キビタキというきれいな鳥を 初めて見た

最近、陸上の動物の写真ばかりですが。


カワセミ熱が高まった結果、遠出はしないんですが、近所のカワセミポイントに出かけることが多い今日この頃。


今回は 「キビタキ」という とてもきれいな鳥に出会いました。

d0237353_05081982.jpg


黄色にオレンジが混ざった きれいな羽の色が特徴的

大きさは 13~14cm  スズメぐらいかな?





こんなきれいでカラフルな鳥が 日本にいたんだ! ってちょっと感動しました。



d0237353_05081969.jpg


熱帯地方の鳥っぽいなー、って思ってたら、冬の間は東南アジアにいるんだって。

渡り鳥なんだそうです。


春から夏にかけて 渡りの途中で日本全国で見られるみたい。



胸部の羽の色、 きれいですよね~
d0237353_05081962.jpg



季節の風物詩、カラフルな色合いということで、 バードウオッチ界ではとても人気のある鳥なんだって。



いくらカラフルで目立つといっても、何の基礎知識もなく偶然見つけられるわけではなく、

いろいろな情報含め、公園にいた他のカメラマンの方々に教わったのです。



d0237353_05082056.jpg


自分たちはカワセミ狙いでその公園に行ったのですが、 

三脚に大きいレンズをつけて待機してる年配のカメラマンも何人かいました。


でもその人たちは カワセミには目もくれず、まったく別な方向にレンズを向けてました。


「何がいるのかな~?」と気にはなってましたが、 

先方も 二人そろってでかいカメラ、レンズを持った見慣れない夫婦に興味を持ったらしく

数時間後にはポツポツお話しするようになって、いろいろ教えていただきました。



キビタキが現れたのは ほぼ1日いて 何回か。

しかも撮れそうなところに近づいてくれたのは ほんの一瞬でした。

d0237353_05081999.jpg


ベテランのおじちゃんたち曰く 「明日には抜けちゃうかもしれないね~」と。

「抜ける」というのは おそらくバードウオッチ界の言葉で「渡って行ってしまう」ということみたいです。


なんだかかっこいい(^^)



この鳥もベテランさんたちに教わりました  カケス
d0237353_05082048.jpg


羽の青いワンポイントが特徴的


この子は渡り鳥ではなく、比較的ずっといる子みたいです。

そういう鳥を 「留鳥(りゅうちょう)」と云うそうです。



このカケス、 カラスの仲間ということで、 ちょっと目がイッちゃってるというか。。。


じっと地面を見つめてます。 視線の先に虫でもいるのかな?
d0237353_05082060.jpg



さてさて 今回全部マミさんの写真ですが、実は旦那は キビタキ、見てないんですよ。


近所の公園、ずっといたわけではなく、あいだに数時間抜け出して 用事済ませたりしてまして。


マミさんはずっと公園にいて、ベテランおじさんたちとお話ししたり、写真撮ったり。
その間に キビタキさん、現れてくれてたみたいで。


自分が戻った後は カワセミもキビタキも 現れてくれませんでした・・・

ほんと、チャンスは一瞬なんですよね~




近所の公園にて photo by mami ( D500+150-600mm ) 

写真が気に入っていただけたら ポチッとお願いします m(. .)m
他にも素敵な水中写真でいっぱいのページへ Go!   
   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2017-04-27 06:07 | 動物 | Comments(6)

Commented by umi_bari at 2017-04-27 06:37
カケスも綺麗ですが、キビタキはもっと良い色を
していますね、お見事バグースです。
Commented by ac-tanpopo at 2017-04-27 22:21
こんばんは、ACたんぽぽです。
キビタキ、背景が緑で本当に綺麗です。
正直キビタキは何度も撮りましたがこんなに綺麗な写真は撮ったことありません。
やっぱり夏鳥は緑と一緒が映えますね、自分も今年こそ大好きなサンコウチョウで狙いたいです(巣では撮りません、念のため)。

そういえば久し振りに海へ行ってエビ界の女王といわれるバルスイバラモエビを撮ってきました。
ただいつもと同じく撮ってる間はテンション上がってただ撮るだけ、女王というよりはどこにでもいそうなエビの写真にしてしまいました・・・。
ゴールデンウィーク過ぎてまだいるようでしたらリベンジも少し考えています。
実物はとっても綺麗でした、実物は。

次もどんな写真・生き物が登場するのか楽しみにしています。
自分もこんな写真が撮れるようになりたい!、頑張ります!!。
Commented by nobmami at 2017-04-28 06:05
<umi bariさん>
キビタキ、はじめて見ましたが、ほんといい色でした。
カケスの青も、森の中ではきれいに映えるんです。
Commented by nobmami at 2017-04-28 06:35
<ACたんぽぽさん>
APS-Cに600mmですので、背景の緑がうまくボケてくれました。
同じ場所で撮ってたベテランの方(600mmf4使ってました)は、背景にヤマブキの黄色も入れて、
とても春らしい写真を撮ってらっしゃいました。
奥が深いです。
目の周りが黒いので、瞳にキャッチライトが入るように、あと、胴体に枝がかぶらないように撮れれば理想ですが、
撮ってる最中は素早く動くキビタキをファインダー内に捉えるのに必死でした。
一枚目の写真で、こちらを向いてるのが撮れればとと。
もう一つ贅沢をいえば、さえずり中、口ばしが少し開いてると、かわいさが3倍増するのかな。

バルスイバラモエビは見たことありません。深いところにいるんですよね。
水深深いとじっくり撮れないし、あんなきれいで珍しいエビを目の前にしたら、とりあえずシャッター切るだけになっちゃいますね。
GWは久々にミウラで潜りいたいと思ってます。
Commented by ac-tanpopo at 2017-04-29 23:47
こんばんは、ACたんぽぽです。

自分も2回目のアナグマ捜索中にキビタキ他夏鳥も撮ってきましたが、「これだ!」って写真は1つも撮れませんでした(笑)。
個人的にキビタキのさえずりポーズは野鳥の中でも特に可愛い部類、機会があったら狙いたいです。
生き物の撮影って自分好みの「個体差」「表情」「角度やポーズ」もあったりして本当飽きません。

ずーっと見たかったバルスは20mちょいにいたので撮れました。
場所は城ヶ島・・・実はミウラダイブセンターさん中心に県内3カ所のダイビングセンターに通っています(山も含め神奈川以外はほぼ行きません)。
もしかしたら近所の商売敵?かもしれませんが、自分はあまり気にせずあちこちで楽しませてもらっています。
ただミウラダイブセンターの皆さんにはこちらがストレスなく落ち着いて楽しめるようにいつも気を遣っていただいているので、自分の撮影成功率もダントツに高くて本当に感謝しっぱなしです。

ではでは、ミウラの写真も楽しみにしています。
失礼します。
Commented by nobmami at 2017-05-01 20:52
<ACたんぽぽさん>
城ヶ島のバルスは浅いところにいるのですね?ログを見てみたら、バルスに会いたいゲストで連日大忙しみたいで・・
連休のミウラはまったりとしておりました(^^)
そのうちダンゴウオの写真載せますね~