2017年 04月 17日 ( 1 )

まだまだカワセミの写真(嫁さんの写真編)

北関東の桜はすっかり終わりましたが、 

まだまだ 桜とカワセミの写真です。


d0237353_23514888.jpg


本日はマミさんの写真。


桜の時期は毎日通って撮っておりましたが、今は会いに行くのを少し控えてます。

あんまりしつこく追い掛け回すと、嫌がるんだそうです。



人里離れた山奥の清流じゃなくて、むしろたくさんの人が行きかうド真ん中にいるので

「人馴れして動じないのかな?」と思っておりましたが、


彼らなりにちゃんと警戒しながら行動してるようで、営巣場所を変える事も多いみたい。

なので、あんまり刺激しないように、ある程度の距離感をもって見守ろうかなと。



そこら辺は水中の生物でも同じですよね。


d0237353_23514900.jpg



カワセミちゃん、きれいなだけじゃなくて、かわいいんです。

つぶらな瞳とか、ちょこんと付いてる脚とか、

止まってるときに身体を上下に動かして伸びたり縮んだりする様子とか。



サカナもそうですが、ファインダー覗きながら 「かわいいなぁ」 とか 「きれいだなぁ」 「すてきだなぁ」って思うのって

写真を撮るのに絶対必要ですよね。


被写体への愛といいますか。。


たぶんそういう気持ちって、写真に現れてくると思うんです。



d0237353_23514146.jpg



なので、「いい写真撮ろう」とか 「うまく撮ってやろう」 「ビックリするような写真にしよう」とか

最近はあんまり思わなくなりました。


もちろん、ちゃんとピント合わせるとか、バランスよく配置するとか、

最低限の技法はクリアしないとですけど、あとは余計なこと考えないで、ひたすら被写体への愛を注ぎ込む。


まー今回は「桜と共にカワセミを撮る」ってテーマはあったけど、テーマは余計なことではないからね。




d0237353_23514127.jpg



だからなのか、最近 「これを撮る!」みたいなポリシーというか、こだわりみたいなものがありません。


ジャンルや種類関係無しに、被写体に魅力を感じたら、撮る、って感じ。


ジャンル関係無し、被写体に無節操なのは以前からなんですけど・・・・





ですから、撮らない時は まったくカメラに触らない期間も長かったりするけど、

今回みたいに魅力的な被写体が現れると、毎日通って怒涛のように撮っちゃうんですよねー





d0237353_23514053.jpg


なんだかんだ言っても、やっぱり「生き物」が面白いですねー


久々に海の中の子たちにも 会いたいなー








深谷市・唐沢川にて photo by mami ( D750+150-600mm ) 

写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!   
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2017-04-17 20:15 | 動物 | Comments(4)