました・・

そのレンズが冒頭の写真のレンズです。 Ai ZoomNikkor 35-70mm 3.3-4.5S
(撮影したレンズはAF-S 50mm f1.4)


さっそく外に持ち出して、不忍池の周りで風景 & ショット・バーでテーブルフォト
d0237353_11305469.jpg


d0237353_11285128.jpg

柔らかい雰囲気で古いレンズっぽいかなと。 
(それぞれAi ZoomNikkor 35-70mm 3.3-4.5S + D90)

テーブルフォトは、元々持ってた 35mmとか 50mmの現行の単焦点でも簡単に撮れるんだけど
それは言わない約束。


ピントはもちろん、露出もすべてマニュアルなので、
瞬間的にパッとは撮れないんですけど、

まず撮りたい絵を想像し、絞りを決めます。
ssは開放の場合 自分なら1/160以上の方が安心かな。
撮りたい明るさになるように ISOを設定して撮ります。

ちゃんとした絵が出てくるまで、何枚も撮るようですが、
この過程がすごく面白い。

そして何とも云えない重量感・・
最近のレンズは軽量化が進んでおりまして、それはそれで便利なんですけど、
小さいくせに ずっしりとくるこの「重み」が 趣味心をくすぐるのです。。


「ちょっと、オールドレンズ、楽しいんじゃない??」ってことで、

日曜日は台風の影響で海が荒れてたので
イカ大王、じゃなくてダイオウイカを見に上野へ

その足で秋葉原と新宿にレンズあさり。。。どちらが本当の目的だったのか?


狙いは24mm~50mmぐらいの単焦点で、なるべく明るいレンズ。
かといって35mmと50mmはもってるし・・
みたいなこと考えながらいろいろ回ってたら 出会っちゃった。

この子  Ai Nikkor 28mm f2   (AF-S 50mm + D90にて)
d0237353_11343640.jpg


店頭で試し撮りした画像が これ。 (Ai Nikkor 28mm f2 + D90にて)
d0237353_1137105.jpg


中心のみカリッとしてて、周りが思いっきりボケる
しかも最短撮影距離が0.25mなので、寄れます。
そしてなんでしょ、自然とセピアな色合い・・

冒頭と一つ上の写真(現行の50mm単焦点で撮影)の描写と、 
雰囲気が明らかに違います。
(どっちが良いとか悪いとかではなく)


でもね、このレンズ、結構なボロさのくせに 20,000円以上するんですよ・・
30年以上前のレンズです。
躊躇しますよ、一歩間違えばゴミなんだもん・・

でも買っちゃった。

接客してたオヤジが怪しい雰囲気満載だったので 「騙されてないよな・・」って・・

買った後も「本当に良かったのか?」って しばらく考えてたんだけど
そのドキドキ感と、初めて高価な中古レンズを買った興奮を鎮めるために
とりあえず ビールを一杯

d0237353_1146998.jpg


d0237353_11465683.jpg

(それぞれAi Nikkor 28mm f2 + D90にて)

かなり良くないですか?
28mmで寄れるっていうのもポイント高いです。

カメラ屋のオヤジ、疑ったりしてゴメン

撮ってて楽しいので、すっかり酔っぱらっちゃいました。

この趣味、かなり危険です。




上野・新宿にて photo by nobu & mami (D90 D5100) 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-09-03 13:48 | カメラ・レンズ・写真 | Comments(4)