星空を撮ってみた

NHKのBSプレミアムの番組で、「コズミック・フロント」って番組があります。


この番組が好きで、毎回録画して観てるんだけど、

先日「星空の狩人たち」って題名で 
星空を撮影しているアマチュア?カメラマンの特集をしてたのね(番組詳細


この中の、ランディ・ハルバーソンさんという人の写真(映像)が素晴らしくて
思わず星空を撮りたくなっちゃった。

(え~っと、写真見る前に、モニタの埃を一回拭いてくださいねw)


岡部コスモス街道脇の星空
d0237353_15561298.jpg

Nikon D90 + Tokina AT-X124F4Ⅱ 12mm SS30 F4 ISO400


まあまあ普通に撮ったらこんな感じかな。

写真中央にオリオン座、その左下にはシリウスが写ってます。 
オリオン座の4つ星の右上 ベラトリクスの右上で明るく輝く星は 木星、
その延長線上の星屑の集まりが たぶん昴


わかるかな?



雰囲気出すために陸上も含めて撮ってみた
d0237353_1556396.jpg

機材&設定 同上 


コスモス街道自体は街灯があるのでそれほどでもないんだけど
ほんの100mぐらい側道に入ると満天の星空になります (田舎だねぇ~)


でも写真にすると肉眼よりちょっと物足りない感じ。


写真上でも結構写ってるように見えますが、
実際はほんと、降ってくるぐらい見えます (田舎だねぇ~ part2)


だからといってISO感度上げると、空自体が明るくなり過ぎちゃうし、
そこは町に近いだけに仕方のないところかなと・・




開放F4のレンズだとそんなもんなのかな、ということで
画角は狭いんだけど、開放f1.8の35mm単焦点で撮ってみました

オリオン
d0237353_15571380.jpg

Nikon D90 + AF-S Nikkor35mm1.8G 35mm SS10 F1.8 ISO400


開放がF1.8だと、10秒しか開けてないのに 随分たくさん星が写りますね~
ペテルギウスの赤い色も際立ってます。

でも画角が35mmだと、画面いっぱいにオリオン座しか入らない・・



さて番組で紹介されてたランディ・ハルバーソンさんの素晴らしい画像はこちら

リンク

スゴイでしょ??これ。




コスモス街道にて photo by nobu (D90)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
[PR]

by nobmami | 2013-02-04 11:44 | 陸上風景 | Comments(12)

Commented by Ophthalmologist at 2013-02-03 13:58 x
> ベラトリクスの右上で明るく輝く星は
言っているのは木星のことかも? アルデバランはヒアデス星団の一角、ちょうど雄牛の右目に該当する。(ヒアデスが顔)

ちなみに、MF時代は星を撮るならレンズのピントリングは∞方向に止まるまで回せばよかったが、AFレンズは温度によるズレ等も考慮してもっと回るようになっているから、ピント合わせが難しくなったのだ。
Commented by azure159 at 2013-02-03 15:00
あの番組見ました~
あんなに何もないところで満天の星空を撮ってみたいですね。
陸上を含めると雰囲気がぐっとあがりますね~
Commented by 真介 at 2013-02-03 21:08 x
確かにハルバーソンさんスゴイです。
どうやって撮っているのやら??
でもでもnobuさんの町の光を入れた写真も幻想的~
Commented by nobmami at 2013-02-04 11:29
<Ophthalmologistさん>
ご指摘ありがとうございます、この時期そこら辺に木星が見えるみたいですね。 訂正します。
AFだとまったく合ってくれなかったのでMFです。でもファインダーで星にピント合わせるのって、超難しいです。 
遠くの地上の光に合わせておいて空に向けるのですが、35mmの写真は微妙にピンボケみたい。
Commented by nobmami at 2013-02-04 11:37
<azure159さん>
azureさんも見ましたか?あの番組。
星空そのものより地面を含めた方が雰囲気出るみたいですね。 露出は難しいけど・・
今度ダイビングで遠征した時に撮ってみようと思って、今練習中です。
Commented by nobmami at 2013-02-04 11:41
<真介さん>
ほんのちょっとずつ移動できるレールの上にカメラを乗せて、何時間もかけながらたくさんの写真を撮っていって、あとで合成してるみたいです。(分かりづらい説明ですみません)
ハルバーソンさんの画像も、地上の風景があるから幻想的になってるんでしょうね。
Commented by Ophthalmologist at 2013-02-05 00:19 x
ライブビューで拡大画像を表示できるなら、それを見ながら合わせるのが合わせやすいよ。

小学校5、6年生の時、天体望遠鏡を深小の校庭に運び込んで天体観測をしたものです。その中には現市長もいたの。

で、1枚目に写っている1等星を明るい順に記すと、
木星(プレアデスとアルデバランの間)>シリウス>リゲル>ベテルギウス>プロキオン>アルデバラン
Commented by arak_okano at 2013-02-05 18:17
昔はコダックのトライXと言うASA400の白黒フィルムが主流でした。ISOとは呼んでいませんでした?40年前に天体写真がアラックのカメラの始まりでした。アサペンタックスSPFでした。アサヒがついていました。なんてどうでもいい話ですいません。星空を撮影される元気と意欲にバグースです。
Commented by nobmami at 2013-02-06 08:22
<Ophthalmologistさん>
さすが小学生のころから星空を見上げてるだけあって、詳しいですねぇ~
自分は写真とネットで調べた星座表と見比べた付け焼刃です(^^;;
Commented by nobmami at 2013-02-06 08:25
<アラックさん>
貴重なお話ありがとうございます。フィルム時代とデジタルになってからと、写真用語も変化してるみたいですね。もしくは本来の意味から少し変わって残ってたり・・
自分がはじめたのはつい最近ですから、そういう「由来」的なものは勉強になります。
Commented at 2013-02-13 21:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nobmami at 2013-02-14 19:37
了解です。ありがとうございます(^^)