砂地の不思議なエビやカニ in 座間味

藻の塊り? 綿くずみたいですね
d0237353_9203947.jpg


いや、実は 藻を身にまとったカニなんです。  クモガニの仲間。

ポツンと赤く見える点が目  両手を挙げて威嚇?してるのかな?

ほわっとしたバージョン   「わーい」
d0237353_9223347.jpg



これはもっと分かりづらい
d0237353_9242191.jpg


真ん中ちょっと上の 白い点々が目ですね。

背景の藻に同化してしまって、一度目を離すと すぐ見失ってしまいます。



こちらはモエビの仲間  小さいです
d0237353_9464619.jpg


どの位小さいかというと・・
d0237353_9471965.jpg


小さくても 立派なエビなのです
d0237353_9474779.jpg




今回出会った スーパー級に不思議なイキモノ。。
d0237353_925293.jpg


こんな姿で ひょこひょこ歩いてるのです。 ウミグモの仲間。

もはや どういう仕組みで生きてるんだか さっぱり分かりません。


スターウオーズⅢに出てきた 敵役の「グリーヴァス将軍」がマントを脱いだ姿に
ちょっと似てるなぁ、なんて・・・ あの「コホコホ」言ってる機械人間  

マイナー過ぎますか?


こーゆー不可思議な生き物を見ると、
単純に 「自然ってすごいわぁ~~」 って感じます。



ところで、これらの不思議な子たちには、ほとんど正式な名前(学名)は付いてないんだそうです。
だから 「○○の一種」とか 「○○の仲間」とか言われたり、ローカルな名前が付いてたり。

学者さんがサボってるんじゃなくて、 平井さん曰く 「予算不足でしょう」と。


「どこの世界も 同じですね~」なんて笑ったんだけど、
ま、おそらく ずぅ~っと名前は付かないんでしょうねぇ。


自分も科研費(科学研究費)の申請書類を作ったことがあるけど、
これって、平たく言えば 「この研究によってこんなに良い事があります! だからお金チョーダイ」
って書類なんですよね。


その「良い事」って 大まかに言えば、基本的に人間にとってどんなメリットがあるのか、
もう少し広げると、人類の(科学の)進歩に いかに貢献するのか、って事なわけです。


これらの生物の研究に、どんな理由をつけましょうか・・??

役に立たなくても、せめてダイオウイカぐらいのインパクトがあれば・・!


中には 「苦しーなー、それ」って研究でも、教授の政治力があれば通っちゃったりするわけですが、
こういう子たちを突き詰めたい研究者って、

おそらく 政治力 0(ゼロ)!  

なんか そんな風貌の研究者の顔まで 思い浮かぶ~~(笑


というわけで、「探せば探すほどいる」という 海の中の 名も無き不思議な生物に関して
研究が進むことは ないか、あっても遅々としたものなんでしょう。


まーそれも 「らしく」て いいのかな、って気もするよ。




生き物 探索中 
d0237353_9512886.jpg



こんな砂漠のような砂地に、 不思議な生物がいっぱい。
でもエントリー前のブリーフィングでは 「このポイント、当たり外れがあります。」

今回は 大当たりでしたね(^^) 

 

トウアカクマノミの クリーニング シーン
d0237353_9554879.jpg


これはこれで 一つのネタになる光景なんだけど

上のような 面白い生き物満載だと 
「ついでに」 こんなシーンもあったよ、みたいな感じになっちゃった。





座間味にて photo by mami (LumixTZ30) photo by nobu (CysW300 D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-06-29 11:00 | エビ・カニ | Comments(6)

Commented by 真介 at 2013-06-30 08:41 x
わ~ウミグモ強烈ですね
人間にとって有益かどうかわからないようないきものとなれば、我々のような者が、大きな発見することもあるかも知れませんね(笑)~

トウアカクマノミも居たのですね~見たかったな~
Commented by ikechannomp at 2013-06-30 22:59
そうなんですよねぇ、学名とか標準和名が付いていない子って
ホントにいっぱいいますよね!!
絶対に食用にならないようなイソハゼとかベニハゼなんかも
誰も論文とか書く気にならないんだろうなぁ。。。
Commented by moguritaoshi at 2013-06-30 23:15
『わ~い』が判りやすくって良いです~♪  
クモガニは判り易く撮るの難しいデス。。。

砂地にあるウミヒルモ?は生えてるところは、めっちゃオモシロいですよね!
Commented by nobmami at 2013-07-01 16:54
<真介さん>
○○の仲間とか図鑑に載ってるけど名前のない生き物って、
ほとんどガイドさんとかダイバーとかが見つけてるんでしょうね、たぶん。
「新種である」という証明が出来てないから名前もついてないので。。
素人でもちゃんと標本採取して分析して論文書いたら、自分の名前を付けられるかも。

ま、そんな事するより、楽しく潜って写真撮ってた方がいいなぁ(^^)
Commented by nobmami at 2013-07-01 17:01
<池ちゃんさん>
あー、小さいハゼたちは多いですよね、名前の付いてない子。
浅いところのハゼやエビ&カニでさえそんな有様なんですから、
海全体でいったら、まだまだ分からないことだらけなんでしょうねー
Commented by nobmami at 2013-07-01 17:08
<潜りたおしさん>
クモガニの仲間は、身体にいろいろなものを付けてる子が多くて、
見てて楽しいんですけど、かわいく撮るのが難しいですね。
ほんと、あのポイントは面白かったです。
砂地でたっぷり遊んだあとは、浅い所の珊瑚の根のデバスズメダイで癒される・・ 極楽でした。