レンガのある街なみ

夜の散歩にはカメラと三脚を携えて
d0237353_20295631.jpg


中山道の宿場町の深谷市には、古くからの造り酒屋が残ってて、

街なみに 情緒といろどりを添えています。


レンガと深谷市っていうのも 実は関係が深くて、

明治初年のレンガの建造物の多くは(東京駅とか帝国ホテルとか富岡製糸工場とか) 

深谷産のレンガが使われてたりします。


その関係で深谷市には今もレンガの古い建物が数多く残っているのです。
d0237353_2031768.jpg


昨年の商工会議所の事業でそれらの建物のライトアップを始めまして

現在では中山道沿いの造り酒屋さんの煙突がきれいにライトアップされて

道行く人々の目を楽しませてくれてます。

d0237353_20314089.jpg

まーー、この時間(20:00)になると、街から人が消えちゃうんですけどね・・・



埼玉県深谷市にて photo by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-30 19:54 | 陸上風景 | Comments(6)

サクラミノウミウシの触手が人形の手足に見える写真

まずはアタマをやわらか~~くして次の写真をご覧下さいm(__)m

「ヤアヤア!」
d0237353_2032449.jpg


「ジャァ~ンプ!」
d0237353_2033641.jpg


「キィ~ック!」
d0237353_20332722.jpg


「シュタッ!(着地)」
d0237353_20335271.jpg


ミノウミウシには、胴体部分にミノのような突起(背側突起 さくら色の部分)があって、

頭の方には触角と口触手(それぞれ2本 白い突起)が生えてます。
 
その触角と口触手が水の流れにゆらめいて、人形の手足のように見えません・・・か??


さあ!固定観念を取っ払って、子供の頃のような純粋な気持ちになって、もう一度写真を見てみましょう!



え・・? やっぱり見えない?? 

失礼しましたw



葉山にて photo by mami (LumixTZ5)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-27 08:10 | ウミウシ | Comments(8)

シロブチハタyg~ストロボ当て過ぎ

座間味の写真を整理してたら こんなん出てきた  シロブチハタの子供
d0237353_2035830.jpg



○○ハタと呼ばれる種類は、身体もでっかくて 威圧感たっぷりのカオをしてます。


シロブチハタも 成魚はなかなかな迫力ですが、この写真は子供。

わずか5cm足らずのカワイイ個体です。


でもよく見たら、すでになかなか太太しい表情してますねぇw

ハタの子はハタ、ですな。


座間味にて photo by mami (LumixTZ5)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-25 12:19 | サカナ | Comments(2)

60mmマクロの描写力

最近すっかり物欲に支配されてるワタクシ、一眼レフを水中に持ち込む計画も、徐々に進行中です。
この間の新宿も、実は水中写真機材屋に行って、ハウジング実物の下調べをしてきたのでした。

で、今回は60mmのマクロレンズです。

アヒルのおもちゃ 主に風呂場に生息
d0237353_2037319.jpg



やどかりのガラス細工 沖縄の海で生活していたが、ガラスのボディを手に入れ、我が家に
d0237353_20374420.jpg



きのこと挽肉のパスタ 休日の昼食は冷蔵庫の余りモノ処分 でもめっちゃ美味かったよ
d0237353_20372439.jpg



今回の写真達はトリミング、レベル調整なしです。
(リサイズしたときに、ややアンシャープマスクかけました)

色といい、写りといい、大満足。

早く海に持ち込みたいな(^^v



自宅にて photo by nobu (D90+MicroNikkor60mm f2.8G ED)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-21 12:30 | カメラ・レンズ・写真 | Comments(6)

新宿 思い出横丁

日曜日は新宿・渋谷に用事がありまして 久々に都内へ。

ついでに「アメトーーク」で紹介されてた、立ち食い蕎麦屋の「かめや」に行ってみようということで

昼前の新宿西口「思い出横丁」に寄ってみました。


そしたら「かめや」さん 休みーー

しょうがないので、近くのラーメン屋(中華料理屋?)「岐阜屋」さんへ
d0237353_20405347.jpg


麺がうどんみたいなラーメンなんだけど、予想に反して(失礼!) すごく美味しかった。

「もやしそば」と「激辛ラーメン」、それぞれうま味があんかけにとけ込んで、麺と絡み合って・・・

なかなかいい仕事しますな、親父



ほとんどの店はまだ閉まってるんだけど、何軒か提灯出して、中では昼間っから酒を煽ってる人たち。
d0237353_20411772.jpg


「面白そうだから、夕方になったらまた来てみよう」ということで、まずは用事を済ますことに。

で、18時前に戻ってみるとこんな感じ
d0237353_20414774.jpg


狭い路地に人がひしめき合って、なかなかいい雰囲気。

d0237353_2042743.jpg


昼間は少し怪しげだったけど、夜はほとんど観光地ですね。大人のカップルとかが多かった。

平日はサラリーマンとかで賑わうのかも。


雰囲気は昭和30年代だけど、決して安くないお値段。 さすが新宿w

あと、狭いお店のカウンターの中にいる女性が、ほぼ韓国人っていうのも気になったかな。

「オニーサン、アイテルヨ」   なんか違ーうw


焼き鳥屋の後は、ジンギスカン屋に入って屋久島の焼酎「三岳」のロック
d0237353_20423142.jpg


自然もいいけど、たまには街中の雑踏もいいね。



新宿にて photo by mami (D5100+Nikkor50mm f1.4G)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-18 10:24 | 陸上風景 | Comments(6)

