3年経って思ったこと (忘備録代わりに)

ここ2~3年で自分の日常生活が劇的に変化してるんです。
それまでの15年ぐらいの生活と比べると特に。

何でかなって思ったんですけど、やっぱり震災の影響なのかなと。

d0237353_87331.jpg



自分は埼玉にいたので、直接的な被害は特になく、
震災後仙台を訪れたのは一年後なので、震災直後の現地の様子も知りません。


でも自分にとって大きな出来事だったってことが、3年経ってやっと分かりました。

d0237353_88882.jpg



あの時何を考えてたのか、感じてたのかを克明に思い出すことは困難ですが、
恐怖と絶望感に包まれてたのを漠然と覚えてます。

その後 半年から一年ぐらいは、所在のない虚しさとやり切れなさが、心を支配してたように思います。
楽しい事や嬉しい事で、素直に笑えない。


被災者でもない自分がおかしな話なんですけど、
だからたぶん、単なる中年性のウツかな?ということで片づけてました。


でも おそらく震災後に感じたことの影響は大きかったと、最近思い始めました。

d0237353_883550.jpg



で、その正体は何かって事が やっと整理されてきたので忘備録的に書きますが、
自分の場合は 一言でいえば 無常観なのかなと。


せっかく頑張って積み上げてきたものも、一瞬で消えてなくなるんです。
どんなに正直に生きてきたって、ある日突然 理不尽に命を奪われるんです。

「努力は嘘をつかない」 「思えば叶う」 「命を守る」
それらのスローガンを全く信じられない精神状態。


この状態は、実は今でも続いてるんですよね、自分の中で。

多分もう震災前みたいな能天気?というか、
何かに希望を持って生きていくって生活には戻れないと思います。

d0237353_89090.jpg



でもまー、こんな事ばっかり考えてると生きていけないんですけどね、
ありがたいことに、自分には寿命が残ってるみたいなんです。

すると、大事に生きなきゃ申し訳ないのかなって。


d0237353_893185.jpg




なので、禁煙して酒の量減らして、食事に気を付けて運動を始めました。

それ見た周りの人が 「長生きしてどーすんだ」 みたいな事言ってますが
長生きが目的じゃないんですよ。

人間には 命のコントロールは出来ないってことを 
あの日 目の前に突き付けられましたよね。


でも、確かに命はコントロールできないけど、命の質はある程度コントロールできるのかなって。

癌とかは仕方ないですけど、生活習慣病的なモノって、
もちろん体質もありますが、ある程度なんとかできるでしょ?


d0237353_895636.jpg



命を大事にする、っていうのは、命を長引かせるって事ではないと思います。
限りある生きている時間を充実して過ごす、ってことではないかと。

その為に 健康は大事ですね。


自分がいつ死ぬんだか分かりませんが、最後の瞬間までしっかりと健康に過ごさないと、
あの日、突然命を無くした人達に申し訳ないですよ。


ランニングする時は、たまにそんなこと考えながら走ってます。
そして遠くの山を見て きれいだなって。
支援とか援助とか、大それたことは出来ませんけど、
震災が風化するってことは、自分には無いんですよね。


d0237353_810198.jpg



という訳で、ここまでの写真は「エノキ氷」を作ってるところ。
効果は分からないけど、結構おいしいよ。





自宅にて photo by nobu ( D90 )

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2014-03-12 08:17 | その他 | Comments(1)

Commented at 2014-04-01 00:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。