モンツキカエルウオ~安定した変顔 その2

モンツキカエルウオって いつ見ても笑えるカオです。

鼻毛と離れ目、タラコ唇がポイントですね。
 

家政婦は見た!
d0237353_2044365.jpg


水中写真は、一般的にやや煽って撮ると構図的に落ち着くことが多いと思うんですが、

ギンポやカエルウオの仲間は 煽って撮ると 逆にあまり可愛くなくなります。


ということで 正面やや上からのショット 
d0237353_20445698.jpg


プププッ 上目遣いのモンツキって なんだかムカつくーーww

「スター ウォーズ」に出てきた ジャバ・ザ・ハットの子供の頃って感じw



座間味にて photo by mami (LumixTZ5)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-15 08:11 | サカナ | Comments(7)

カエルアンコウ~安定した変顔

おなじみのカエルアンコウ
d0237353_20461896.jpg


ダイバーのみなさんに 入れ替わり立ち替わりカメラを向けられ ちょっとご機嫌斜め? 

砂まみれになってます


まあこの子はいつ見ても だいたいこんなカオしてるんですけど・・


誰かに似てるんだよな~

周りにいませんか? こんな表情でボ~っとしてる人



三浦宮川湾にて photo by nobu (CysW300)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-13 09:23 | サカナ | Comments(0)

ミノカサゴ~久々の海

本日 久々に潜ってきました
d0237353_20471783.jpg


透明度も10mぐらいあって、きれいな「三浦グリーン」w

水面休憩中もぽかぽか暖かくて、のんびり出来ました。


最近陸上でNikon(一眼レフ)ばかりいじってたので、

サイバーショットの操作の仕方を忘れまして・・いや、覚えてるんですけど反射が鈍いというか

写真の方はダメダメでしたね・・


というわけで マクロ写真の収穫はあまりなかったのですが、

エキジット直前にミノカサゴに遊んでもらいました。


帰りしなに三浦の大根とターサイを買ってきましたので

それをつまみに ビール飲みながら ゆったりしますw




三浦宮川湾にて photo by nobu (CysW300)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-09 18:40 | サカナ | Comments(0)

書籍紹介~宇宙からの帰還(立花隆)~宗教と日本人(司馬遼太郎)

すみません、写真ネタ切れです。。。
この土日は、法事で実家のお墓のある 広島県呉市に行ってきました。

道中長いので 最近買った本を持っていったのですが、これがなかなか秀逸でしたので紹介します。


右のメニュー欄 ライフログに載せた「宇宙からの帰還」(立花隆)
アメリカのアポロ計画の頃の宇宙飛行士のインタビューを集めたものなんですが、
宇宙を体験する事で 精神生活にどんな変化があったのかが詳細にレポートされてまして
大変興味深い内容になってます。 宇宙に行くと、神を感じるそうですよ。

もう25年ぐらい前の本ですが、現代起こってる問題を予言してるところもあったり、
その頃の宇宙飛行士は みんなアメリカ人なので、自身とキリスト教との関係や
それを超えた宗教全般、アリストテレスの頃の哲学についてまで言及する部分もあり
しかもそれが比較的平易な文章で綴ってあるので、一気に読みきってしまいました。

何より みんな優れたパイロットであり、軍人であり、学位を持ってる科学者でもある彼らが
神とかスピリチュアルとかを 大真面目で語ってるのが面白い。

今年読んだ本の中ではかなり上位ですね。1番かも知れない。



なんでこんな古い本を読もうと思ったかというと、ライフログの下段、
「司馬遼太郎対話選集8 日本人と宗教」に載ってたのね。

司馬遼太郎は好きな作家なので、小説や紀行、随筆を主に読んでたのですが、
最近はまってるのが、この対話選集。
司馬は生前、いろいろな方々と対談してるんだけど、それをテーマごとに集めたもので、
これが寝る前にまったり読むのにちょうどいい。数ページで眠くなるしw


ここで対談してる人たちは、作家あり、学者ありで、日本の頭脳といっても過言でもない人たちばかりなので、
興味をひいた話があれば、その相手の人の著書を詠む、というのが最近の本探しのパターン。

立花隆氏との対談のテーマが最初に紹介した本で、
この宇宙飛行士の体験と、空海の宗教体験の共通点について議論を交わしています。


他にも井上ひさし氏、宮崎駿氏との対談もあるし、
特に山折哲雄氏との 宗教と日本人についての対談は 歴史的な背景に裏づけされた精緻な対話で、
現在に生きる我々にも大きなヒントを与えてくれるものになっています。

もし興味があったら手にとってみて下さい。



お客さんに愛想をふりまくことなく 惰眠を貪るカピパラ(本文とは全く関係ありませんw)
d0237353_20485939.jpg



さて週末には海に行こうと思ってます!



にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2011-10-03 21:00 | その他 | Comments(2)